« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月

2016年10月31日 (月)

今どき このような娘さんがいるとは・・・・。感動!

<乃木坂46・橋本奈々未>引退決意は弟の学費にめど、母から感謝の手紙も バナナマンに涙で報告 結婚は否定

 アイドルグループ「乃木坂46」からのの卒業と芸能界引退を発表した橋本奈々未さんが、30日深夜のバラエティー番組「乃木坂工事中」(テレビ東京)で、司会のお笑いコンビ「バナナマン」へ卒業・引退を報告した。

橋本さんはアイドルになった目的を弟の学費など「本当にお金だった」と明かし、引退を決意したのは、弟が大学に入学し、母から「無理しないで、好きなことをしてください」と手紙をもらったことがきっかけだったと告白した。

***中略***       

 さらに設楽統さんが「自分の中でここまで成し遂げたから卒業みたいなものがあるの?」と質問すると、橋本さんは「元々入ったのが本当にお金だった。めっちゃ貧乏で、水道止まる、ガス止まる、みたいな。

私は一人目だったから、学校とか行かせてもらったので、弟まで回るのか、弟、男の子だったので、何とかしなきゃって思って、この年齢で模索しているところでこの道があった」と思わず涙をこぼした

。設楽さんが「めどがついたの?」と聞くと、橋本さんが「弟も大学ちゃんといけて、彼も頑張ってくれて、学費免除になった。あと4年あるけど勉強頑張れば大丈夫になった。

それで母親から、『いまままでごめんね。無理しないで、好きなことをしてください。弟も自立してくれるようになったし、私も私で生活できるから』という手紙が来て」と告白した。

***後略***

(まんたんウェブ)

30shiawaseha今どき、このような健気な娘さんがいるとは・・・・。

素晴らしい娘さんですね。

そして、これからは自分自身の道を歩いていく・・・・。

偉いねぇ~

芸能界で生きていける人なんて、ほんの一握りでしょう。

そういったところに身を置くより、自分自身で生きていける道を探すのが賢明でしょう。

ワタシもそうなんですが、自己中心的な人間が多い今のニッポン。

このような娘さんの話を聞くと、心がホッとしますな。

チト自己反省。

2016年10月30日 (日)

地場産業『石の街 真壁』壊滅!

本日、同業&同級生&悪友でもある友達と、水戸まで昼食を食べに行ってきたのデス。

食事の帰りに、石材業を地場産業として栄えてきた真壁を中心とした地区を見て回ってきたのデス。

稲田地区(石材団地~採掘場付近)→岩瀬地区→大和地区→真壁まで。

5b66710fいやぁ~悲惨でございますなぁ~

まさに悲惨としか言いようのない状況でございます。

倒産や廃業した工場跡地がたくさん見てとれました。

地場産業ってのは、その場所(地場)でモノ作りをして初めて地場産業と言うのですよね。

とても地場産業と言えるような状況にない悲惨極まりない現状でございます。

まぁ~中国の箱物墓石取り扱いがメインなんだから、中国墓石が入ってきた時点で地場産業とは言えなくなってしまったんですけどね。

いくら腕の良い職人であろうが、一級技能士であろうが、伝統工芸士であろうが、地場でモノ作りの仕事がなければ良い腕も宝の持ち腐れ、技能士・工芸士の免状があっても、ただの紙キレですわ。

Tumblr_krhl24n99p1qzh6r6o1_500墓石自体を必要と感じない世代が増えている現実。

極々少数の方々は、お墓は必須であるとお考えになる方もいる事はいます。

極々少数の需要しかない業界に未来はありません。

どこの親方(石材店社長)も、『倅には跡は継がせない』と言う気持ちも理解できるってモンですよ。

残念無念!!

2016年10月27日 (木)

ワタシも暴走老人ですが何か?

キレる高齢者が急増中 暴走老人なぜ生まれるのか 宇都宮自爆男「秋葉原のような事件を」

 宇都宮市の宇都宮城址公園周辺で起きた連続爆発事件。自殺したとみられる元自衛官、栗原敏勝容疑者(72)は事件前、ネットに「秋葉原無差別殺傷事件のような事件を起こしたい」との趣旨の書き込みを行うなど、暴走ぶりを見せていた。専門家は、社会と自分が置かれた環境のギャップを埋められず鬱積した状況をため込みやすい現代は、“暴走老人”を生み出しやすい構造にあると指摘する。

