« 松茸小屋に行ってきまスタ | トップページ | 痴呆経済国際会議開催セリ »

2014年10月 1日 (水)

心のケアはマスゴミがそっとしてあげることや!

御嶽山噴火、家族に広がる焦りと不安 保健師ら心のケア

御嶽山の噴火から4日目。捜索・救出活動はたびたび中断を余儀なくされ、被災者の生存率が著しく低下するとされる72時間が過ぎた。

帰りを待つ家族らに焦りと不安が広がり、「心のケア」などの支援も始まった。

御嶽山のふもとにある長野県木曽町役場には30日朝、登山者の安否情報を求める人々が次々と駆けつけた。

駐車場には愛知県や岐阜県に交じり、熊谷(埼玉)や富山、神戸ナンバーの乗用車やレンタカーも。役場内の被災関係者待機所に向かう家族や関係者らは、一様に疲労の色をにじませ、町職員らが付き添った。

報道陣の問いかけにある男性は、「無事で戻ってくることだけ祈っています」。

別の男性は「帰ってきてほしい。それだけです」と、頭を下げながら足早に通り過ぎた。

町の災害対策本部は待機所で午前9時ごろ、訪れた約80人に、捜索の一時中断などの状況を伝えた。

これに対し、男性2人から「早く捜索を始めてほしい」と訴える声が上がった。

説明のたびに、携帯電話で外部に状況を伝える人の姿も。

「捜索が難航しちゃってるみたい」「こんなに天気がいいのに」と悔しそうに話している人もいた。

(朝日新聞)

377ワタシがこういった災難の現場をテレビなどで見ていて苛立つのは、マスゴミが行方不明者の家族などを執拗に追いかけ、「今どんなお気持ちですか?」とか「行方の分かっていないお子さんにどんな声をかけてあげたいですか?」なんていう、クズな質問を投げかける記者がいるとなんですよ。

重傷を負った負傷者の傷口に、さらに塩を塗り込むような最低の行為。

行方不明者を待つご家族の一番の「心のケア」は、マスゴミがそっとしてあげる事だと思うな。

« 松茸小屋に行ってきまスタ | トップページ | 痴呆経済国際会議開催セリ »

独り言」カテゴリの記事

コメント

いいことおっしゃいますね。

まさにその通りですよ。

>逃げられない日本人 さま

噴火のニュースは気になりますが、ニュースの半分は安否の報告を待つ家族の事です。

気分が本当に悪いですね。

不安な家族にマイクを突きつける心境が理解出来ません。マスコミは所詮、売ってなんぼの商売です。

>高貴なる野蛮人 さま

おはようございます。

そうなんですよね。
売上部数や視聴率だけが問題なんですよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/60403518

この記事へのトラックバック一覧です: 心のケアはマスゴミがそっとしてあげることや!:

« 松茸小屋に行ってきまスタ | トップページ | 痴呆経済国際会議開催セリ »