« 台湾付近の地震Ⅿ6.8、後続に注意! | トップページ | ニッポンの即席麺は世界一や! »

2015年4月20日 (月)

未来永劫続く福島原発事故処理

2台目ロボ回収断念=格納容器、監視カメラ壊れ―福島第1

東京電力は20日、福島第1原発1号機の格納容器に投入した2台目のロボットの回収を断念すると発表した。

回収に使う監視カメラが放射線の影響で壊れた。ロボットは壊れておらず、格納容器内で放射線の測定を続けている。

東電は「今後の調査には支障がない」としている。

東電によると、監視カメラは15日、配管からロボットと一緒に投入した。

電源が入った状態で放射線に10時間程度耐えられる設計だったが、18日に電源が入らないことが判明した。

電子部品が放射線の影響を受けて壊れたとみられる。

ロボットはヘビ形で、配管を通って格納容器内に入った後は、コの字形に変形して調査していた。

回収するには再度ヘビ形に変える必要があり、配管付近のカメラで確認する予定だった。

ロボットは配管から数メートル離れた場所に放置する予定。1号機の格納容器では、10日に投入した1台目のロボットが金網の隙間にはまり、放置されている。

(時事通信)

>>電子部品が放射線の影響を受けて壊れたとみられる。

要するに、ワレワレ人間の常識的な想像をはるかに超えた放射線量が、そこにあるって事なんでしょうよ。

機械さえも受け付けない放射線量がね。

5b16a3bfsワタシ的には、以前にも言ったように東電に任せることなく、日本国家でも無理やろ、世界の英知の助けを請うて福島第一原発に事故処理にあたってほしいモンですわ。

福島原発の事故処理は、自己満足型の安倍川餅には荷が重すぎますな。

世界レベルでの事故処理チームを組んで事にあたらないと、日本のみならず地球崩壊まで行ってしまう重大事故なんだと思いますよ。

地球の存亡の危機と心得るべし!

「丸投げ政府と東電には福島原発事故処理は永遠に無理やろ」

« 台湾付近の地震Ⅿ6.8、後続に注意! | トップページ | ニッポンの即席麺は世界一や! »

原子力事故関連」カテゴリの記事

コメント

福島原発事故のせいで、やがて太平洋が汚染で埋め尽くされる、ドイツが作ったシュミレーション見たら、本当に地球の危機に思いました。

>逃げられない日本人 さま

このままダダ漏れでは、20年後の地球はえらいことになっていると思いますよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/61468102

この記事へのトラックバック一覧です: 未来永劫続く福島原発事故処理:

« 台湾付近の地震Ⅿ6.8、後続に注意! | トップページ | ニッポンの即席麺は世界一や! »