« GOGO新電力! | トップページ | テレビ内の世界はインチキだと心得よ »

2015年1月26日 (月)

赤ちゃん&大人の紙おむつについて考へる

大人の紙おむつ最新事情 技術革新で本人も周りも快適

 高齢化の進展に伴い、紙おむつや軽失禁用吸収パッドを使う人が増えている。メーカー各社は最新の研究結果や技術を取り入れ、利用者や介護者が使いやすい商品の開発に努めている。(兼松康)

(中略)

 ■1600億円規模、年5%成長続く

 衛生用品、医療用具、介護用品などの生産・販売企業などが加盟する日本衛生材料工業連合会の調べによると、大人用紙おむつやパッド類などの生産枚数は、平成19年に約45億枚だったが、高齢者人口の増加とともに年々、増え続け、25年には約65億枚となった。

 生産枚数としてはパッド類が最多で、25年には約49億枚、パンツタイプの紙おむつが約13億枚などとなっている。

 ユニ・チャームの調べでは、大人用紙おむつなどの市場規模は25年で約1600億円。年率5%程度で成長を続けているという。

(産経新聞)

高齢者が爆発的に増えている現在、大人用紙おむつの需要もうなぎ上りのようですね。

実際のところ、上記の記事のような日本の高級おむつを使える人(高齢者)は幸せなんですよね。

今、お隣中国では、日本製の赤ちゃんの紙おむつが、ものすごい需要なんです。

自分の子供可愛く、高価でも良いおむつを使わせたいようです。

ワタシの中国人の知人。

日中間の貿易の仕事をしております。

中国サイドでは、日本の赤ちゃんの紙おむつは何コンテナでも持って来い!って感じらしいです。

日本で赤ちゃんの紙おむつが調達しにくいのが悩みだと言っていました。

話変わって日本では、中国製の大人用紙おむつの需要が、かなりの割合で増えてきているとの事。

一般の介護施設では入所者に対して、1日にあたりにかけられる金額が少ないので、施設で使う紙おむつ1枚の値段、少しでも安い方がイイらしいですな。

だから日本製でなく中国製になってしまうのでしょう。

006a中国では高級モンに群がり、ニッポンでは少しでも安いモンを買い求める時代でございます。

こんな時代がづっと続くんでしょうかねぇ~

う~む・・・・・・・。

なんだかなぁ~

« GOGO新電力! | トップページ | テレビ内の世界はインチキだと心得よ »

独り言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/61035951

この記事へのトラックバック一覧です: 赤ちゃん&大人の紙おむつについて考へる:

« GOGO新電力! | トップページ | テレビ内の世界はインチキだと心得よ »