« 中国にはプロの物乞いがいる | トップページ | ニッポン的良心ノ崩壊 »

2014年12月 9日 (火)

吉野家牛丼値上げもアベノミクスのせい??

吉野家、牛丼など80-120円値上げ 牛肉高騰で17日から、牛皿や牛カルビ丼も

 牛丼チェーン店を運営する吉野家(東京都北区)は9日、今月17日午後3時から、牛丼と牛カルビ丼の価格を税込み価格ベースで80~120円値上げすると発表した。牛丼並盛は300円を380円に80円値上げする。

 米国産牛肉の出荷量が現地の干ばつの影響で減少するなど、原材料コストが高くなっているため。円安の影響もあり、冷凍食品や即席麺で相次いでいる値上げの波が、外食産業にも波及し始めた。

 吉野家の値上げは、牛丼では「大盛」を90円高い550円に、「特盛」を120円高い680円に値上げする。また牛皿も80-120円同時に値上げする。

 一方、牛カルビ丼は「並盛」が490円を100円高い590円にするなど、小盛、大盛も100円値上げする。

 「牛すき鍋膳」など他のメニューは現行価格のまま据え置く。

(産経新聞)

Twitterなどのネット上では、アベノミクスのせいで吉野家の牛丼が値上げになった!!

と大騒ぎでございますな。

確かに円安の影響って事は認めます。

しか~し!今までが異常だったんだよね。

ブラック(に近い)アルバイトの勤務体制や、デフレによる他社との値下げ競争で、牛丼280円だのってやっていたんですからね。

吉牛並+生卵or味噌汁=ワンコイン・・・そろそろコレくらい許そうよ。

安さに慣れてしまって、安さが当たり前になってしまって・・・・それが異常だったって事をワレワレは忘れてしまいました。

「ユニクロ栄て国滅ぶ」って事でございますよ。

中国をはじめ人件費の安い新興国でモノを作って日本国内で販売して・・・・・。

日本国内の繊維業界は壊滅(に近い)ですわ。

それで、国が栄える訳はないわな。

6642db03とどのつまり、安さを追い求めすぎたワレワレが、栄える事のない国家(ニッポン)をつってきてしまったという事になりますまいか?

それがほとんどの業界にある訳ですから、栄えるニッポンなんて夢のまた夢。

お金(日本円)を日本国内で回さない限り、ニッポンが栄えることは絶対にありえませんね。

« 中国にはプロの物乞いがいる | トップページ | ニッポン的良心ノ崩壊 »

独り言」カテゴリの記事

コメント

松屋やすき家はどうするんでしょうね。
松屋の牛丼プラス味噌汁で280円也。

本当に安いですね。
労働賃金まともに払っているんでしょうか?と思ってしまいます。

>逃げられない日本人 さま

安いものには訳があるって事をワレワレも知るべきでしょうね。

訳=ブラックな労働環境・極端に安い食材の選定など・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/60784758

この記事へのトラックバック一覧です: 吉野家牛丼値上げもアベノミクスのせい??:

« 中国にはプロの物乞いがいる | トップページ | ニッポン的良心ノ崩壊 »