« 大韓ナッツ副社長の件 | トップページ | ㊗韓国世界一! »

2014年12月23日 (火)

バブルだ!ワッショイ!!

日本経済のフェーズは大きく変化 2015年はバブルがやってくる!

『週刊ダイヤモンド』2014年12月27日・2015年1月3日新年合併号の大特集は、「2015年総予測」。日本経済のフェーズが大きく変わった今、バブルは本当に再来するのか。その萌芽を分析する。

プラチナ製のカレンダーが1億円?高層階が3億5000万円台のマンションも

 2014年の世相を表す「今年の漢字」に「税」が選ばれた。消費増税に始まり、消費増税に終わった1年。しかし、第2弾の増税が先送りになったことで、日本経済は全く違う様相を呈してきた。

 プラチナ製のカレンダーがなんと1億円──。

 貴金属販売の田中貴金属ジュエリーは2014年12月3日、大ヒットしたディズニー映画『アナと雪の女王』をモチーフにした15年のカレンダーを発売した。

 高さ12センチメートル、幅87センチメートルのカレンダーは、銀世界を再現するため、約10キログラムの純プラチナが使われている。販売価格は1億円。やはり純プラチナ製で高さ2.6メートルのクリスマスツリーは3億円だという。

 その3日後、今度は三菱地所レジデンスが、60階建ての国内最高層マンションを東京・西新宿に建設、15年1月下旬から販売すると発表した。価格は未定ながら、高層階に入る150平方メートルの部屋は3億5000万円台になるとみられている。最近、そんな“億ション”が瞬間蒸発で売れている。

 14年4月に実施された8%への消費増税後、個人消費の冷え込みが顕著となり、GDPも2四半期連続でマイナス成長となるなど、景気の腰折れ感が強まっていた。

 しかし、日本銀行の黒田東彦総裁が2度にわたって打ち出した“異次元金融緩和”に加え、15年10月に予定されていた10%への消費増税が先送りになったことでフェーズは大きく変わった。

 しかも、解散総選挙で自・公が326議席獲得して大勝したことで、新たに打ち出される経済政策にも期待が集まる。

 こうした状況下、金融緩和によって市場にあふれた大量のマネーは株式市場に向かい、上下こそあるものの株価は底堅く、年末に向け2万円をうかがう。

 不動産市場にもなだれ込み、市況は活況を呈している。20年に東京五輪が控えていることもあり、東京は大規模プロジェクトの開発ラッシュだ。

マネーが株や不動産に向かう様は「バブル時代」を彷彿とさせる

 マネーが、株や不動産に向かう様は、今から時計の針を30年ほど巻き戻した時代の姿と重なる。

 バブル──。

 ディスコではギャルがお立ち台で乱舞し、高額商品が飛ぶように売れ、街中では、サラリーマンが札束を手にタクシーをつかまえていた。日本中が異様な熱気に包まれ、興奮のるつぼと化していた。

 確かに、不動産に対する過剰融資は銀行に対する規制強化で影を潜めるなど、当時と状況は異なる。だが、金融緩和と消費増税の先送りにより下地は整っている。

O0640048012210464268キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

ワッショイ!ワッショイ!バブルだワッショイ!!!

どうせ崩壊するなら、バブルでもなんでもコイってもんだ!

財布のひもをしっかり締めて、バブルを乗り越える。

それで崩れ去るニッポン経済を乗り切っていく。

20年先を生き残っていくには、それしか内科もよ。

ε-( ̄ヘ ̄)┌ ダミダコリャ…

O0450033811469726562

« 大韓ナッツ副社長の件 | トップページ | ㊗韓国世界一! »

独り言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/60855334

この記事へのトラックバック一覧です: バブルだ!ワッショイ!!:

« 大韓ナッツ副社長の件 | トップページ | ㊗韓国世界一! »