« 中高年の交通整理員に思ふ | トップページ | 1ドル=193円 え~んじゃないの? »

2015年5月 8日 (金)

箱根も富士も東京直下も何でもアリ!

箱根山の危険な動きは「東京直下地震の前触れ」と専門家指摘

噴火の予兆なのか――。箱根山の不気味な動きに、日本中が大騒ぎになっている。

***中略***

箱根山は、いつ噴火が起きてもおかしくない状況です。ただ、いつ起きるかは経験と勘だけが頼りです。7万年前に噴火した時には、火砕流が横浜市の辺りまで到達したことが確認されています。噴火すれば、新幹線のような速さの火砕流が、湘南地区を覆う可能性もあります」

■富士山噴火の可能性は?

危険なのは箱根山だけではない。地球規模で見れば、“至近距離”にある富士山の噴火だ。

「箱根山と富士山は約25キロしか離れていません。数十万年前に、島が本州にぶつかる形で伊豆半島ができ、2つの山は同時期に形成された。関連性は否定できません。世界ではマグニチュード9クラスの地震が起きた後、ほとんどのケースで5年の間に、震源近くでいくつもの火山が噴火しています。日本では3.11の後、噴火が起きたのは御嶽山の1度だけ。富士山などで、いつ大噴火が起こってもおかしくありません」(島村英紀氏)

御嶽山の噴火では、東京ドームの容積の4分の1の噴出物(火山灰や溶岩など)だったが、箱根山や富士山が“大噴火”すると、その噴出物は東京ドーム約250杯分もの量に達するという。


元前橋工科大教授の濱嶌良吉氏(地殻変動解析学)は、こう言う。

箱根山や富士山の噴火よりも可能性が高いのは、東京直下型の大地震です。歴史的にみても、箱根山が噴火することは考えにくい。むしろ、今回の箱根山の動きは、東京直下型地震の“前触れ”ではないでしょうか。東日本大震災でエネルギーが“解放された”といわれていますが、関東地方に“移ってきている”と考えるべきです」

日本列島に、とんでもない異変が起きているのは確かなようだ。

(日刊ゲンダイ)

これまたキナ臭い話題でございますな。

確かに、富士山の噴火も、東京直下型大地震も必ず来ますよ。

東日本大震災後、今が一番危険な状態下に日本があると断言できるでしょうね。

そこまでヤバい状態にあるんですよ。

Tf22だからミナの衆、備えだけして、今のうちにやりたいことはやって桶。

なのでワタシは今月末頃に、2号サンを迎え入れる事にしました。猛爆!!

酒と女は2合(号)までと申します。笑

明日は我が身。

『今日亦無事』が明日も続くなんて保証はどこにもないのデス。

« 中高年の交通整理員に思ふ | トップページ | 1ドル=193円 え~んじゃないの? »

地震予知関連」カテゴリの記事

コメント

バベルの塔、浅草十二階、霞ヶ関ビル、六本木ヒルズ、スカイツリー、馬鹿ほど高い建造物を作りたがり維持費で財政破綻、天誅の災害でチャラになるでしょう。

>高貴なる野蛮人 さま

こんばんわ!

東京直下が来たら、東京はリセットされることになるのでしょうね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/61558587

この記事へのトラックバック一覧です: 箱根も富士も東京直下も何でもアリ!:

« 中高年の交通整理員に思ふ | トップページ | 1ドル=193円 え~んじゃないの? »