« 今回の熊本地震は長引きそうやね | トップページ | テレビに受信障害アリ »

2016年4月17日 (日)

首都圏で大地震が起きたら修羅場と化す!

熊本地震、次々誘発か 大分へ震源移動、専門家の見解は

 14日夜に熊本県益城町で震度7を観測したマグニチュード(M)6・5(暫定値)に続き、16日未明に起きたM7・3の「本震」。同県阿蘇地方や大分県でも地震が起きている。何が起きているのか。

 16日未明のM7・3の地震が14日のM6・5の地震の余震が起きている地域で起きていることから、政府の地震調査委員長の平田直・東京大地震研究所教授は「14日の地震が今回の前震だったとする気象庁の見解の通りだと思う」と説明。

 山岡耕春・名古屋大学地震火山研究センター教授は「14日の地震に誘発され、16日の未明の地震など新たな地震が次々に起きているとみるべきだ」と指摘する。「余震も14日までの地震に比べて北東側に広がっているようにみえる」と話す。

 大分県にも広がっていることについて平田教授は「16日未明のM7・3の地震に刺激されて、元々地震が起きやすい状態のところで誘発された可能性がある」と分析する。

 こうした広がりについて、国土地理院の宇根寛・地理地殻活動研究センター長は、日本列島の地殻変動を分析。「14日のM6・5の地震は日奈久(ひなぐ)断層が動いたという要素が大きいが、今回は既存の布田川(ふたがわ)断層が右横ずれを起こしたことでデータは説明できる」と話す。

 気象庁は、16日午前1時27分、有明・八代海沿岸に津波注意報を出したが、同2時14分に解除した。気象庁によると、津波は観測されなかった。注意報を出した理由について「M7・3ぐらいの規模の地震が発生すると、海の方まで断層が伸びている可能性があるので、注意を呼びかけた」と説明している。

(朝日新聞デジタル)

今回の大震災で、お亡くなりになった方々のご冥福をお祈りいたします。

そして、被災された方々に心よりお見舞申し上げます。

***************************

長期にわたる大きな余震活動が続いていますね。

それに加え、依然として避難所をはじめ、食料品・生活用品の支援が一切追いついていない状況が今だ続いていますし、電気やガスのライフライン・医療施設もほぼ機能していない状況です。

もっと何とかならないのかと、歯がゆい気持ちでテレビを見ております。

この状況、熊本県と大分県を中心の被災です。

この2県合わせて、人口にして約360万人の場所での被災でございます。

そして今後、必ずやってくるであろう東京直下型地震

いわゆる首都圏を中心とした大地震でございます。

東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県で約3500万人の人口でございます。

だいたい熊本県・大分県の人口の約10倍でございます!!

そこで直下型大地震が起きたと想像してみてください。

242424ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ

10日間くらいの自己サバイバルが必要になってくるでしょね。

首都圏に近い方ほど、多めの備蓄が必要と思われ・・・・・。

« 今回の熊本地震は長引きそうやね | トップページ | テレビに受信障害アリ »

地震予知関連」カテゴリの記事

コメント

震度4以上が80回以上、震度3.5以上が180回は強烈ですね。

この繰り返しの揺れ 首都圏、原発付近、揺らされると、大変な事態になりますね。

>逃げられない日本人 さま

隣国まで行っておりました。

いまだにに揺れ続ける熊本・大分地方。

この先に何が起こるのか・・・・?

尋常でない感じがしています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/63497564

この記事へのトラックバック一覧です: 首都圏で大地震が起きたら修羅場と化す!:

« 今回の熊本地震は長引きそうやね | トップページ | テレビに受信障害アリ »