« 二兎を追う者は一兎をも得ず | トップページ | 上から目線ねぇ~ »

2015年8月27日 (木)

一億総中流→下流老人???

Cnx9uirveaa1wct高度成長期~バブル期に向かって、一億総中流と言われていた頃に働き盛りだった方々が、老後を迎える時期になって、なぜ「下流老人」と言われるようになってしまったのか?

ワタシ的には疑問でございます。

一部の方々には大変な事情があったと思いますが、大方の人達は一億総中流の恩恵にあずかって謳歌していたはずでございます。

ワタシの世代、52歳~55歳の位の人達も、20代前半~20代後半の若かりし時に、バブルの恩恵にあずかっていた世代でございます。

今になって、ワタシの同世代を見た時、経験上あまりにも差が激しすぎるのですわ。

バブル期、仕事をやればやるだけ収入が増えたあの時期。

E6619782世間の浮ついた情報に流され、収入(給料)を湯水のごとく使ってしまった者と、こんな状態がいつまでも続くものじゃないと、身の丈に応じて程々に遊んで、貯金や運用に回した者。

ワタシの同級生の間でも、その差が歴然なのでございます。

ワタシ、現在52歳でございますが、同級生の中には55歳で仕事を辞めて、あとは自由気ままに生きていくという人。

若い時から収入があったのにもかかわらず、税金(市民税や固定資産税)の支払いをバカにして支払わず、延滞税含めて600万円を超えてしまった人。

腕が良かった為、職人根性が強すぎて、仕事がなくなっても頭を下げる事が出来ずに、結局、50歳近くになってから深夜の派遣労働、その後そこの正社員になってしまった人。(職人の仕事があった頃には、月200万円は稼いでいましたっけ。今では月20万円です。)

ワタシの知っている限りでは、福島原発事故処理への派遣労働者が同級生で3名程います。

福島原発への派遣、手取り日当8000円~12000円だって。

放射線量との関係もあって、週休三日。

**閑話休題**

46ccda3as現在、下流老人と言われるようになってきている所以は、高度成長期やバブル期に老後の事をあまり考えなかった方々が多かったからではないのでしょうかね。

毎年毎年給料が上がっていった高度成長期~バブル期。

老後の資産形成が出来た方々は、もっと多かったはずです。

Tpfmだから若人にも言っておきます。

『過ぎ去った時間は戻らない・・・・・。現在と将来を見据えろ!』

« 二兎を追う者は一兎をも得ず | トップページ | 上から目線ねぇ~ »

独り言」カテゴリの記事

コメント

カミサンの、アッシーくん代わりの運転手はさせられるわ、荷物は全部もたされるわ、その上与えられるこずかいは吐息状態。

カミサンは、人のために動けることはありがたいことだ、などと申しております。

いつのまにか奴隷老人やってます。

>逃げられない日本人 さま

そこまでしっかり者の奥サマでございます。

一生安泰でございますな。笑

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/62164833

この記事へのトラックバック一覧です: 一億総中流→下流老人???:

« 二兎を追う者は一兎をも得ず | トップページ | 上から目線ねぇ~ »