« エボラ パンデミック目前か! | トップページ | ANA特典航空券で韓国ソウルに行ってきた »

2014年10月 6日 (月)

韓国ドラマと現実の差

韓国の仁川に行ってみたら・・韓国ドラマのイメージは虚構だということがわかった―中国メディア

中国メディア・成都日報は9月30日、アジア大会の開催地である韓国の仁川に行ってみたところ、韓国ドラマで描かれていたイメージがすべて虚構であることが分かったとする記事を掲載した。

今の若者で韓国ドラマを見ない人はほとんどいない。韓国ドラマの役者にはみんな大きな目とセクシーな唇、こだわった化粧といった特徴があり、別荘のような家に住んでいる。しかし、実際の韓国は全然違うということが、現地にやって来て初めて分かった。われわれは韓国ドラマに長いこと浮かされていたのだ。

仁川は韓国第3の都市だが、都市建設や交通の発展などどこをとっても中国の多くの沿海都市に遠く及ばない。土地がやせているので、1年間を通じて新鮮な野菜が少ないため、キムチが食卓の主役になっている。スーパーマーケットで野菜や果物を買おうとすると、その高さに驚かされる。

物価が高いため、一般市民の生活レベルは中国人より下だ。メディアセンターにいた、かつて中国の大学に留学したことのある韓国人学生は「中国人の生活水準がうらやましい。年中果物はいっぱいあるし価格も安い。ヨーグルトも桃もビールも白酒(蒸留酒)もおいしい。中国に戻りたい」と語っていた。

韓国にしばらく滞在しているうちに、果物だけでなく肉類、とくに牛肉も高価であることを発見した。韓国のレストランで韓国産牛の焼肉を食べようと思うと、180グラムで4万ウォン(約4100円)必要だ。値段を聞いてしまったら、きっと胃袋が開かないだろう。

韓国ドラマは美しいが、それは童話のような虚構であり、現実中の生活は厳しいのである。

(XINHUA.JP)

上記の記事、昔のニッポンの事で言えば、「トレンディードラマ」のようなもんでしょ。

しょせんテレビ。

空想&架空の夢物語。

・・・・という訳で、現実やいかに!!といった調査をしに行ってきます。

ロハ(只)のOZ-101便にてレッツらGO!

959595

« エボラ パンデミック目前か! | トップページ | ANA特典航空券で韓国ソウルに行ってきた »

ANA SFC チャレンジ」カテゴリの記事

コメント

北京オリンピック、CGで花火まで派手にあげて画面加工し配信する中国に言われてもねぇ。

また土産話よろしくお願いいたします。

>逃げられない日本人 さま

こんにちわ!

帰ってきました~

韓国の人と、話すとタブーと言われる「日韓問題」を話してきましたが、反日に狂ってるのは極々一部の韓国人で、多数は「仲良くやればいいのに~」と思っているようですよ。

多数の方達に期待したいです。

>逃げられない日本人 さま

国家とそこに住まう普通の庶民の感覚は違うのですよね。
(例外もありますが・・・)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/60430824

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国ドラマと現実の差:

« エボラ パンデミック目前か! | トップページ | ANA特典航空券で韓国ソウルに行ってきた »