 栗原容疑者は自衛隊を約17年前に退官後、パソコンの扱いにも慣れ、趣味のカメラに熱中する姿などが目撃されていた。一方で孤独を深めていった様子も浮かび上がる。

***中略***

 落ち着きを取り戻したようにみえていた矢先、事件は起きた。

 年を重ねて経験を積み、精神的なゆとりを持つ人が多い一方で、高齢者が突然キレ、事件を起こすケースは後を絶たない。

***中略***

 キレる老人の背景には何があるのか。

 筑波大教授で犯罪社会学が専門の土井隆義氏は「日本の高度経済成長期に、イケイケ、ドンドンと欲望をあおられ、前進してきた世代は、今もかつてのメンタリティーを持ち続けているが、すでに定年退職もして活躍の場がない。社会と自分の置かれた状況とのギャップに苦しめられ、もんもんとした心理に陥りやすい」と語る。

 一昔前の社会では、地域社会や家族が「もう定年なんだから」とか「ゆっくりしてなよ」と高齢者をクールダウンしてくれる場面があった。だが、現代はそのつながりも希薄になって高齢者が孤立化し、鬱積した状況が生まれやすいという。

 「今の時代は相手と言葉でコミュニケーションを図るのが当たり前となったが、多くを語らない職人かたぎの人は、いったん対人関係などでつまずくと、暴発へとつながる時限爆弾を抱えやすくなる」(土井氏)

 暴走老人を生み出す素地は、社会の中に生まれているようだ。

(ZAKZAK)

ワタシも『暴走老人』でございますが、あまりキレるって事はありませんねぇ~

社会的孤立をしたくなければ、地域のボランティア活動でもいいし、シルバー人材センターでもいいし、何かしら働ける状況下にあれば短時間でも働けばいい。

職を選ばなければ、いくらでも仕事はありますわな。

TpfmTwitter上でも暇を持て余した『暴走老人』予備軍とでも申しましょうか、朝から晩まで毎日毎日、今の世の中を斬りまくっている老人の方がたくさんいらっしゃいます。

表に出て散歩でもした方が、よほど本人の為になるんだけどな・・・・・。と思いますよ。

 閑話休題

『暴走老人』のワタシにも将来の夢がございます。

Main_animation2xほぼボランティアでの「幼稚園のバスの運転手」。

子供達の元気な声を聴いているだけで、生きるパワーをもらえそうな気がしますね。

安心してください!

幼稚園バスでドリフトするような『暴走運転』はしませんから・・・。猛爆!

2016年10月25日 (火)

子供の給食費くらい払ってやれんのか!

滞納給食費、悪質保護者は弁護士が回収!…大阪市、未納1億円超「逃げ得許さぬ」 政令市で初

 校給食費の滞納が増加している大阪市で、市教育委員会が11月から回収業務の一部を弁護士に委託することが24日、分かった。支払い能力があるのに再三の催告に応じない悪質な保護者が回収の対象。大阪市の滞納総額は昨年度末時点で小中学校合わせ1億円超に上り、滞納額は全国の中で多いとみられる。教育現場の負担軽減とともに、法律の専門家に託すことで「逃げ得」を許さない強い姿勢を示す。給食費の滞納整理業務に弁護士を起用するのは政令指定都市で初めて。

**中略**

 滞納者については、生活保護受給世帯には給食費全額が支給され、経済的に困窮している家庭に対しては2分の1(小学生は全額)を支給する制度があるため、市教委は「支払う能力があるにもかかわらず、意図的に滞納している家庭が多い」とみている。

 滞納給食費の回収についてはこれまで、学校側からの報告を受け、市教委職員が催告状の送付や簡裁への申し立てなどを実施。昨年度は11件(約110万円)について強制執行で資産を差し押さえるなど法的措置も辞さない姿勢で臨んだが、まったく応じない未納者もいたという。

 市教委は、弁護士からの働きかけで早期の滞納解消につなげるとともに、督促業務に追われ、本来の教育事務に手が回らなくなりがちな現場の負担軽減も図りたい考えだ。担当者は「たかが給食費ではなく、れっきとした債権だ。子供たちのためにも保護者は支払いに向き合ってほしい」と話している。

(産経新聞)

10099ワタシが問題視するのは、支払い能力があるのに給食費の支払いに応じない保護者達・・・・・。

こ奴等だけはアカン!

絶対に許さん!!

