« 日々節約はしても・・・ | トップページ | 中国にはプロの物乞いがいる »

2014年12月 7日 (日)

オザワンの旬は過ぎてる

王国崩壊危機…小沢氏 30年ぶりドブ板選挙、週末30カ所で遊説

 衆院選公示後、初めての週末となった6日、各候補者は街頭で支持を訴えた。岩手4区には生活の党の小沢一郎代表(72)が今衆院選で初めて地元入り。“小沢王国”崩壊危機に、どぶ板選挙を展開した。

 午前9時、生まれ育った岩手県奥州市の市役所支所前で遊説をスタートした小沢氏。スーツ姿でマイクを握り「自民党政治をもう一度変えるため、変わらぬ支援をお願いしたい」と百十数人の支持者に呼び掛け、笑顔で握手して回った。盤石な後援会組織を背景に「小沢王国」と呼ばれてきた地元で、本格的に遊説するのは約30年ぶり。聴衆の男性(32)は「今回の選挙は力を入れているのが伝わった」と話した。

 後援会関係者によると、小沢氏の選挙活動は長年、秘書や家族が代わりを務めていたといい、前回衆院選でも終盤に地元入りした程度。これだけの長時間は「異例なこと」(永田町関係者)で、6日には16カ所、7日は14カ所の計30カ所で遊説を行う予定だ。1カ所につき約20~30分の滞在で演説、握手、移動を繰り返した。

 2年前には日本未来の党からの出馬。自民への追い風に遭い、これまで6割前後を誇ってきた得票率が初めて5割を割り、自民の候補者には約3万票差まで詰められた。剛腕と恐れられ政界の中心にいたのは今は昔。さらに、40年以上にわたり小沢氏を支えてきた和子夫人と離婚したことで、女性票増も見込めなくなっている。

 崖っ縁ぶりを表すように、今回は初めて比例代表との重複立候補となった。別の永田町関係者は「陣営は引き締めを図っているのではないか」と分析するが、自民候補が追走する状況に「選挙攻撃型の小沢氏がすっかり守勢に転じている。危機感はかなり強い」としている。

 党の顔としての役割もあり、公示後は他候補者の応援に東奔西走。陣営では「再び地元入りする可能性はある」という。

 全候補者で最多の16期目に挑む小沢氏の戦いは、いばらの道となっている。

(スポニチアネックス)

ワタシ、オザワンを決して嫌いじゃないんですよ。

政治家の中では好きな部類に入ります。

嫌いじゃないけど、「この人ダメだぁ~」と感じてしまうんですよね。

『剛腕オザワンなぜ動かん』

コレ、なんですよ。

ワタシ的には、いつも表舞台に出ないで、「影の闇将軍」ごとく水面下でのみ影響を及ぼしている感じ。

ど~ん!と表舞台に出て、国政の舵とりでもしてくれればいいんですが、それをしない。

今となっては「一匹狼」的存在になり果ててしまいました。

いくら有能な政治家でも、数を持たなきゃただの政治家。

残念でございます。

Tumblr_mdi740nfdr1qz9mpko1_500

« 日々節約はしても・・・ | トップページ | 中国にはプロの物乞いがいる »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

健康に留意して政界には生き残ってもらいたいと思いますが、72だからねぇ。今からあの自民党をひっくり返すバイタリティは難しいのでは。

>逃げられない日本人 さま

おはようございます~

オザワンも引退の年齢域に入ってきました。
最後のご奉公をしてほしいモンですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/60774874

この記事へのトラックバック一覧です: オザワンの旬は過ぎてる:

« 日々節約はしても・・・ | トップページ | 中国にはプロの物乞いがいる »