« 今や日本に安全な所はないのだ! | トップページ | 最近、腹を抱えて笑えた事 »

2016年1月15日 (金)

正直者がバカをみる時代か?

溶けたカツ、再び冷凍か=廃棄品転売の業者―壱番屋回収

カレー店「CoCo壱番屋」を展開する壱番屋(愛知県一宮市)が廃棄した冷凍ビーフカツが横流しされた事件で、スーパーなどで販売されたカツは、溶けた後に再冷凍された疑いが強いことが15日、壱番屋の調べで分かった。

現時点で食べた人の健康被害は確認されていないが、愛知県などは購入した消費者に食べないよう呼び掛けるとともに、経緯の解明を急いでいる。

壱番屋は問題発覚後、転売されたカツを販売していた名古屋市内などのスーパーで売れ残っていた約300枚を回収。

調べたところ、常温で廃棄業者に渡したはずなのに冷凍されており、パン粉や霜の状態が悪化していたという。

いったん溶けたカツが転売の過程で再冷凍された疑いが強く、同社担当者は「長時間常温のままだったとすれば、食べたお客が健康を害するかもしれない」と話している。

壱番屋は昨年10月、合成樹脂が混入した恐れのある冷凍ビーフカツ約4万枚を産業廃棄物処理会社「ダイコー」(愛知県稲沢市)に引き渡し、処分を委託した。

しかし、ダイコーは製麺業「みのりフーズ」(岐阜県羽島市)に転売。愛知県のスーパーや精肉店などで売られているのが今月になって発覚し、冷凍チキンカツも流出したことが分かった。

壱番屋は他にロースカツ、メンチカツ、ナポリタンソース、ラーメンスープの処分をダイコーに委託。

これらも転売された可能性があるとみて、消費者に注意を呼び掛けている。

(時事通信)

カレー店「CoCo壱番屋」も、えらい迷惑な話やね。

13自分のお店は一切悪い事してないのに、何につけても『カレー店「CoCo壱番屋」の・・・・問題』と言われてしまうんですからね。

ホント可哀想だよ。

真面目にやっている者ほどバカをみる世の中。

正直者がバカをみるってか?

ワタシも、世も末と思いながらも、本当の心の中の供養を望むお客様に、良いお墓をお届けする為に、何でも良かれの中国墓石(中には優良もアリ)とは一線を画す、純国産墓石卸専門の隙間商売に徹しております。

Nandakorya中国墓石のカラクリは申しますまい。

また、くだらない事をいう輩が現れますからww

だって、正直者はバカをみてしまうんですものぉ~猛爆!

« 今や日本に安全な所はないのだ! | トップページ | 最近、腹を抱えて笑えた事 »

独り言」カテゴリの記事

コメント

ダイコーの悪質転売、カツアゲよりまだたち悪いですね。

50年は免許取り消しにすべきです。

>逃げられない日本人 さま

日本国内も荒んできた証拠でございますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/63071286

この記事へのトラックバック一覧です: 正直者がバカをみる時代か?:

« 今や日本に安全な所はないのだ! | トップページ | 最近、腹を抱えて笑えた事 »