« AIIB参加国の皆さま、ご愁傷様でござい〼 | トップページ | ありがたい友人達 »

2015年6月12日 (金)

原発事故処理に目標なんて無意味な事だ

プール燃料取り出し遅れ=最大3年、福島第1―廃炉工程見直し・政府

政府は12日、東京電力福島第1原発の廃炉作業について関係閣僚会議を開き、1~3号機の使用済み燃料プールに保管されている核燃料の取り出し開始時期を、最大で3年遅らせることを決めた。

福島原発事故の廃炉工程表で、使用済み燃料の取り出し開始時期を遅らせるのは初めて。

廃炉完了まで30~40年とする従来の目標は維持する。

これまで2015年度上半期としていた3号機プールの燃料取り出し開始は17年度に、17年度下半期だった1、2号機プールの燃料取り出し開始は20年度に遅らせる。

水素爆発で原子炉建屋が大破した3号機は、プールに落ちた燃料交換機などのがれき撤去が難航。

放射線量も想定通りに下がらず、15年度上半期の取り出し開始は事実上不可能になっていた。

1号機も建屋カバーの解体に伴う放射性物質の飛散防止対策に時間がかかっている上、作業に使うクレーンの不具合などトラブルが発生。

大幅な遅れは避けられない見通しになっていた。

2号機は使用済み燃料の取り出し計画が確定していない。

1~3号機の原子炉内部で溶け落ちた燃料(デブリ)の取り出し開始時期は、最も早い場合で21年中とする目標を維持した。

政府と東電は13年6月、1、2号機のデブリ取り出し開始時期を1年半早めて20年度上半期とする計画を示していたが、今回の見直しでは触れていない。

(時事通信)

政府や東電が掲げた「原発事故処理計画」なんて、これほど無意味なものはないよね。

どうせインチキ計画なんだから、事故処理には一千年かかるとか言っとけよ。

Samviewrs2

« AIIB参加国の皆さま、ご愁傷様でござい〼 | トップページ | ありがたい友人達 »

原子力事故関連」カテゴリの記事

コメント

福島原発事故の放射線放出が自然になくなる年月まで無理、と告げた方が現実に即しているかもしれませんね

>逃げられない日本人 さま

おはようございます。

核心部も判らず、それが人間も手出しできないのに、なにが原発事故処理目標かと思いますよ。

ロボットでさえ強烈な放射線でつぶれるぐらいですからね。

生身の人間では…。

>逃げられない日本人 さま

今のニッポンに出来る事は、これ以上状況を悪くしない事。
それしかできないと思いますよ。

日本(地球)が存在する限りね・・・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/61731049

この記事へのトラックバック一覧です: 原発事故処理に目標なんて無意味な事だ:

« AIIB参加国の皆さま、ご愁傷様でござい〼 | トップページ | ありがたい友人達 »