« 大音量は程々にね | トップページ | 本当の事を知る時がきたようだ »

2015年3月 7日 (土)

警察は誰の為にあるんだ?

コハクチョウの胸にボウガンの矢…脚まで貫通

 埼玉県川島町の

越辺

おっぺ

川で6日、胸にボウガンの矢が刺さったコハクチョウが見つかった。

 保護した県東松山環境管理事務所によると、矢は胸から脚の付近まで貫通しており、自力で歩けず衰弱しているという。東松山署は鳥獣保護法違反の疑いで捜査を始めた。

 同事務所によると、矢は長さ約55センチ。コハクチョウは体長約1メートル10の成鳥とみられ、右脚の骨が砕けていた。

 コハクチョウは同日午前6時頃、通勤途中の女性(51)が見つけた。矢が刺さったまま川を飛び立ったが、夕方に戻ってきたところを同事務所職員に保護され、東松山市内の動物病院で治療を受けた。

 同町によると、越辺川には昨年11月頃からコハクチョウなどが飛来し、ピーク時には約150羽がいたという。今は大半が飛び立ち、残っているのは約10羽だった。

(読売新聞)

胸の痛む話題でございますね。

こういった事はニュースになるけど、猟区(散弾で生き物を狙うやつ)なんかはどうなんでしょうね。

ワタシの住まいの目の前は、桜川という1級河川でございます。

河川敷では、朝晩とウォーキングや犬の散歩などを近隣のみなさんが楽しんでおります。

その河川敷が猟区なんですよ。

ワタシの家の目の前もね。

ほんの30メートル先。

真冬の早朝、ドズン!!と散弾銃をぶっ放す訳ですわ。

アレ、近くでやられるとビックリしますぜ。

以前はワタシの家に庭に散弾の玉が降ってきた事もあります。

地元警察にクレームを入れましたが、猟区なので・・・(無言)・・・との事。

「じゃぁ誰か怪我人でも出なけりゃぁ~警察は動かんのかぁ!!!」と言ってやったところ、警察は「そういう事になります」だとよ!

住宅の近くが猟区なんておかしいと思いませんか?

2525

« 大音量は程々にね | トップページ | 本当の事を知る時がきたようだ »

独り言」カテゴリの記事

コメント

鉄砲のたまは、猟区の境界関係なく突破してきますからね。
周りに住んでいる人には、たとえたまだからと言われても、
納得できませんよね。 危なくてしかたありません。

腕の悪いのなんかいたら特に…。

お察しいたします。

>逃げられない日本人 さま

こんばんわ!

猟をしてる彼らにカメラを向けてやると、自分もあまり良い事をしていると思わないのか、車で逃げていきます。

最近は彼らの気配を感じたらカメラを向けてやるようにしています。

カメラ付きのかかし立ててやりますか

>逃げられない日本人 さま

案山子は見破られると思いますよ。笑

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/61243231

この記事へのトラックバック一覧です: 警察は誰の為にあるんだ?:

« 大音量は程々にね | トップページ | 本当の事を知る時がきたようだ »