« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月

2017年3月30日 (木)

横綱優勝のお祝いは「真向勝負」というお酒です!

今日、ワタシの家に横綱 稀勢の里関のご両親が来たのです。

庭石設置の打ち合わせです。

まず、近くの「べんべら亭」という”トマトラーメン”を一緒に食べました。

そこでも二つのテーブルから、ご両親に「おめでとうございます!」とお祝いの言葉が・・・・。

その後、当社の天然石のストックヤードにて石の選択です。

打ち合わせが終了し、ワタシの家に移動。

Img_2392そこで、春場所優勝のお祝いに、お酒をプレゼントしました。

プレゼントしたのは、茨城県筑西市の来福酒造株式会社の『真向勝負』という純米大吟醸でございます。

今回の優勝にふさわしい酒名でございます!

そのお酒(一升瓶)に・・・・

Img_2397『祝』

『平成二十九年 春場所優勝』

『横綱 稀勢の里関』

と彫刻を施しました。

ワタシの師匠と、師匠の大の友人も一緒だったので、「ぜひ、今ここで包みを開けてください」といって、開封してもらいました。

Img_2395『真向勝負』の酒箱を見たとたんに、「これはイイ!!」とご両親も大喜び。

「箱の中も見てください」とまたいって、箱の中の一升瓶を取り出してもらいました。

初めは正面の文字を見て、その裏面を見た時・・・・・。

そこで絶叫もんですわ!!

Img_2398_2「これはスゴイ!!!」

本当に喜んでいただき、ありがたかったです。

ご両親とワタシ達夫婦の四人での記念写真も快く撮っていただき、本当にありがたく最高の一日でしたな。

横綱がまた結果を出した時にも、また同じように来福酒造さんの『真向勝負』の大吟醸に、優勝場所・年・月・日を彫刻してプレゼントしようと考えています。

今後、来福酒造さんの『真向勝負』の一升瓶が横綱の家に何本も増えていったらいいですよね。

2017年3月29日 (水)

本日、富山県方面に出荷です(16トン分)

本日、富山県方面に出荷です。

ご注文の量が多いので、手配した13トン車と当社の3トン車。

合わせて16トン相当の出荷になります。

ありがたい事でございますねぇ~

富山県方面は、自社工場をお持ちの小売店様が多いので、六方切削(半製品)又はスラブ材(厚みを切った状態)での出荷になります。

当店では、『真壁石小目』『真壁石青小目』をメインに、国内原石を基本製品卸をしております。

しかし、富山県方面は自社工場をお持ちなので、『切削を条件』で半製品卸をさせていただいております。

原石販売はしていないのです。

それは納品先様に少しでも、オビやムラやキズのリスクを減らしていただきたいとの当社の方針からです。

当店で切削して、原石の状態を吟味して『出荷可能』物件しか納品いたしません。

それをご理解いただける業者様にしか販売も致しておりません。

Img_2389この大判六方切削ものは・・・・

6尺×5尺8寸×5寸の大判です。

当店では、これくらいのサイズの取れる原石は5個くらいは常に確保してあります。

25枚くらいは即納可能です。(無いですけど)笑

Img_2390これは・・・・

7尺×2尺8寸×2尺の2尺スラブ材です。

ここまで切削して石の吟味をします。

これくらいのサイズの取れる原石は40個くらいはあります。

2017年3月26日 (日)

『見えない力』は存在するのです

稀勢の里 奇跡の連覇に男泣き

「見えない力を感じた15日間」

「大相撲春場所・千秋楽」(26日、エディオンアリーナ大阪)

13日目に左肩付近を痛めながら土俵に上がり続けた新横綱稀勢の里が、1差で追いかけていた照ノ富士を本割・優勝決定戦と連破し、逆転で2場所連続優勝を果たした。新横綱での優勝は貴乃花(95年初場所)以来、約22年ぶりで、大鵬、隆の里を含めて4人目の快挙。表彰式では君が代斉唱の段階から人目をはばかることなく涙した。

優勝インタビューでは「本当にこの応援と支えてくれた人たちのおかげ」と大声援に感謝した稀勢の里。涙についても聞かれたが「今回は泣かないと決めていたのですが…」と先場所に続いての男泣きをした。

左上腕には青紫色のあざが広がっており、相撲を取るのも難しいと考えられていたが、照ノ富士に奇跡の連勝。土俵へ向かう心境を「気持ちだけぶつけようと思った」と振り返り、「自分の力以上のものが出た。あきらめないで最後まで力を出して良かったです」と語った。

横綱になると土俵入りをはじめ、これまでと異なる点が多くある。「今までの相撲人生の15年とは違う15日間。横綱の土俵入りも初めてやって今は疲れた。見えない力をとても感じた15日間だった」と本音を漏らした。初場所で初優勝を果たした際には、確信に変えたいという趣旨の発言をしていたが、「今日の千秋楽は見えない力がはたらいたので、確信とはいかないけど、またこれを確信に変えられるよう稽古をしていい相撲を皆さんに見せられるよう頑張る」と謙虚に語った。

