« 自転車への当たり屋か・・・クズやな | トップページ | アベノミクス効果アリ? »

2014年12月19日 (金)

医療の進歩に思ふ

「ウイルス療法」で脳腫瘍治療 東大が国内初の治験へ

 がん細胞をウイルスに感染させて破壊する日本初の「ウイルス療法」の治験を脳腫瘍(しゅよう)の患者で始めると、東京大医科学研究所が18日、発表した。ウイルス療法は手術、抗がん剤治療、放射線治療に次ぐ第4の治療法として期待されている。研究チームは、3~4年以内の実用化を目指す。

 対象は、脳腫瘍の中でも最も治療が難しい「膠芽腫(こうがしゅ)」で、手術でがんを摘出後、放射線と抗がん剤を使ってもがん細胞が残っていたり、再発したりした30人。口唇ヘルペスウイルスの遺伝子を改変し、がん細胞だけで増殖し、正常な細胞では増えないようにした。このウイルスを針で腫瘍に注入して、がん細胞に感染させて破壊する。

 安全性を確認するための臨床研究では、副作用はほとんどなかった。通常診断から1年ほどの平均余命だが、10人中3人が3年以上生存した。今回は医師主導で治験を行い、生存期間がどの程度延びたか、治療効果をみる。

 この治療用に改変したウイルスは、あらゆる固形がんに応用できる可能性があるという。現在、前立腺がんと嗅神経芽細胞腫でも臨床研究を進めている。藤堂具紀教授(脳腫瘍外科)は「製薬企業の協力を得て実用化を目指したい」と話す。

(朝日新聞デジタル)

上記記事のニュース、とても素晴らしい研究でございます。

>>副作用がない・・・がんに立ち向かう姿勢もイイですねぇ~

しかし、残念なのは根治治療ではないという事でございます。

現時点では生存期間を延ばすにすぎない。

藁をも掴む思いの患者さんにとっては、朗報なのでございましょう。

現在、命に係わる病気をもたないワタシが言うと、その立場になったらよくわかるよと言われるかもしれませんが、生存期間の延ばす治療から根治に至る治療法になった時、諸手をあげて万歳を言いたいと思います。

ワタシ的思考回路では、未経験だから言えるのかもしれませんが、延命治療と聞くと「苦の期間」が伸びるに過ぎない感じがしてしまうのです。

そういった事もあって、ワタシは家族に「ワタシに万が一の事があったら、延命治療だけはやめてくれ」と言ってあります。

治る治療は積極的に受け入れても、延命治療は遠慮したいところです。

この考えはワタシの現時点の考えであって、今後、変化していくのかもしれませんね。

でも考えは変えずにいたいと思ってはおります。

463

« 自転車への当たり屋か・・・クズやな | トップページ | アベノミクス効果アリ? »

独り言」カテゴリの記事

コメント

癌細胞が嫌がること、したらいいんですね。

これはトロイの木馬作戦ですね。

>逃げられない日本人 さま

>>トロイの木馬作戦

これは面白い!!笑

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/60832266

この記事へのトラックバック一覧です: 医療の進歩に思ふ:

« 自転車への当たり屋か・・・クズやな | トップページ | アベノミクス効果アリ? »