« 頻繁に地鳴り感がおきる | トップページ | 世の中、実経験がモノを言う »

2015年5月11日 (月)

中国の日本向け墓石石材業も曲がり角に来てるようだ

中国製造業の衰退・・・「重大な危機に直面」=中国メディア

 中国メディアのBWCHINESEは5日、中国政府がこのほど「製造業の高度化」を目的とした「中国製造2025」計画を打ち出したことを紹介し、その理由として「中国の製造業が2012年以降、かつてないほどの困難に直面しているため」と論じた。

 記事は、「中国の製造業が直面している困難」についての証拠として、企業数が減少していることを紹介し、特に工業製品のメーカーのうち民間企業数が2010年から13年にかけて26%も減少していることを挙げ、淘汰が進んでいることを示唆した。

 さらに、中国国家統計局のデータを引用し、中国国内で製造業に従事している労働者の数も12年以降、前月比ベースで減少することが「常態化」していると伝えたほか、税収の伸びも同時期から鈍化していることを指摘し、「中国の製造業が重大な危機に直面していることを懸念せざるを得ない」と論じた。

 また、鉄道貨物輸送量も鈍化していると指摘し、「12年から前年比でマイナス成長になっている」と伝え、12年は前年比0.9%減、13年も同0.9%減、14年は同7%減だったと指摘、「これだけの指標が中国の製造業にとっての“曲がり角”が2012年だったことを示している」と伝えた。

 さらに記事は、中国の製造業が衰退している原因は「コストの上昇」にあると伝え、米国のコンサルティングファームであるボストン・コンサルティング・グループの分析を引用し、人件費や労働生産性、エネルギーコスト、為替水準などをもとに総合的に評価した場合、「中国の製造業におけるコスト水準は米国や台湾、韓国と同程度にある」と紹介。

 中国経済の発展状況は「米国や台湾、韓国にははるかに及ばない」にもかかわらず、製造業のコスト水準は米韓と同程度にまで上昇してしまったことこそ、「中国製造業が衰退した本当の理由」であり、中国政府が製造業の高度化や高付加価値化を目指す理由だと論じた。

(サーチナ)

ワタシの生業とする墓石石材卸業も、中国輸入に頼る会社は大変なようですね。

っていうか、中国の墓石会社が大変なんですよ。

日本から中国への墓石注文数は激減しています。

日本の中国墓石商社や、そこと付き合う中国大手石材店ほど、大変なんだと思いますよ。

大手の日本国内石材商社は、年間の大量注文を条件に、中国での卸単価を下げさせています。

だから、日本国内の中小の中国墓石輸入会社は価格面で太刀打ちできないのですよね。

卸価格からして違うんだもの。

しか~し、日本から中国への墓石注文数が激減して、日本の大手墓石商社は約束した中国墓石会社への注文数が確保できず、中国の会社からは「約束が違う!!!」とクレームの嵐のようです。

そういった感じなので、日本の中国墓石商社の経営者サイドは営業マンに対して、ノルマ達成に対して激怒しまくりとか・・・・・。

墓石の会社なんてのは、大きい会社ほど無理がくるんですよ。

ウチのじいさん(二代前の社長)が言ってましたっけ、「石屋は固く小さくやってれば食っていけるとね・・・・・」

87646

« 頻繁に地鳴り感がおきる | トップページ | 世の中、実経験がモノを言う »

中国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/61572647

この記事へのトラックバック一覧です: 中国の日本向け墓石石材業も曲がり角に来てるようだ:

« 頻繁に地鳴り感がおきる | トップページ | 世の中、実経験がモノを言う »