厳重なテーピングが施された左肩周辺の状態が気になるが、「しっかり治して5月場所に元気な姿を見せられるように明日から治療したい」と来場所への闘志も見せていた。

(デイリースポーツ)

ワタシも「見えない力」を信じる方なのですな。

ワタシが信じる見えない力は、「心のよりどころ」としている酒井雄哉大阿闍梨に入魂していただいたものなんです。

不動明王立像しかり数珠など、いろいろと酒井雄哉大阿闍梨に入魂していただいたものがいくつかあるのです。

Fullsizerenderこの数珠は自分の為に、先日、藤波源信大阿闍梨からお加持を頂いた数珠なんです。

それを横綱に進呈したいと、横綱のお父さんに相談したら、あげても良いとの了承をいただいたんです。

そして今日の昼に、横綱に進呈する数珠が届いたんですよ。

今日は千秋楽です。

Img_2341すぐ、酒井雄哉大阿闍梨の触れた数珠と入魂していただいた不動明王立像のところに置きました。

そして、横綱が無事で千秋楽を迎えられるように祈りました。

最高の結果での千秋楽。

男泣きの涙が出ましたね。

ワタシ自身が本気を出さなくてはならない時、毎日の朝晩のお勤めのほかに、不動明王立像前でお祈りしてから出かけます。

その結果が現在に至っているような感じがします。

そういった事もあってか、ワタシは「見えない力」を信じているのです。

日本の原石を中国で作製し、それを購入されたお客様。残念でしたなぁ~

中国の粗鋼生産量は世界一でも、日中の技術力には「圧倒的な差がある」=中国報道

 中国の粗鋼生産量は世界一の規模を誇るが、中国鉄鋼業界では生産能力の過剰が問題となっている。中国は国内の経済成長率が鈍化し、国内で捌ききれなくなった鉄鋼製品を大量に安価で輸出しているが、その製品の品質は決して高くはない。

 中国メディアのOFweek工控網は21日、日本は国内で鉄鋼石が産出されないにもかかわらず、鉄鋼産業において非常に高い技術力を持つと指摘し、「日本の鉄鋼メーカーの技術力と製品の品質は恐ろしいほど高い」と伝えている。

 記事は、日本の鉄鋼メーカーの技術力は欧米諸国ですら及ばないほどだと指摘し、中国の大手鉄鋼メーカーの技術も日本から導入されたものだと指摘。1977年にトウ小平が日本を訪れ、日本の鉄鋼メーカーに協力を要請したのがきっかけであり、日本のメーカーがなければ中国の国有企業であり、中国最大の鉄鋼メーカーである宝鋼集団も存在し得なかったと指摘した。

 さらに、日本の鉄鋼メーカーは「国際市場で最も高い競争力を持つ」と言っても過言ではないとし、研究開発能力や管理能力、そして、製品の品質など「すべてにおいて一流である」と指摘。中国国内で建設される超高層ビルには日本メーカーの鉄鋼製品が使用されることも少なくないと指摘した。

 そのほか、日本の鉄鋼メーカーは特殊鋼など高い品質と技術力が求められる鉄鋼製品では世界で大きなシェアを獲得していると指摘。中国の粗鋼生産量は世界的に見ても圧倒的な規模を誇るとしながらも、そもそも粗鋼生産には高い技術力が求められないと指摘、中国の世界の特殊鋼市場におけるシェアは数パーセントに留まるのが現状であり、日本と中国の技術力には「圧倒的な差がある」のが現実だと指摘している。

(サーチナ)

上記の記事は日本の墓石事情とよく似ていますねぇ~

5b66710f中国に行く日本の原石のほとんどは、B材と言って日本国内加工では墓石にはほとんど使用しません。

日本国内で墓石製品を作る業者は、原石の状態が悪い(B材)と墓石に向かないのを知っているからです。

だから、『純国産墓石』は高品質なのですよ。

お気の毒なのは、『日本の石です』とセールスに言われて契約し、作製が中国製品だった場合ですな。

ほとんどの小売店は、『日本の石です。』とは言っても、『中国で作製した日本の石です。』と言うセールスはほとんどいないでしょう。

日本の石の産地証明書も中国に沢山出回っているし、本当に『純国産墓石』でお墓を建てたかったら・・・

1)日本国内の作製工場に行ってみる。(一番のオススメです)

2)セールスに作成中の写真を写真に撮って見せてもらう事。

2017年3月21日 (火)

高齢者を虐待するな、いつか行く道・・・・・。

介護施設の高齢者虐待、過去最多400件超 厚労省

介護施設の職員による高齢者への虐待が2015年度中に408件あり、過去最多を更新した。

調査を始めた06年度から9年連続の増加。全国の自治体による集計を厚生労働省が21日に発表した。

職員の知識不足やストレスが主な要因となっている。

調査は虐待の通報義務を定めた高齢者虐待防止法に基づき、相談や通報を受けた自治体が虐待と判断した件数をまとめた。

被害者は前年度より12・6%多い778人に上る。

被害の内訳は、暴力や身体拘束などの「身体的虐待」が最も多い478人(61・4%)だった。侮辱的な発言などの「心理的虐待」が215人(27・6%)、食事を与えないなどの「介護等放棄」が100人(12・9%)で続いた。

