« 太陽光フェスティバル終了~ | トップページ | この1年を振り返る »

2015年12月19日 (土)

価格破壊の永代供養バカか・・・・・

価格破壊が進む永代供養墓 イオン3万5000円など続々登場

 少子化が進み、「お墓を継いでくれる人がいない」「子供に負担をかけたくない」という悩みを持つ人が増えている。そんなニーズに応えるのが“価格破壊”の進む永代供養墓だ。永代供養墓は個人墓より安く供養できることが魅力だが、近年はさらなる「価格破壊」が起きている。

 低料金化と全国展開を進めているのがイオン、ユニクエスト・オンライン、みんれび、といった墓業界に新規参入した事業者だ。

 先鞭をつけたのはイオン。宗旨・宗派を問わずに永代供養してくれる合祀墓を紹介するサービスを2013年9月にスタートさせた。埋葬料、永代使用料、永代供養料、永代管理料などすべて含めて3万5000円で済む。

 現在、11都府県の21の寺院や霊園でサービスを展開している。さらに、同社が展開する「イオンのお葬式」を使って葬儀を行なえば、永代供養がさらに5000円割引の3万円となる。

 イオンに続いてユニクエストが5万5000円、みんれびが3万5000円という価格でサービス提供を開始。ユニクエストもイオンと同様に、自社の葬儀プラン「小さなお葬式」を利用したユーザーは永代供養が5000円割引となる料金体系になっている。

 3社とも追加で発生する費用はなく、お布施も不要だという。3社の価格設定を比べるとユニクエストが2万円高いが、遺骨を受け入れる永代供養墓のある提携寺院は全国60か所あり、イオン(21か所)、みんれび(7か所)を大きく上回る。ユニクエストの企画開発部メディア制作課・仲野直紀氏はこう説明する。

「もともと弊社は定額の葬儀サービスを提供していましたが、お客様から“永代供養はないのか”という声を数多くいただき、参入を決めました。

 少子化が進み、菩提寺とのつながりも薄れたことで、お墓の管理が難しくなってきています。年1回しかお参りしないのであれば、信頼できるご住職に丁寧に供養してもらった方がいいという考え方が浸透し始めていて、そうしたニーズに応えたいと考えています」

 同社のサービスでは、僧侶が年1回以上読経して供養する。宗旨・宗派が問われることはなく、年間管理費なども不要だ。

(週刊ポスト)

永代供養バカか・・・・・・

永代供養墓と書かずに、あえて永代供養バカと書かせていただいております。

永代供養バカも、最初はお寺さんが檀家離れや墓の移転などを食い止めるために、出入りの石材店としては、建墓数が少なくなっていくお寺さんから、少しでもお金儲けできるようにと始めた事業のようなモンやね。

最初は「イイ感じ」ってな お寺さんと出入りの石材店。

2654しか~し、最近になって大手が参入してくると、「住職の女遊びが奥さんにばれてしまった時のように真っ青な顔」ですわ。笑

冗談はさておき(冗談でないけど・猛爆!)、ワタシ的には¥35,000や¥50,000くらいのお金で、己のお骨をアチコチに託したくはないっすね。

俺が生きた証(お骨)が、一か月の食費と同じってか?

嫌だねぇ~ワタシは!

反感を買うのを覚悟で書けば、「まともなお墓(高価って意味ではないよ)も建てられない家柄に成功した人はいない傾向が高確率である」って事は、経験上、間違いのない事実ですな。

地元にしっかりと根ざして生きてきた方や(事業)成功者のお墓をごらんなさいな。

***お断り***

反感メールや誹謗中傷メールは一切お断りいたします。

嫌な思いをされた方には、お詫びいたします。

そして、このブログを今後見ないようにしてくださいませ。

589

« 太陽光フェスティバル終了~ | トップページ | この1年を振り返る »

独り言」カテゴリの記事

コメント

はかない人生ってのは、やはりはかないもんです。

>逃げられない日本人 さま

テレビで「墓じまい」や「樹木葬」だのって、センセーショナルに扱って、それに乗せられる一般ピープルって事ですわ。

”みのもんた”の番組で「バナナが体にイイ・・・」と言えば、その夕方からスーパーマーケットにバナナがなくなるという、マスメディアに踊らされる事象と同じです。

きっと後悔する時が来るでしょうね。
だって、『己のお骨』が一か月分の食費と同じなんですから・・・・・。

本ブログを拝読して、長寿庵の御奉仕から外された訳がよくわかりました。
貴殿のような方がなぜ突然参拝日に不在になったのか不思議に感じていましたが、元々阿闍梨さんのお世話をするには無理があったようですね。

>しん さま

こんばんわ。

そういったメールは、あらかじめお断りしていたのですが、やっぱり出ましたね。

事情も知らぬ者に、何事言われる筋合いはございません。

そうですね、ワタシには特別の存在の酒井阿闍梨でしたから、お世話するのには無理があったのかもしれませんね。

まぁ、ワタシは「人の金に群がる輩とは違っていた」だけ良かったと思いますがね・・・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/62899138

この記事へのトラックバック一覧です: 価格破壊の永代供養バカか・・・・・:

« 太陽光フェスティバル終了~ | トップページ | この1年を振り返る »