« 福島第一の停電、子供の夏休みの工作レベルか?? | トップページ | 体感メモ »

2016年7月 1日 (金)

大学生奨学金返済の苦悩に思ふ

神田うのが奨学金で苦しむ若者を疑問視「がんばれば返済できそうですけど」

30日放送の「ノンストップ!」(フジテレビ系)で神田うのが、奨学金を返済できない若者を疑問視する一幕があった。

番組の「あなたの知らないセケン」のコーナーでは、「若者が破産…“奨学金制度”のゲンジツ」と題し、この10年間で奨学金の返済を滞納し、訴訟を起こされる若者が約87倍に急増しているという奨学金制度の問題を取り上げた。

再現VTRでは、実家暮らしだった私立大学生の山下さん(仮名・22歳)の事例を紹介した。月8万円の奨学金は学費や生活費にあてていたそうで、大学卒業後は就職し、東京でひとり暮らしをはじめた。卒業してから半年後、月々1万6168円の奨学金の返済がはじまったのだという。

しかし、次第に返済が滞り、会社にまで催促の電話がかかるようになった。そして、返済が滞ってから9カ月後、裁判所から督促状が届いてしまったというのだ。

VTR後、神田は「甘くみてますよね。だって借りてるワケだから、ちゃんとお返ししないと」とコメント。山下さんの場合、返済総額が388万457円(利子込み)で、これを20年かけて返済する計画だったという。

月々1万6千円ほどの返済について、渡辺和洋アナウンサーが「少しがんばれば返せるんじゃないか?と感じる金額でもあると思う」と語ると、すかさず神田は「ねぇ~!月々8万円も借りてたワケだから。それが1万6000円、20年やればいいんでしょ?できそうですけどね、がんばれば」とコメント。

ここで渡辺アナが「なぜ返済が滞ってしまうのか?」と進行するが、神田は「飲みに行かなければいいんだ! 飲み代を削ろう!」と、進行を遮ってコメントを続けた。

(トピックニュース)

『楽あれば苦あり、苦あれば楽あり、ギターの音色はクロードチアリ』と申します。

大学に入学する時に奨学金を借りるって事は、のちに自分で返済しなければならないって事くらいは判って判ってたんでしょ。

100お金を借りてまで勉学に励まなくてはならない時に何してたん?

スキル磨いて、少しでも稼げる能力を身につける時とちゃうの?

『楽あれば苦あり、苦あれば楽あり、ギターの音色はクロードチアリ』

ワタシ的経験で言えば、一生の中で・・・・

『楽は20%そして苦は80%』

世の中それくらいの感じでしょうね。

3a463051若い時に『楽』を使ってしまうと、年を追うごとに『苦』だけが残ってしまいます。

そして、『いつまでもあると思うな親と金』

『苦』ばかりが残ってしまった頃には、『親と金(親の金)』はありませんよ。

そうならない為にも、若い時に『苦』をたくさん使ってくださいな。

そうすれば晩年に向かって『楽』な時間が比較的多く残ると思いますよ。

判るかい?

若人よ!

« 福島第一の停電、子供の夏休みの工作レベルか?? | トップページ | 体感メモ »

独り言」カテゴリの記事

コメント

神田うのさんに一票です。

>逃げられない日本人 さま

おはようございます!

借りたら返す。
コレ、当たり前のことでございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/63854960

この記事へのトラックバック一覧です: 大学生奨学金返済の苦悩に思ふ:

« 福島第一の停電、子供の夏休みの工作レベルか?? | トップページ | 体感メモ »