« ニッポン列島、阿鼻叫喚地獄へのプロローグ | トップページ | 商売は三方よしに限る »

2015年5月30日 (土)

コントロールどころか影響拡大やんけ!

汚染水濃度110万ベクレル=移送漏えい、港湾も値上昇-福島第1

東京電力福島第1原発で、移送中の放射能汚染水がホースから漏れた問題で、東電は30日、汚染水中に含まれるストロンチウム90などベータ線を出す放射性物質が1リットル当たり110万ベクレルに上ったと発表した。

漏れた汚染水の一部は港湾に排水しており、漏えいが判明した29日は港湾3カ所で海水の放射性物質濃度最高値を更新した。

東電によると、ホースには縦約1センチ、幅約0.2センチの穴が開いており、そこから汚染水が漏えい。

セシウム134と137は同274ベクレル含まれていた。

東電が地下水を海に放出する際の基準値はセシウム134と137で同2ベクレル未満、ベータ線を出す放射性物質で同5ベクレル未満。

29日に採取した港湾内海水でもベータ線を出す放射性物質の濃度が相次ぎ上昇していることが判明。

1号機と2号機の取水口でそれぞれ同290ベクレルと240ベクレルを計測したほか、港湾中央部付近でも同190ベクレルが検出され、いずれも過去最高値だった。

漏れた汚染水の移送は27日から行われており、29日午前までに計236トンがホースの中を流れているが、漏えい量は分かっていない。

東電は外洋とつながる港湾の出口付近で海水の放射性物質濃度に大きな変動は見られないとして「外洋への影響はないと考えている」と話している。

(時事通信)

例のインチキ東電のインフォメーションでございます。

実際のところはこの数倍、いや数十倍、いや数万倍悪いんとちゃいますか?

>>外洋への影響はないと考えている

なんて話す時点で、きっと影響が出てるんですよ。

今回のインフォメーションのほとぼりが冷めた頃、「実際は外洋の数値も上がってました・・・」なんてのは、東電の今までの常套手段でございますよ。

ミナの衆、東電のインフォメーションを信じたら死ぬで!

086東電のインフォメーションで信じられるのは、値上げの情報と、落雷や台風で起きた停電地区の情報くらいなモンでしょうね。

 

« ニッポン列島、阿鼻叫喚地獄へのプロローグ | トップページ | 商売は三方よしに限る »

原子力事故関連」カテゴリの記事

コメント

東電がコントロールしているのは、国民への情報操作で、放射能汚染の方は垂れ流しのようですね。

>逃げられない日本人 さま

たぶん福島原発事故現場が終息することは地球が存在する限りないと思っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/61666814

この記事へのトラックバック一覧です: コントロールどころか影響拡大やんけ!:

« ニッポン列島、阿鼻叫喚地獄へのプロローグ | トップページ | 商売は三方よしに限る »