こういった親に限ってヴェルファイアDQN仕様の車に乗ってたりするんだよね。

それだけのクルマに乗れるんなら、「まず先に子供の給食費だろうがよぉ~」と言いたくもなりますわな。

支払い能力があるのに支払いをしない。

これ悪質な税金の滞納者と同じですわな。

徹底的にやっていただきたいですね。

「正直者が馬鹿を見る社会」にしてはいけないのです。

Imgf423c82czik7zj


2016年10月22日 (土)

愛人1号(ポルシェ991)のエクボを修正した

水戸市のデント ラボラトリーさんに愛人1号(ポルシェ991)のエクボを修正をお願いしたのです。

ポルシェパラノイアであるワタシは、基本的に愛人のボディに触れることはしません。

Thumbnail_dsc_2121aなのに、991のリアフェンダー上部にエクボを発見したのです!

愛人が整備や洗車等でワタシの手元を離れる時に、何かしらの??がつくのです。

ここに擦り傷なんて無かったんだけどな・・・・・・。

そして今回はエクボ発見!!!!号泣!

Thumbnail_dsc_2135徹底的そして完璧にエクボを直してくれそうなお店を探しましたがな。

そして見つかったのが、水戸市のデント ラボラトリーさんです。

パーフェクトな状態にエクボを戻していただいて本当に感謝でございます。

いろいろな業界ネタの話なんかも出来て、やはり私の推察通りねってな話も伺えて為になりました。

******************

デント ラボラトリー (茨城県水戸市)

http://www.dent-laboratory.com/

本当に信頼できるお店でございます。

2016年10月21日 (金)

関東モンよ、要注意だ!!

今日、鳥取県方面で震度6弱の地震がありました。

被災された方々には心よりお見舞い申し上げます。

********************

関東モンよ、次はワテらの番かもしれん。

20日に千葉県北東部でⅯ5.3、震度4の地震が発生しています。

コレが前震だったら、どえらい事になりますわな。

いつ何時、どうなっても良いように「心の準備」が必要と思われ・・・・・。

『備えあれば憂いなし』じゃ!!

Yjimage8331t0n4

2016年10月16日 (日)

国家憎んで人を憎まず

「大嫌い」から「大好き」に・・・たった1枚の航空券で大きく変わる、中国人の対日観=中国メディア

 日本のことが嫌いだったが、1度旅行してみたらすっかり好きになってしまったという言論を、中国のネット上ではしばしば見かける。話に聞くのと、実際に自分で見てみるのとは大違い、まさに「百聞は一見に如かず」の心境であろう。

 中国メディア・今日頭条は13日「日本行きへの拒絶から、この島国を愛するようになるまでには、たった1枚の航空券の距離しかない」と題した記事を掲載した。記事は、日本旅行の案内に関する記事や文書を見ると、そこには「中国人が日本に行くとはどういうことか」などといった憤慨コメントが充満していると紹介。「どうしてお金を払って日本になんか行くのか」という意見もあるとした。

 そのうえで、そのような書き込みを見るたびに「相手の技術を学んでこそ相手を防ぐことができる」、「周恩来元首相もかつては日本留学したのだから、われわれだって行かない理由はない」と言いたくなると説明。「相手を知る」うえで訪れるべき観光スポットと、日本社会において注目すべき「人への思いやり」について紹介している。

 記事が示した観光スポットは、奈良公園、浅草寺、伏見稲荷、東京タワー、新宿、金閣寺、秋葉原、富士山、清水寺だ。そして、「人への思いやり」が見える点としてはコンビニのレジ下にある手洗い設備、駅に置いてある無料の各種観光ガイドパンフレット、さらに駅の自動券売機にある「大人1枚子ども2枚」、「大人2枚子ども1枚」といったまとめ買いボタンなどを挙げている。細かい所への配慮を紹介する記事だが、その目の付け所もなかなか細かい。

 相手の状況を知る、相手との差を知る、そして自分たちの課題や問題を見つけるためには、やはり自らの肌で感じることが不可欠であるとともに、最も手っ取り早い。「大嫌い」と「大好き」の間にあるのはたった1枚の航空券、という表現はなかなか素敵である。好きか嫌いかは別として、隣国・日本を理解して自国の発展の参考にするためにも、厚さがぜひたった数ミリの「壁」を超えて日本を訪れて欲しいものだ。

(サーチナ)

ワタシは中国も韓国も大好きでございます。

国家としては嫌いだけどね。

中国も韓国も、そこで暮らす人々はいたって普通。

国家の政策等によって洗脳されてる人もいるんだけど、基本的にはフレンドリーですよ。

ってな訳で、水曜日の夜までは”北のお坊ちゃまクン”には静かにしていてほしいんですよね。

100

2016年10月13日 (木)

