« 麻生氏の話にも一理ある。 | トップページ | 対案のない野党に勝てる訳も理由もない »

2016年6月23日 (木)

福島原発事故当時、民主党政権でなければ・・・・・

炉心溶融の言葉使わぬよう指示、隠蔽と認める 東電社長

 東京電力福島第一原発事故で炉心溶融(メルトダウン)の公表が遅れた問題で、広瀬直己社長は21日、当時の社長が炉心溶融という言葉を使わないよう社内に指示していたことについて隠蔽(いんぺい)と認め、謝罪した。東電の第三者検証委員会が指摘した「官邸の指示」については追加調査しないという。その上で、新潟県に「炉心溶融の定義はない」などと誤った回答をしたとして、広瀬社長を減給10%(1カ月)とするなどの処分を発表した。

 東電は、当時の清水正孝社長が指示したことは「社会の皆様の立場に立てば隠蔽と捉えられるのは当然」と発表。広瀬社長は会見で個人の見解を問われ、「隠蔽です」と認めた。その上で、情報発信を社長に直接提言することや、外部からの圧力があっても事実を公表できるよう訓練するといった再発防止策を発表した。

 元社長が指示した理由について、東電の第三者委は16日、「元社長が官邸側から要請を受けたと理解していたと推認される」とする報告書を発表し、菅直人元首相らが「指示したことはない」と否定している。

 また、広瀬社長はこうした「要請」の経緯について、東電として調査する考えがないことを明らかにした。「圧力に左右されない対策を取ることが重要だ」と判断したという。

 炉心溶融の公表遅れをめぐっては、新潟県が2012年から調査を求め、東電は今年2月、「炉心の損傷が5%を超えた場合は炉心溶融とする」との判断基準がマニュアルに明記されていたと公表した。

(朝日新聞)

97655あの時、民主党政権でなかったら、隠蔽することなく日本国民が事の重大さ、深刻さをワレワレ国民が認識できたかもしれません。

民主党は、メルトダウンの隠蔽だけでなく、放射性汚染物質の汚染の方向や時間、推測される推測量まで把握してた事でしょうね。

あの隠蔽さえなかったら、事故現場周辺に住まう方々も、もっと違う避難の仕方や対処方法もあったでしょう。

そして今までの5年間で、違う生き方を選択できた方もいらっしゃることでしょう。

35665それを全てぶち壊したのが民主党(現 民進党)ですよ。

「だたちに影響を及ぼす状況にない」の繰り返し・・・・・。

政権担当能力のない政党が、政権を持ったことによる日本最大の悲劇でございますな。

« 麻生氏の話にも一理ある。 | トップページ | 対案のない野党に勝てる訳も理由もない »

原子力事故関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/63819396

この記事へのトラックバック一覧です: 福島原発事故当時、民主党政権でなければ・・・・・:

« 麻生氏の話にも一理ある。 | トップページ | 対案のない野党に勝てる訳も理由もない »