« ワタシは「生かされた」身になりました | トップページ | 中国は日本財界を利用したいだけなのだ »

2015年12月 6日 (日)

何のために大学に行くのか?

世の中にはたくさんの罠が隠されているのであり、多くに人がその罠にかかって苦しみもがいている。マスコミは大企業の味方なので大衆を罠にかかるように誘導する道具なのだ。ネットでいくら警鐘を鳴らしても愚かな大衆は罠にかかって行く。

昔は持ち家神話が作られて、多くの大衆は30年以上のローンを組んで住宅を買ったが、買った住宅やマンションは半値以下に暴落して、巨額な借金だけが残った。現代の奴隷とは債務奴隷の事であり、労働者を借金漬けにして過酷な労働を強いる構造が出来ている。

現代では大学進学神話が作られて、大学を出れば一流企業のサラリーマンになれると幻想をばら撒いたが、今では4割が非正規社員であり、非正規社員になるために大学に進学する意味は無い。非正規社員の年収は正規社員の半額であり一生では1億円の差がつく。

以前では大卒と高卒の生涯賃金格差が1億円あった時代がありましたが、それは過去のデーターであり、大卒の非正規社員と高卒の正規社員では生涯賃金では大逆転してしまう計算だ。高卒でも出来る仕事を大卒から採用するのは、高卒ではいろいろと面接など採用に制約があり、大学の新卒が採用で一番楽だからだそうです。

親に経済力があり親も本人も進学を希望しているのならば問題は無い。しかし400~700万円もの奨学金を借りてまで大学に行くメリットが何処にあるのだろうか? 奨学金と言っても利息を付けて返済しなければならない単なる借金であり、その取り立てが厳しくなってきている。

学生アルバイトと言う言葉があるように、アルバイトで学費を稼ぎながら大学に行く事も以前は可能でしたが、大学の学費は年々高くなる一方であり、私立の文系でも毎年100万円もかかるようになった。生活費も含めればとてもアルバイトでは足りない。

もし、高卒で就職して4年間の収入合計を1000万円とすれば、その差は1400万円~1700万円であり負担の差は歴然としている。そして就職に失敗したら奨学金は返せなくなり社会問題化している。奨学金の本来の目的は成績優秀な学生の返済の義務のない奨励金だったのですが、金融業者が勝手にローンを奨学金と言っているだけだ。

「大学全入時代」「会社に入れば一生安泰」と言うのは幻想であり半数以上が非正規労働者か派遣労働者になって行く。正社員で就職できても3年以内に3割以上が退職してしまう。いったん退職すれば再就職口は非正規か派遣しかないでしょう。そうなると奨学金の返済は厳しくなる。

このように考えれば奨学金を借りてまでして大学に進学する事はリスクが大きく、奨学金を3か月滞納すればブラックリストに載ってしまってカードすら作れなくなる。このような仕組みで得をするのは金融業者であり大学の経営者と大学教授たちだ。

若年人口が減っているのに大学は増え続けていますが、AO入試で無試験で大学に入れるようになり、大卒のブランドは地に落ちてしまった。大学を卒業して就職したら親に仕送りをするなどといった事は神話となり、奨学金の返済に追われる。

奨学金の利用者には女子大生もおり、奨学金返済の為に風俗業で働くと言った本末転倒した現象も起きており、現役女子大生のAV出演や風俗嬢は珍しくも無くなった。一番腐敗堕落しているのが大学であり、経営の為ならなりふり構わぬ状況であり、大学生のレベルは下がる一方だ。


半数の大学生が奨学金を利用しているそうですが、奨学金を利用してまで行く価値のある大学は数校しかない。Fラン大学はレジャーランドであり大事な4年間を無為に過ごすようなものだ。まさにFラン大学は引き籠り養成学校であり、社会に適応できない大学生を量産しているのだ。

(株式日記)

ワタシが学生だった30年前くらいは、大学(学力)至上主義が蔓延し、それが普通であって、良い大学に入って大企業に就職すれば一生安泰と言われた時代でした。

しかし今は、そういった事は一切なく、今必要とされているのは、企業(職場)においての即戦力。

中途半端な新卒は不要な時代なのです。

それでも奨学金を貰ってまで大学に行く。

3a463051入学した後は、サークルやバイトに明け暮れ、最低レベルでも単位を取って卒業出来ればイイって感じ。

学力向上を狙って大学入学を目指す人は、ごく少数でしょうね。

『まずは大学生活をエンジョイしたい・・・』こういった人が大多数だと思いますよ。

そういった学生達に、企業は即戦力を求めるまでもなく、不要な時代になった認識が強いと思いますね。

Imgb6cadbf6zik4zj今の大学生には、即戦力になりえる努力を大学でしてほしいと思いますよ。

即戦力になりえない大学生なら、即戦力を持った専門学校や高校生の方が、企業は欲しがる時代になってきていると思いますよ。

« ワタシは「生かされた」身になりました | トップページ | 中国は日本財界を利用したいだけなのだ »

独り言」カテゴリの記事

コメント

身分保証有り、4年間パスポート付きのレジャーランドと夢を抱いている高校生も多いのでは…。

しかし、入場料が高いということには無頓着。

まれに蛍雪時代的な純粋な苦学生もいると思いますが。

>逃げられない日本人 さま

親が入場無料のパスポートを用意してくれるんですから、楽しみ放題なのかもしれませんね。

奨学金もらっても、そういった学生が多々見受けられるようです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/62819998

この記事へのトラックバック一覧です: 何のために大学に行くのか?:

« ワタシは「生かされた」身になりました | トップページ | 中国は日本財界を利用したいだけなのだ »