バブルの中では自分がバブルの中にいる事に気づかない

不動産バブルが崩壊したら「わが国が失う歳月は20年では済まない」=中国メディア

 中国では加熱する不動産バブルに対する警戒感が高まっている。日本もかつてはバブル景気に沸いたが、バブル崩壊によってデフレに陥り、「失われた20年」に突入したと言われる。中国メディアの今日頭条は9日、「中国のバブルが崩壊すれば、失われる歳月は20年では済まない」と伝える記事を掲載した。

 記事は、日本経済がバブルの狂乱に沸いていたころ、東京の土地をすべて売れば米国全土を購入できるというほどに日本は地価が上昇したことを紹介。また、現在の中国人旅行客のように当時の日本人も世界各国でブランド品などを「爆買い」していたと伝える一方、バブル景気は長くは続かず、崩壊に至ったことを紹介した。

 続けて、「歴史は常に驚くほど似た形で繰り返される」と主張したうえで、中国の不動産バブルは当時の日本とそっくりだと指摘。不動産価格はもはや一般の人びとが購入できないほど上昇していると指摘する一方、唯一違うのは「バブルが崩壊した場合、中国は20年では回復できない恐れがあること」だと主張した。

 記事は、中国の不動産バブルが崩壊すれば「失われた50年」を迎える可能性があると主張し、その理由として日本経済はバブルが生じた時点で世界的に競争力を持つ企業や産業が数多く存在したことを紹介。一方の中国企業はまだ基幹技術を持たず、イノベーション能力でも日米に大きく遅れを取っていることを指摘したうえで、現在の中国経済の競争力ではバブル崩壊から立ち直るには50年はかかると危機感を示している。

(サーチナ)

日本もバブルに酔いしれた時期がありました。

バブル当時、ワタシは20代半ば。

仕事をやってもやっても終わらない。

次の日の朝には、注文のFAXが続々と入ってくる。

そんな時代でございました。

51a55ibvl「大統領のように働き、王様のように遊ぶ」

「24時間戦えますか!」

それを実践させていただいていました。

わかっちゃいるけどやめられないって感じ。笑

そしてバブル崩壊・・・・・。

お隣サンもバブルが崩壊したら、日本以上に悲惨でしょうねぇ~

国家から末端庶民まで拝金、拝金、拝金・・・・・。

基本経済もコピーや外見のみで中身なし。

巨大な砂上の楼閣のように見えるお隣さんに、長期的にみて明日はないでしょうね。

20160518190822ab7_2

2016年10月12日 (水)

石材業界誌の広告にワロタ!

石材に関した業界新聞ってのがございまして、そこの一部に面白い広告が載っておりました。

お隣、中国の石材店の広告なんですが・・・・・

『日本産銘石へ回帰!』ですと。猛爆!!

お隣、中国の石屋さんが「やっぱニッポンの石だよねぇ~」と言ってるようなモンでしょ。

久しぶりに笑える広告でございましたな。

2016年10月 8日 (土)

あ~そぅ~では済まされない事態だ!

阿蘇山で爆発的噴火=36年ぶり、警戒レベル3に―気象庁

8日午前1時46分、熊本県・阿蘇山の中岳(標高1506メートル)第1火口で爆発的噴火が発生した。気象庁は噴火速報と火口周辺警報を発表し、噴火警戒レベルを2(火口周辺規制)から3(入山規制)に引き上げた。火口から約2キロの範囲では大きな噴石や火砕流に警戒するよう呼び掛けている。

気象庁によると、同火口での爆発的噴火は1980年1月以来、36年ぶり。噴煙は天候不良のため地上からは観測できないが、気象衛星で高さ1万1000メートルの高さまで上がっているのを確認した。この噴火により1キロを超える広い範囲に噴石が飛散した可能性がある。

同庁の斎藤誠火山課長は記者会見で、「これ以上の噴火が起こるとはっきり分かるものはないが、同程度の噴火の可能性はあると思って警戒してほしい」と述べた。

(時事通信)

2016100801515349508014636年ぶりに阿蘇山で爆発的噴火ですか。

充分にありえる事態だったと思いますよ。

九州の火山全体にも言える事だと思います。

最近、赤の楕円で囲った部分で、やや大きめの地震が頻発していました。

そういった事もあり、該当地域内においての火山活動の活発化は、充分考えられることです。

今後も活発な状態は続くと思われますので、該当地域に住まう皆さまにおかれましては、災害に対しての備えの再確認をしていただきたいところですね。

2016年10月 6日 (木)

元慰安婦支援、打ち切りは当然の事やな

元慰安婦支援、日韓合意踏まえ打ち切りへ 日本政府事業

 日本政府による韓国の元慰安婦支援事業が今年度で打ち切られる見通しになった。2007年に解散した「アジア女性基金」のフォローアップ事業として続けてきたが、昨年の慰安婦問題に関する日韓合意を踏まえ、外務省が来年度予算の概算要求を見送った。

