« トランプ氏大統領に・・・で思ふ | トップページ | 自動車修理工場の工賃って高いね! »

2016年11月10日 (木)

アメリカ トランプ大統領誕生とOKINAWA

トランプ氏勝利 沖縄に広がる期待と不安

 アメリカ大統領選でのトランプ候補の勝利に対し、アメリカ軍基地を多く抱える沖縄の反応について那覇市から中継で伝える。

 沖縄でもトランプ氏の当選に衝撃が広がっている。アメリカ海兵隊普天間基地の名護市辺野古への移設を巡り、日本政府と裁判で争っている沖縄県にとっては、仮にクリントン氏が当選しても、「辺野古が唯一」とする従来の日米両政府の姿勢に変化が期待できそうもなかったことから、トランプ氏の大統領就任が、現在のこう着状態を抜け出す糸口になるのではないか、という期待感はある。ただ、在日アメリカ軍基地の撤退をほのめかす発言の一方で、日本政府による駐留経費の負担引き上げを求めるトランプ氏の姿勢からは、逆にこれまで以上に、沖縄への基地の固定化が進むおそれも拭いきれず、沖縄県側も影響を測りかねているというのが正直なところ。

 市民からは戸惑いとともに、期待の声も聞かれた。

 街の人「基地は減る可能性あるんじゃないですか。それはいいことだと思います。混乱する可能性はあるけど、それはそれでいいのかもしれない」「選挙前の言う通りにやってくれるなら、沖縄から基地がなくなると思うのでその点は歓迎ですね」

 また沖縄県の翁長知事は9日午後に会見し、沖縄の基地問題への対応について、「期待をしつつ注視したい」と話した。

 アメリカ軍基地の財政負担や、周辺諸国との関係などを巡り、日米関係が不透明感を増せば、基地問題の行方も左右されかねないとの不安の中で、沖縄の人たちは、固唾(かたず)をのんでトランプ氏の出方を見守っている。

(日テレニュース24)

沖縄市民

>基地が沖縄からなくなると思うのでその点は歓迎ですね。

8a3dd53d本当にそれで委員会?

米軍基地に関わりを持つ沖縄県民も結構いるんで内科医?

飲食店だったり、基地内に物品を納める業者だったり・・・・・・。

沖縄から米軍基地が無くなれば、幾ばくか沖縄経済にも影響を及ぼさないのでしょうかね?

沖縄が望んでいた米軍基地が、沖縄から撤退して沖縄経済が低迷して、日本政府に「補助金クレクレ」だけはやめてほしいところですな。

 

« トランプ氏大統領に・・・で思ふ | トップページ | 自動車修理工場の工賃って高いね! »

独り言」カテゴリの記事

コメント

長年でアメリカ基地だのみで潤ってきた
県民も多数いることでしよう。地位協定など、基地反対の心情もわかりますが、手厚い資金援助もなくなります。

>逃げられない日本人 さま

言い方は変ですが、米軍基地駐留によっての「迷惑料」が国家から沖縄県には、それ相当の金額が支払われているはずです。

観光産業メインの沖縄県。

大丈夫なんでしょうかね。

沖縄は鉄道も存在せず自給自足は出来ません。振興補助金と駐留米軍の地代や雇用は必要悪です。

>高貴なる野蛮人 さま

世の中、好む好まざるにかかわらず、必要悪ってのはあるんですよね。

それは避けることができません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/64468840

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカ トランプ大統領誕生とOKINAWA:

« トランプ氏大統領に・・・で思ふ | トップページ | 自動車修理工場の工賃って高いね! »