« 不審な佐川急便からのメール | トップページ | サーキット場は治外法権 »

2016年11月16日 (水)

フィリピン大統領の正論

フィリピン大統領、ISが入国したら「人権忘れる」

[マニラ 14日 ロイター]

フィリピンのドゥテルテ大統領は14日、シリアやイラクを追われた過激派組織「イスラム国」(IS)の戦闘員らがフィリピンに入国し活動拠点を築くこともあり得るとした上で、そうなった場合、人権に関する義務を放棄して国民の安全を守ると述べた。

ドゥテルテ氏は、フィリピン南部のミンダナオ島はすでに武装勢力や強盗の温床となっていると語り、「迫り来るテロ」に懸念を表明。

こうした不安定さを利用して過激派が流入する恐れもあるという。

警察当局での演説で同氏は「支配地を奪われた中東のテロリストらが、ここに来た場合に備えて準備をしなくてはならない」とした上で、「彼らには人権などみじんもない。私は、人権のために国民が殺されるのを許さない。そんなものはたわごとだ」と述べた。

人権は、ドゥテルテ氏にとって厄介な問題。麻薬犯罪者の取り締まりを人権侵害として批判する活動家や西側諸国に対し、同氏は連日怒りを爆発させている。

極悪非道、人間以下の行為を平然とこなす餓鬼畜生に人権は要らない。

人権侵害批判の活動家や西側諸国の人達にも家族がいるでしょう。

その家族が何の理由もなく無残な方法で殺害されたらどうなんでしょうね。

その殺害者にも人権があるから・・・・・・と思えるのでしょうかね。

ワタシは人格者ではないから、そうはなれないな。

086ドゥテルテ大統領にとって、善良なフィリピン国民は家族なんだよ。

フィリピンという大きな国の家族。

その家族が悲惨な目にあっていたら周りのことなど目に入らずに助ける。

賛否はあれどワタシ的にはフィリピン ドゥテルテ大統領はアリですな。

« 不審な佐川急便からのメール | トップページ | サーキット場は治外法権 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

日本の法律、学者の論調は、全体的に被害者に酷で加害者に甘すぎます。

無責任な人権派がはばをきかせすぎと思います。

>逃げられない日本人 さま

何でも人権人権ってのも、いかがなものかと思いますよね。

刑法で死刑確定後六か月以内に執行すべき法律を法務省自体が遵守しておりません。本県出身だった郡祐一法務大臣は傲慢で見下すので落選経験もありました。在任中に「どんどん署名して押印してやるから死刑執行起案書を持ってこい」と官僚を尻たたきし職務専念義務を遂行したのは敬意を表します。浅間山荘事件の永田洋子元死刑囚は脳腫瘍で慶応大学病院で高度医療を実施し拘置費用が総額三億円以上かかったと報道されました。

>高貴なる野蛮人 さま

死刑囚にも人権ありて、高度医療に3億円以上ですか・・・・。
考えさせられますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/64500163

この記事へのトラックバック一覧です: フィリピン大統領の正論:

« 不審な佐川急便からのメール | トップページ | サーキット場は治外法権 »