 アジア女性基金は1995年に日本政府が主導して設立し、国民からの募金をもとにした「償い金」や、首相のおわびの手紙を元慰安婦に送る事業を行った。日本政府は基金の解散後もNPO法人に委託し、元慰安婦らを直接訪問し、医薬品などを渡すといったフォローアップ事業を続けてきた。対象は韓国、台湾、フィリピン、インドネシア。予算は韓国分が最も多く、毎年1千万円程度だった。

 昨年の日韓合意に基づいて、韓国政府が設立した財団が、日本政府の拠出金で支援事業を行うことになっている。外務省は概算要求に含めなかった点について「日韓合意に基づいて韓国の財団が類似の事業を始めることが想定される」と説明した。韓国以外は来年度以降も続けるという。

 韓国での事業を受託していたNPO法人の代表を務める臼杵敬子さんは年4~5回、十数人の元慰安婦を訪問してきた。「訪問を楽しみにしてくれている元慰安婦のおばあさんもいる」と話す。事業が打ち切られる見通しになったことについて「元慰安婦は高齢化しており、その方が生きている間は続けたい。続けることが日本政府の誠意を示すことにもなる」と話した。

(朝日新聞デジタル)

元々こういった支援ってぇのは不要なんですよ。

日韓基本条約があり、そして昨年の日韓同意

5bc2761csタカリ国家にいつまでも金を払い続けている日本政府が”ド阿呆”なだけなんですよ。

NPO法人の代表を務める臼杵敬子?

日本政府の誠意を示すことにもなる?

もう誠意を示しすぎて、誠意大将軍やろ。猛爆!

E3c9afb8fa0c923ce7c1e03647d69b68_sそれもともこのNPO法人

なんかうま味でもあんのか?

そう考えるのが普通の思考回路とちゃいますのんか?

2016年10月 4日 (火)

山梨県甲府市に『純国産墓石』取扱霊園オープン!!

山梨県甲府市の皆様!

当店作製の『純国産墓石』を取り扱う霊園が、先月22日に開園しました!!

甲府市上阿原町にございます。

http://kanesho.d.dooo.jp/kanesyou08.htm

詳細は上記をクリック!!(当店HP)

Img_0964

2016年10月 3日 (月)

断捨離しませう

Img_932430暴走老人化計画(愛人を二人囲う)の第一弾は完了しました。笑

今度は第二弾を考え始めています。

それは・・・・『断捨離』。

棺桶に片足を突っ込んだ歳になってくると、学生時代からの物やら、若かりし頃に「何でこんなモン買ったんだ???」ってなモノ。

Nandakorya人様に見せるのも恥ずかしいようなモノまで、たくさん家の中(特に書斎)に眠っております。

今、必要なモノと、これから必要になるであろうモノ以外は、すべて処分しようかと考え始めております。

ほとんどが無価値のモノですが、中にはアンティークになってしまったようなモノもあったり、買い取り屋に行けば換金できそうなモノも少々ございます。

ワタシは中学校の頃より変わり者で、『明日死んでも良いように悔い無き一日を送るのだぁ~』ってな感じで生きてきたので、過去には一切の未練もないのです(小指にはチトあるけど・・猛爆!!)。

2ba489381f70d14fa2264ef530e1b355これからどんどん捨てまくってやる!!!

そういった覚悟で生き始めております。

また台風がやってくる!

Bbwuz8z

台風はあす夜に九州の西 あさっては本州付近へ

台風18号は、沖縄付近を通過した後、やや勢力を弱めながら東シナ海を北上し、あす夜には九州の西の海上へ進む見込みだ。

その後、台風は東寄りへと進路を変えてスピードを一気に上げるとみられる。

あさって水曜日の午前中には西日本付近に、夜には東日本付近へ進む見込みだ。

台風の勢力やコースによって影響が大きく変わるため、最新の台風情報をこまめに確認する必要がある。

***********************

また関東方面を直撃しそうな台風がやってきますね。

未開に台風で、沖縄方面や九州の一部では、多きな被害も出ているようです。

しかし、テレビで関東方面に対して大騒ぎしている割に、台風が弱まって・・・・???って感じで幸いでございます。

今回も、愛人の家(ガレージ)に縄をかけて風の被害に備えております。

E7744f43本当に「大丈夫か?!?!」と心配するより、何もなくて良かったぁ!

そう考えて、台風の予想天気図を見ております。

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »