« 陳謝するだけなら猿でもできる | トップページ | 警察は誰の為にあるんだ? »

2015年3月 3日 (火)

大音量は程々にね

大音量の音楽視聴で世界の若者10億人超に難聴リスク、WHO

【AFP=時事】

世界で10億人を超える若者が、大音量の音楽を聞くことによって難聴になる恐れに直面していると、世界保健機関(World Health Organization、WHO)が警鐘を鳴らした。

WHOが先月27日に発表した試算によると、中・高所得国の12~35歳のおよそ半数が、聴覚を損なう恐れのある音量で携帯音楽プレーヤーやスマートフォンを利用していた。

また、40%がコンサート会場やナイトクラブで危険なレベルの大音量にさらされていた。

WHOでは、85デシベル(dB)を超える音量では8時間、100デシベル超なら15分で、耳の機能を損傷する危険があると指摘。

難聴にならないためには、携帯音楽プレーヤーの音量を下げ、利用時間を1日1時間までに減らすべきだと勧めている。

ワタシも35年前は若人でございました。

音楽が大好きでございました。

小学:合奏クラブ

中学:ブラスバンド部

高校(高専):フォークソング愛好会

専門学校:ヤマハ「ポプコン」出場目指してバンド結成

社会人:相変わらずバンド結成

つい最近:オヤジバンド結成(現在解散)

ワタシはギターがメインでしたが、ドラムもできたので高校の頃は、友人のコピーバンドのドラムも手伝っておりました。

エレキギターを練習する時には、大音量のヘッドホンを聞きながらでございます。

122今になって後悔するのは、若人の時、大音量の環境下が多かった為、今、耳鳴りが酷いんですよ。

気にしだすと、どうにもならなくなる位でございます。

若人達に言いたいのは、上記の記事のように、”大音量は程々にね・・・・。後で後悔するよ。”という事でございます。

===糸冬===

« 陳謝するだけなら猿でもできる | トップページ | 警察は誰の為にあるんだ? »

独り言」カテゴリの記事

コメント

うちのかあちゃん120デシベルです。
短時間の辛抱ですが…。

難聴にはなっていませんが、耳に立派なタコができました。

>逃げられない日本人 さま

ワタシの家の女性陣の甲高い声にも忍耐なのでございます。笑

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/61222652

この記事へのトラックバック一覧です: 大音量は程々にね:

« 陳謝するだけなら猿でもできる | トップページ | 警察は誰の為にあるんだ? »