« 今年は大企業が行動を起こす年だ! | トップページ | キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! 国内回帰! »

2015年1月 4日 (日)

中国人男子たるもの・・・泣

「お嫁さん不足」に直面する中国 「ベトナム人女性」の需要が高まる理由とは?=中国メディア

 中国メディアの環球網は12月27日、ベトナムメディアの報道を引用し、男女比のバランスが大きく崩れている中国で数百万人もの男性が「嫁不足」に直面していることを紹介する記事を掲載した。

 記事は、中国河北省邯鄲市郊外の村では中国人女性と結婚するために家や結婚費用として6万4000米ドル(約770万円)ものコストがかかるとし、近年は1万8500米ドル(約222万円)ほどで済むベトナム人女性との結婚を選ぶ中国人男性が増えていると紹介。

 続けて、邯鄲市でこのほど100人を超えるベトナム人妻が集団で失踪した事案を紹介したうえで、「中国特有の詐欺事件」と指摘、「詐欺の被害にあうのは数百万人もの(中国の)農村部の男たちだ」と論じた。

 報道によれば、2014年1月時点の中国の人口のうち、男性は女性よりも3380万人も多い。記事は「男余りの中国社会が近隣国に何らかの課題を突きつけることになるだろう」とし、「お金で近隣国から妻を“購入”すること」をめぐるトラブルは大きな問題の序章にすぎないと伝えた。

 また記事は、中国で男女比のバランスが崩れた理由は「長期的に男尊女卑の伝統があったため」とし、男性が増えた中国では男性が結婚し、妻を娶るうえで必要となる費用が年々上昇していると指摘。

 さらに、1960年代から90年代までの間に妻を娶るうえで必要となる費用は70倍に増加してしまったと紹介し、貧しい農村部では金銭的理由から結婚できない男性が増えていると伝え、「中国の犯罪率が増加している理由のうち、7分の1が男女比の不均衡が理由との分析もある」と伝えた。

(サーチナ)

お隣中国では、今までの一人っ子政策によって男が圧倒的に多く偏っているんですよね。

国家が一家に子1人の政策→庶民は跡取りとしての男の子を欲しがる。

いまだ家の単位を大切にする中国人にとっては、ごく自然な事です。

以前の日本もそうだったんだけどね。

そういった訳で、結婚適齢期の女性が極端に不足しているんですよね。

不足しているところに、この10年の目ざましい中国の経済発展。

それに合わせて中国の女性の社会進出も進み、男性並みに稼ぐ女性も沢山出てきています。

そこに、結婚するには金がかかる。

996801ea_2男性に対しての条件は、マンションある?車ある?ババいない?笑

中国人男子たるもの大変なのでございますよ。

同情さえしてしまいますわ。

そういった中で、異国の女性がターゲットになっているのでしょな。

« 今年は大企業が行動を起こす年だ! | トップページ | キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! 国内回帰! »

中国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/60921913

この記事へのトラックバック一覧です: 中国人男子たるもの・・・泣:

« 今年は大企業が行動を起こす年だ! | トップページ | キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! 国内回帰! »