« ワイハにANAのA380で行きたい! | トップページ | ポルシェ・マカンSの高速走行をしてみた »

2016年3月20日 (日)

お彼岸に思ふ

ワタシの祖父も石材卸業をしておりました。

初代は静岡県浜松市で材木商をしていたようです。

商売としてはワタシで4代目となります。

祖父は信心深い人でもあり、詩人でもあり、地元石材業の発展に尽力した尊敬する祖父なのです。

Img_948530菩提寺には昭和45年に寄進した鐘撞堂と梵鐘が、今でも菩提寺に残っています。

その梵鐘には詩人らしく、自身の詩が刻まれております。

当時の除幕式?開眼式?の時のワタシは8歳。

ただただ式典後のバヤリースのオレンジジュースが飲みたいが為に、参列した思い出が残っております。

Img_949030今日しみじみ梵鐘を見てみると、自身の詩を梵鐘に刻むなんて粋だったなぁ~と思いましたよ。

そういった性格は似るものなんでございましょうかね。笑

Pa08003330ワタシも比較的、信心深い方に属している(と思う)ので、数年前に比叡山飯室谷の長寿院に不動明王を寄進させていただきました。

当然、使用した石材は、当社採掘の真壁石青小目”極青”でございます。

そして、不動明王の大きさは酒井雄哉大阿闍梨の身長に合わせております。

そんなところにこだわりたいのが、ワタシの性格なんですよね。

日本の石彫の仏師にお願いして作成していただきました。

祖父の梵鐘も、この先数十年、百年と残っていく事でしょう。

ワタシの寄進した比叡山飯室谷の石彫不動明王も百年、数百年と残っていってほしいものですね。

« ワイハにANAのA380で行きたい! | トップページ | ポルシェ・マカンSの高速走行をしてみた »

独り言」カテゴリの記事

コメント

崇高な心のこもった、後世に残る寄進、素晴らしいこと、この上ありません。

>逃げられない日本人 さま

おはようございます。

ワタシ的には崇高というよりは、感謝の気持ちを形にしたものなんですよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/63371464

この記事へのトラックバック一覧です: お彼岸に思ふ:

« ワイハにANAのA380で行きたい! | トップページ | ポルシェ・マカンSの高速走行をしてみた »