« 日本はエボラ出血熱の侵入を止める事は出来ない | トップページ | 羽生クンの件について思ふ »

2014年11月 9日 (日)

中国に宝石サンゴの密漁を取り締まる事は出来ない

宝石サンゴ密漁 中国の法治は口だけか

 宝飾品となる宝石サンゴの密漁が目的とみられる中国漁船200隻以上が小笠原諸島や伊豆諸島周辺に集まっている。資源の枯渇が懸念される希少なサンゴだ。世界遺産に指定されている小笠原の貴重な資源の一部でもある。一刻も早く違法な操業を食い止めるべきだ。

 日本近海で取れる赤サンゴなどの宝石サンゴは中国で珍重され、高値で取引されている。中国では赤が縁起のいい色とされ、吉祥物として富裕層に人気だ。ここ数年、価格が数倍に高騰し、高級な赤サンゴは1グラム当たり最高1万元(約18万円)にもなるという。

 中国政府は赤サンゴをパンダと同じ国家1級重点保護動物に指定し、国内での漁や売買を禁じている。2008年には中国の申し入れで赤サンゴなど4種のサンゴがワシントン条約で輸出入が規制されるリストに加えられた。しかし、摘発されるリスクを冒しても一獲千金を狙う密漁者が後を絶たない。

***中略***

 中国政府は日本政府の抗議を受け、「密漁に対する法の執行を引き続き強化していく」(外務省報道官)と、取り締まりを強める方針を示した。自ら保護対象にしているサンゴ資源を自国民が密漁するのを放置していては、「法治の徹底」を目指す習近平政権の本気度が問われる。

***後略***

(毎日新聞社説)

中国サイドがこの自国の密漁船対策において、本気で取り締まりにかかるとは思えませんね。

それは、な~んでか?

答えは簡単です。

3h4jjb当局のお偉いさん達も「赤サンゴ」欲しいんだもの。

当局の自分も喉から手が出るほど欲しい「赤サンゴ」です。

日本へのパフォーマンスで取り締まりはしても、本気で取り締まれるはずがありませんわな。笑

« 日本はエボラ出血熱の侵入を止める事は出来ない | トップページ | 羽生クンの件について思ふ »

中国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/60623029

この記事へのトラックバック一覧です: 中国に宝石サンゴの密漁を取り締まる事は出来ない:

« 日本はエボラ出血熱の侵入を止める事は出来ない | トップページ | 羽生クンの件について思ふ »