« 子供の給食費くらい払ってやれんのか! | トップページ | 地場産業『石の街 真壁』壊滅! »

2016年10月27日 (木)

ワタシも暴走老人ですが何か?

キレる高齢者が急増中 暴走老人なぜ生まれるのか 宇都宮自爆男「秋葉原のような事件を」

 宇都宮市の宇都宮城址公園周辺で起きた連続爆発事件。自殺したとみられる元自衛官、栗原敏勝容疑者(72)は事件前、ネットに「秋葉原無差別殺傷事件のような事件を起こしたい」との趣旨の書き込みを行うなど、暴走ぶりを見せていた。専門家は、社会と自分が置かれた環境のギャップを埋められず鬱積した状況をため込みやすい現代は、“暴走老人”を生み出しやすい構造にあると指摘する。

 栗原容疑者は自衛隊を約17年前に退官後、パソコンの扱いにも慣れ、趣味のカメラに熱中する姿などが目撃されていた。一方で孤独を深めていった様子も浮かび上がる。

***中略***

 落ち着きを取り戻したようにみえていた矢先、事件は起きた。

 年を重ねて経験を積み、精神的なゆとりを持つ人が多い一方で、高齢者が突然キレ、事件を起こすケースは後を絶たない。

***中略***

 キレる老人の背景には何があるのか。

 筑波大教授で犯罪社会学が専門の土井隆義氏は「日本の高度経済成長期に、イケイケ、ドンドンと欲望をあおられ、前進してきた世代は、今もかつてのメンタリティーを持ち続けているが、すでに定年退職もして活躍の場がない。社会と自分の置かれた状況とのギャップに苦しめられ、もんもんとした心理に陥りやすい」と語る。

 一昔前の社会では、地域社会や家族が「もう定年なんだから」とか「ゆっくりしてなよ」と高齢者をクールダウンしてくれる場面があった。だが、現代はそのつながりも希薄になって高齢者が孤立化し、鬱積した状況が生まれやすいという。

 「今の時代は相手と言葉でコミュニケーションを図るのが当たり前となったが、多くを語らない職人かたぎの人は、いったん対人関係などでつまずくと、暴発へとつながる時限爆弾を抱えやすくなる」(土井氏)

 暴走老人を生み出す素地は、社会の中に生まれているようだ。

(ZAKZAK)

ワタシも『暴走老人』でございますが、あまりキレるって事はありませんねぇ~

社会的孤立をしたくなければ、地域のボランティア活動でもいいし、シルバー人材センターでもいいし、何かしら働ける状況下にあれば短時間でも働けばいい。

職を選ばなければ、いくらでも仕事はありますわな。

TpfmTwitter上でも暇を持て余した『暴走老人』予備軍とでも申しましょうか、朝から晩まで毎日毎日、今の世の中を斬りまくっている老人の方がたくさんいらっしゃいます。

表に出て散歩でもした方が、よほど本人の為になるんだけどな・・・・・。と思いますよ。

 閑話休題

『暴走老人』のワタシにも将来の夢がございます。

Main_animation2xほぼボランティアでの「幼稚園のバスの運転手」。

子供達の元気な声を聴いているだけで、生きるパワーをもらえそうな気がしますね。

安心してください!

幼稚園バスでドリフトするような『暴走運転』はしませんから・・・。猛爆!

« 子供の給食費くらい払ってやれんのか! | トップページ | 地場産業『石の街 真壁』壊滅! »

独り言」カテゴリの記事

コメント

閉店になった笠間市の三洋堂書店で鼻糞を穿った指でページを捲った爺さんに店員が注意したら胸倉を掴まれて罵声を浴びて店長が仲裁に入ったら殴られてパトカーが出動する騒動に居合わせました。みの爺さんは元ヤクザの生活保護者で知る人ぞ知る鼻つまみ者。「刑務所を別荘」と嘯く懲役太郎で人生の三分の一を刑務所で過ごしたゴロツキで尊敬に値する高齢者が激減したのが遺憾です。人生の先輩、達人として知恵を借りたい長老が減りました。

>高貴なる野蛮人 さま

確かに「人生の先輩、達人」といえる方は減ってきていますね。

ワタシが現在思い起こせるのは一人だけですから・・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/64405048

この記事へのトラックバック一覧です: ワタシも暴走老人ですが何か?:

« 子供の給食費くらい払ってやれんのか! | トップページ | 地場産業『石の街 真壁』壊滅! »