« お彼岸に思ふ | トップページ | 暴走老人の道を間違えてはイカン! »

2016年3月21日 (月)

ポルシェ・マカンSの高速走行をしてみた

==今回は趣味(ポルシェ)のネタですから、興味のない方は読み飛ばしてくださいませ。==

Img_933250最近購入したポルシェ・マカンS。

もう少しで走行3000キロになるので、高速道路に車両を持ち込んで高速走行をしてみたり、オートクルーズ機能を操作したりしてみまスタ。

ETCレーンを抜けて、小さいインターチェンジなので、やや急なカーブを抜けて本線に合流デス。

本線合流前のカーブを比較的早いペースで加速していったのですが、SUVの車両にもかかわらず、車両の傾き感が全然ないんですわ。

これには驚きですね。

ポルシェSUVの足回りの仕上げの良さに感激でございます。

本線に合流してからの本気の加速(60キロ→本気の速度)に関しても、ツインターボのターボ感を感じさせることなく、加速していきます。

加速時の音量も、スポーツエグゾーストは付けていないのですが、やや大きめの太めのイイ音量で、やはりSUVであってもポルシェに乗っているんだなぁ~と感じるんですよね。

Img_950030装着ホイールは19インチ(標準は18インチ)、21インチまであるのです。

ワタシ的には19インチあたりが最適かと思います。

19インチでも腰高(SUVなんだから常識なんだけど・・・・・)に感じてしまう方は、20インチくらいまででしょうね。

21インチのホイールの必要性はないと思われ・・・・・。

問題アリはただ一つ。

車重があるせいなのか?シフトダウン時のエンジンブレーキがほとんど効きません。

そこは世界屈指のポルシェのブレーキがモノをいうようです。

ガッツリとブレーキが効いてくれます。

Img_949530SUVと割り切ってマカンSに乗る。

スポーツカーと割り切って991カレラに乗る。

その心の割り切りが出来れば、この2台は最高の愛人になると思われ・・・・・。

« お彼岸に思ふ | トップページ | 暴走老人の道を間違えてはイカン! »

趣味」カテゴリの記事

コメント

シフトダウンでエンジンブレーキがきかない感じということは、体感としてシフトダウンしても走行がスムーズでガクンとこないという感じなんですかね。

>逃げられない日本人 さま

そんな感じでしょうか。

とにかくブレーキの効きに関しては、世界トップレベルですね。

若い頃スカイラインGTターボ、に乗っていましたが、ターボのかかりはじめが不自然で安定走行しにくい車でした。

おまけにブレーキが甘く、ヒヤヒヤして乗っていました。

ブレーキのききの悪い甘い車は、本当に怖いです。

なので車間距離をいつもかなりあけていました。

トヨタに変えてからブレーキの心配感はなくなりました。

ポルシェのブレーキも体感してみたいものです。

>逃げられない日本人 さま

こんばんわ!

昔のターボはドッカンターボでしたからねぇ~

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/63377209

この記事へのトラックバック一覧です: ポルシェ・マカンSの高速走行をしてみた:

« お彼岸に思ふ | トップページ | 暴走老人の道を間違えてはイカン! »