« 家事代行サービスは普通になってくる | トップページ | 事実ならって、事実やろ! »

2015年1月19日 (月)

石屋さんが明かせない日本の石を使った墓石の秘密

その特売卵大丈夫!? 遺伝子組み換え「農家が明かせない飼料の秘密」

喉元過ぎれば熱さを忘れる、ではないですが、日本人は忘れやすい国民と言われています。みなさんは、普段の食事は気にしていますか? 実は、あまり知られていないのですが、意外なところに意外な問題が存在していると言うのです。

そこで今回は、桜鱒太郎さんの著書『未来の食卓を変える7人』を参考に、“実は知られていない卵の問題”について紹介します。

■“モノ”扱いされるニワトリ

<「平飼い」または「放飼い」と書かれていないものは、ほとんどが「ケージ飼い」と呼ばれる飼育方法で育てられたニワトリの卵である。

ケージとは、狭い鳥かごのようなもの。A4サイズのスペースに1羽、多いときには2羽も入れられ、向きも変えられないような状態で一生を過ごすのだ。>

この状態で育てられたニワトリのストレスは極限状態になっており、まるで生き物扱いされない状態だと言います。

一般的には、スーパーの特売などで売られている卵は、こういった状態のニワトリの卵だと言うのです。

■遺伝子組み換え飼料が家畜に与えられていることも

<ケージ飼いをしている農家は、病気が蔓延しないように管理していると言うが、そもそもそんな環境で免疫力が育まれるものなのか疑わしい。抗生物質・ホルモン剤の問題など、私たちの知らないところで、畜産業は多くの問題を抱えている。>

これ以外にも、遺伝子組み換え作物を使った飼料については、表示義務がないため、大量の遺伝子組み換え飼料が家畜に与えられていると言われています。つまり、私たちもこういった家畜などを通して、遺伝子組み換え作物を間接的に口にしている可能性もあるのです。

もちろん、生産農家も卵の販売価格は安いため、ギリギリのところで工夫をして成り立っている農家も多いと言います。

ですから私たち消費者が、食の安全のために多少費用がかかっても、安心安全な卵や食品を買わなければならないということです。そうすれば、生産農家もお金がかかっても、きちんと育てた卵を売ることができるでしょう。

******************************

以上、“実は知られていない卵の問題”でしたが、いかがだったでしょうか。

消費者が求める、あまりにも安くなりすぎた食品価格では、卵に限らず、生産農家が“やっていけない”という現実があります。食の安心安全の問題は、生産者と消費者が一緒になって、解決していかなければならない問題です。

まずは、こういった現状を知るところから、食への意識を変えていきましょう。

(ウーリス)

上記の記事は養鶏業に関係する話でございますね。

安さを追い求めた先には”何かある”のでございますよ。

それはワタシが生業とする墓石石材卸にも、同様な事が存在するのでございます。

日本の石を使ったお墓を買い求めるお客様は、日本で作った墓石だと疑いなく思っている事でしょう。

しか~し!

かなりの割合で中国産なんですよ。

コレ疑いのない事実でございます。

約20年位前より墓石は中国墓石が市場を席巻しています。

激安墓石でございます。

その為に、日本国内で作成される「純国産墓石」は激減してしまいました。

そこで日本国内の石材業の人々が取った行動は、日本の石を中国に持ち込んで中国で墓石加工して逆輸入する事でございます。

そのため日本の石であっても安い価格帯の墓石が販売されているようです。

しか~し!!!

安い物に中国産墓石には訳があるのですよ!!!

2010030314300000日本国内では処分されていた原石を中国業者が買い付けていき、それを墓石にしていたり、薬品処理をしたりと・・・・・やりたい放題でございます。

*一部真面目な業者も存在する事は申し添えておきますが、圧倒的多数”何でもアリ”業者でございます。そこは中国だもの”金の為なら何でもアリ”って事くらいお判りになるでしょう。

ワタシの会社のように”日本の石を日本で墓石にする”純国産墓石”加工卸業者ってのは、ほとんど無くなってきているのが現実なのです。

安い日本の石の墓石には裏がありまっせ!!

« 家事代行サービスは普通になってくる | トップページ | 事実ならって、事実やろ! »

独り言」カテゴリの記事

コメント

割るといかにも新鮮で栄養たっぷり風に見える橙色の濃い卵。
お値段も高かったりしますが、ところがこの濃い橙色、エサに橙色の混ぜものを食べさせていると報道されていました。

生産者にインタビューで、栄養に?と尋ねると、栄養にはなりません。…と。

どうしてこういうことされるんですか?と問いかけると、この方がよく売れるからと平然と言っていました。

体に悪そうな着色料の粉のように見えました。

私はそれ以来、普通に黄色の卵を買うようにしています。

良い環境で育てられた烏骨鶏の卵、一つ500円ぐらいしますが、きみは自然な黄色で、やたらに濃い橙色ではありません。

濃い橙色卵は要注意です。

>逃げられない日本人 さま

こんにちわ!

そうなんですよ、卵の黄身の色は関係ないんですよね。

オレンジ色だと栄養価が高そうに感じてしまう、ワレワレ日本人の錯覚でございます。

実際中国の卵は、白っぽい黄色でございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/60997563

この記事へのトラックバック一覧です: 石屋さんが明かせない日本の石を使った墓石の秘密:

« 家事代行サービスは普通になってくる | トップページ | 事実ならって、事実やろ! »