« 酒井阿闍梨さんとの想い出の「ラッキョウ漬」 | トップページ | 10億円を無駄に使うな!! »

2016年8月 7日 (日)

中国は何から攻めてくる?

日中:本格的対立へ発展の可能性

軍事訓練を受けている漁民が乗り組んでいると見られる中国漁船約230隻と中国中国海警局の公船6隻(内3隻は機関砲装備)が、尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺の接続水域を航行しているのを確認したと外務省は発表していますが、これだけの漁船が集結したのは、1978年4月以来とされており、極めて異例の事態となっています。

これは中国が本格的に日本との関係を遮断してくると見て間違いなく、日中関係が極めて厳しい状態になったことを意味しています。

日本にとり中国はなくてはならない存在ですが、その中国が本気で日本との関係を遮断する動きをしてきたことは今後日本経済にとり、かなり厳しい状況になることを意味しています。

今後ロシア・アメリカとの関係も含め、安倍政権が吹き飛ぶこともあり得る事態となっていると言えます。

(Nevada)

中国の傍若無人ぶりは留まる事を知らず、アジアや東南アジア周辺に対してやりたい放題でございます。

ニッポンも例外でなく、こんな状態下であっても『平和ボケ』のニッポン人が多いことに驚きます。

ワタシは仕事柄、訪中する機会も多いのでございます。

中国国民でさえ、「禁句」(言ったら自分の身が危険にさらされる)があるのですよ。

『チベット関係』(これは軽い)であったり、ここでは書けない「禁句」がけっこうあるのです。

それが公安に知れたら、自分がどうなるか知っているから・・・・・。

14538182811_2あの国家は、「人の命はとても軽い」ものなのですよ。

自国民であってもそうなんだから、他国民はどうよ。

 ゴミ以下でしかないと思いますよ。

経済制裁(関税強化、入国出国が厳しくなる)くらいならまだしもね。

D43a6df0そういった集団が、日本国の尖閣を虎視眈々と狙っているのですよ。

それが判らずに『平和ボケ』ツイートの多い事多い事。

本土にミサイルでも着弾しないと、『平和ボケ』は治らんのでしょうね。

« 酒井阿闍梨さんとの想い出の「ラッキョウ漬」 | トップページ | 10億円を無駄に使うな!! »

中国」カテゴリの記事

コメント

戦後からの平和は憲法9条だけで守れているわけではありませんね。
アメリカの傘下での平和。中国がまだ非力であった。ことなど。…
日本共産党も民進党も忘れてはいけないと思います。

>逃げられない日本人 さま

急激にアジア周辺は動き始まっています。

危険な兆候ですよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/64023784

この記事へのトラックバック一覧です: 中国は何から攻めてくる?:

« 酒井阿闍梨さんとの想い出の「ラッキョウ漬」 | トップページ | 10億円を無駄に使うな!! »