« 暴走老人の準備始まる その2 | トップページ | 関東でⅯ5.6!!(仮に次に本震が来たらニッポン終了!!) »

2015年5月25日 (月)

若人よ!若い時の積み重ねがモノをいう

今回は、ワタシ事を書いておきましょう。

ワタシ、中学生の頃より人と同じ事をするのが大嫌いでございました。

それにプラスして、見る側になるよりは、見られる側いなりたいとの思いもございました。

そういった事もあってか、親からは「目が離せない」と感じさせる親不孝モンだったのでございます。

ワタシには兄がいて、オートバイの事故で家業を継ぐ(力仕事)のは無理だろうと、夜中に両親が話をしていたのを聞いてしまい、「じゃぁ~オレが石屋継ぐしかねぇ~んじゃないの?」と思ったものです。

当時は、男子が家業を継ぐのが当たり前の時代でしたからね。

そして、20歳で国立高専を卒業して、就職するのもイヤで、経理の勉強がしたい親にウソを言って(猛爆!)、と憧れのTOKYOに行きましたがな!笑

大原簿記学校 情報処理科。(2年間)

資格を取らなければ卒業資格がなかったので、何とか資格だけは取りまして、卒業でございます。

*今となっては大原簿記謝謝!でございます。笑

そして、家業(石材加工卸)の道へ・・・・・。

09ワタシが何も出来ないモンだから、職人サンが言うこと聞いてくれねぇ~んだな、これが。泣

なので、職人サンが退社した後から夜中まで一人で仕事を覚えましたがな。

約10年くらいね。

職人サンより仕事が出来るようになってくると、不思議なモンで職人サンが言う事をきいてくれるんだわ。

その頃、バブルの真っ只中でございます。

仕事がありすぎるのでございます。

若かったので、遊びたい盛りでもございます。

なので、夕方に機械を仕掛けて、速攻で家で飯食って風呂に入って、、また会社に戻り機械をセットし直す。

そして、お姉ちゃんのいるスナックにいって一杯。

52452ワタシ下戸なので、お店にある一番高価なバーボンをスプーン1杯入れてもらって、ソーダ割りで飲んでおりました。

行きつけのお店だったので、そのボトルがなくなるのに1年くらいかかったんですが、「す~さんならイイよ」と言ってくれたので、ありがたかったですな。

そういった事をしてると、夜10時でございます。

飲んでいる途中、また会社に戻って、機械をかけるのでございます。

そしてまたスナックに戻ります。

Img_010そうしているうちに、よる12時でございます。

また会社に戻って、機械を掛けなおすのでございます。

そしてまたスナックに戻って・・・・。

夜中の2時頃、お開きの時間でございます。

そしてまた、家に帰る途中で工場に寄って、機械をかけるのでございます。

そして家に戻って3時過ぎに就寝。

朝、8時始業なので、7時過ぎには会社に行って、何もなかったように仕事をするのでございます。

これがあるから、今があるのでございます。

『若人よ苦労は若いうちしか出来んぞ!老いてからの苦労は死ぬ苦しみぞ!!』

145696

« 暴走老人の準備始まる その2 | トップページ | 関東でⅯ5.6!!(仮に次に本震が来たらニッポン終了!!) »

独り言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/61642319

この記事へのトラックバック一覧です: 若人よ!若い時の積み重ねがモノをいう:

« 暴走老人の準備始まる その2 | トップページ | 関東でⅯ5.6!!(仮に次に本震が来たらニッポン終了!!) »