虐待の要因(複数回答)は「教育・知識・介護技術等に関する問題」(65・6%)や「職員のストレスや感情コントロールの問題」(26・9%)が多かった。

(朝日新聞)

ワタシの母親も介護施設に入所しています。

転んでしまって肩の関節と股関節を骨折してしまい、介護の専門職員でないと世話が出来なくなってしまった為です。

週末には必ず母親の様子を見に行っている状態です。

そういった中でも、介護職員の皆さんは疲れ切っている感じがするんですよ。

余程高額な入所金の介護施設は別としても、ほとんどの介護施設は食事から清掃状態まで、利用者が満足できる状態下にはないと思います。

入所者数と介護職員の数が合わないんですよね。

もっと介護職員がいないと、上記のような記事の状態は無くならないでしょうね。

そこにきて頻繁に入れ替わる介護職員。

職員の皆さんも体力や心身状態が持たないんでしょう。

国家の積極的な政策が必要と思われ・・・・・。

4b8f7114

2017年3月 6日 (月)

9条信者さんはどう思うのだろう?

首相官邸(災害・危機管理情報)

【北朝鮮弾道ミサイル1】

本日7時34分頃、北朝鮮西岸より、4発の弾道ミサイルが発射され、そのうち3発は我が国の排他的経済水域(EEZ)内に落下した模様。

政府においては「北朝鮮情勢に関する官邸対策室」において情報を集約するとともに、関係省庁局長級会議を開催し、対応について協議。

532北のお坊ちゃまクン。

ニッポンの排他的経済水域にミサイルを撃ち込みましたぜ。

こちらが好まなくとも、あちらサンはニッポンを狙ってまっせ。

北に南に赤い国。

今は海上ですわ。

これが陸上だったら9条信者のミナさんどうよ?

それでもなお9条は死守でっか?

一部のアメリカ排除(特にオキナワ)の行動に余念のないミナさん。

沖縄周辺は上記3国に最も近い場所でっせ。

その3国の植民地にでもなりたいんでせうか?

*上記は熱烈なアメリカ排除の方々に申し上げているだけで、普通の沖縄の皆様を対象に申し上げている訳ではございません事をご了承くださいませ。

2017年3月 5日 (日)

石は日本産だけど、中国産墓石のカラクリ

Img_1776とある仕事絡みの事情があって、中国の厦門に行ってきたのデス。

初めてお会いした中国側の石材店の社長デス。

そういった中で、日本原石の産地証明書の話になりまして・・・・・。

同じ日本の石種であっても、中国には数種類の産地証明書が存在するのですよ。

上手くやってるなぁ~と思うのは、加工者の欄がない事。

『この石は日本の石ですよ』と言っているだけ。

どこで作りましたとは謳っていません。

そこでワタシは、ワタシの会社で発行している産地証明書を、ワタシの会社で写真に撮らせてLINEですぐ送らせました。

地元の石材組合の印があり、採掘丁場の印があり、日本国内の加工者の印と3か所の印を押す必要があるのデス。

しかも通し番号付きデス。

あそこまで巧妙な産地証明書があると、消費者は『純国産』なのか『日本の石だけど中国産』なのかわからないでしょうね。

小売店側が言わなければ絶対に判りません。

日本の石を使って日本の工場でお墓を作らせたい(純国産墓石)場合、小売店側に『注文する記念に、私の注文したお墓の作成現場を見てみたい』と言ったら良いかと思いますよ。

その一言で小売店サイドが言葉を濁すようであれば、ほぼ間違いなく中国産ですわ。

2017年3月 1日 (水)

堀北真希サン、素晴らしい!!

<堀北真希>芸能界を引退 「家族との幸せ守りたい」

 女優の堀北真希が2月末をもって芸能界を引退したことがわかった。公式ホームページに自筆の文書で発表した。

文書では、母親になり、「このあたたかで、かけがいのない幸せを全力で守っていきたい」と理由について書いており、夫で俳優の山本耕史とも話し合ったうえで「これからも2人で力を合わせ、愛情いっぱいの家庭を築いてきたい」と記している。

(毎日新聞)

まだまだ人気もあり好感度も高い堀北真希さんが芸能界引退ですか・・・・。

素晴らしいですね!

母親となって、「家族との幸せを守りたい」。

ホント、偉いですわ。

O0567056712798427005芸能界なんて(ほとんどの業界がそうだけど)、何ごとあった時に守ってはくれませんからね。

そういった中での、今回の選択。

将来の幸せを本当に考えているんだなぁ~と思いましたね。

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »