« 盗人に軒先を貸す必要はあるのか? | トップページ | 中国に宝石サンゴの密漁を取り締まる事は出来ない »

2014年11月 8日 (土)

日本はエボラ出血熱の侵入を止める事は出来ない

エボラ出血熱 関空検疫所ピリピリ、ギニア国籍の女性発熱で

7日にドバイからから到着したギニア国籍の女性の発熱が確認された関西国際空港の検疫検査場南では8日午前、報道陣が詰めかける中、関空検疫所の検疫官が緊張した面持ちで、入国する旅客らに「21日以内に西アフリカに滞在された方は申告を」と呼びかけた。

仕事でインドネシア・ジャカルタを訪れていたという堺市の会社員(55)はガルーダ・インドネシア機で帰国。

「発熱が確認されたという女性の検査結果が気になります。エボラ出血熱感染が身近な危機なのだと実感しました」と話していた。

(産経デジタル)

昨日、韓国仁川より成田空港へ帰国したのです。

韓国便という事なのか?

入国時検疫のところにあるサーモグラフィー?

確かに設置してあったのですが、韓国便の日本入国者の最初の10名くらいのところまでは、係官いなかったですよ。

2525ぞろぞろ人がやってきてからサーモグラフィーの検査の所に検査官が来た感じです。

なんか対応がお粗末すぎて・・・・・。

韓国便だからなんでしょうかねぇ~

なんか、水際対応なんて絶対に無理だと思いましたね。

*帰国便名 11月7日 アシアナ106便

« 盗人に軒先を貸す必要はあるのか? | トップページ | 中国に宝石サンゴの密漁を取り締まる事は出来ない »

独り言」カテゴリの記事

コメント

数年前の新型インフルエンザも最初は水際でなんてさわいで、一人目確認の頃はまだまだワアワア行っていましたが、結局1000万人程かかりました。

偶然あまりひどくなるタイプでなかったので、大量死にはつながりませんでしたが、

これが強力なタイプだったら、歴史上大変な事態になっていました。

エボラが上陸したら今度こそ想像もできないような大変な事態になります。

日常の社会機能も崩壊しマヒしかねません。

せめてリベリアあたりの大量発症国とは収束するまで往来は完全禁止してほしいです。

今は毎日が一か八かの危ない賭けです。

>逃げられない日本人 さま

こんにちわ!

今日明日にでも感染確定報道が出てもおかしくない状況下ですよね。

ワタシ達庶民は「こないでくれぇ~」と手を合わせるしかなさそうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/60618984

この記事へのトラックバック一覧です: 日本はエボラ出血熱の侵入を止める事は出来ない:

« 盗人に軒先を貸す必要はあるのか? | トップページ | 中国に宝石サンゴの密漁を取り締まる事は出来ない »