« チェルノブイリ原発事故 VS 福島第一原発事故 | トップページ | 爺さまのシミ取り »

2016年4月27日 (水)

パナマ文書、絞れるだけ絞り取ってやれ!!

パナマ文書、5月10日に法人の実名公表 日本企業名も

いわゆる「パナマ文書」に記載されていたタックスヘイブン=租税回避地の法人の実名や関連する個人名が、来月10日に公表されることになりました。

ICIJ=国際調査報道ジャーナリスト連合は、日本時間の来月10日午前3時、「パナマ文書」の調査対象となっている20万社以上の情報をデータベース化し、公開するということです。

香港やアメリカ・ラスベガスなど、21の租税回避地に設立された法人や財団、ファンドの実名や個人名が公表される見込みで、日本企業も多数含まれるものとみられています。

(TBS)

租税回避、合法だろうがグレーゾーンだろうが、法律を改正しても税金を徴収べきだね。

10年くらいに遡って、本来、日本国で徴収すべき税金を徴収する。

コレくらい当たり前の話でしょ。

個人の相続税や中小企業程度に税務署が税金逃れを調べるより、金融庁はじめ税務署関係総力をあげて、租税回避している企業や個人を徹底的に調べ上げ、追徴課税を含め、みっちりと税金を納めさせるべきだね。

その方が、数万倍も税逃れの税収が上がるでしょうよww

4b8f7114国家がそこまでやれる器量があるなら、ニッポンを認めてあげてもいいよ。

どうせ大企業や資産家の為の国家運営のニッポンだから無理だろうけどね。

期待せずに期待してるよww

« チェルノブイリ原発事故 VS 福島第一原発事故 | トップページ | 爺さまのシミ取り »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

こう言う巨額の抜け穴は、許せませんねぇ。

>逃げられない日本人 さま

取りやすいところからとる。
だから許せんのです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/63546013

この記事へのトラックバック一覧です: パナマ文書、絞れるだけ絞り取ってやれ!!:

« チェルノブイリ原発事故 VS 福島第一原発事故 | トップページ | 爺さまのシミ取り »