« アメリカの未来はニッポンの未来でもある | トップページ | 韓国冬季五輪に思ふ »

2017年11月20日 (月)

基地外国家とは交わるべきではない

「最終的合意」に難色=慰安婦問題で韓国補佐官

【ソウル時事】

韓国大統領府の文正仁・統一外交安保特別補佐官は20日、ソウルの外信記者クラブで会見し、慰安婦問題をめぐる日韓政府間合意について「文在寅大統領は、歴史問題では『最終的で不可逆的な合意を見た』というのは、国民感情にそぐわないという思いが強い」と述べた。

朴槿恵前政権との合意を「最終的合意」として受け入れるのは難しいという認識を改めて示した形だ。

合意をめぐっては、康京和外相直属の作業部会が交渉経緯などの検証作業を続けており、年内にも勧告を出す見込み。

文正仁氏は「結果が出た後、外相や大統領府国家安保室、文大統領らが協議を経て対応を決めるだろう」と説明、現時点でどのような方針になるかを予断するのは困難という見方を示した。 

Dfgこれだけお詫びの声明(必要ないけど)や、今までに莫大な金を恵んでやってもコレだよ。

考えの交わらない国家とは交わるべきではないね。

ワタシは、あくまで国家と交わるべきではないとの考えで、個人レベルでは問題ないとは思っています。

どこの国の中だってキチガイはいますからね。

『国家憎んで国民憎まず』

しかしまぁ~ここまで酷い思考回路を持った国家も珍しいよ。

やはりこれが『朝鮮半島の血(DNA)』というものなんでしょうかね。

Photo

« アメリカの未来はニッポンの未来でもある | トップページ | 韓国冬季五輪に思ふ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

確か半世紀前に日韓基本条約で国家間の賠償、独立支援金、無償援助で賠償は決着済み。しかしながら一度、味をしめると強請集りを継続。詐欺師のペテン国家とは関りになるのを回避すべき。追伸、福島伸亨氏が「客員教授だけでは政治活動が出来ないので浄財の御支援を」と托鉢僧のように中小零細企業、商店を回っているので「赤字続きで献金する余裕はありません、御免,余所を当たって」と婉曲に拒絶しました。

>高貴なる野蛮人 さま

こんにちわ。

福島伸享氏には国政に戻れることは二度とないでしょうから、献金も必要ありませんよね。

彼に献金するくらいなら、自分で寿司でも食べた方が自分の為になりますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/66066642

この記事へのトラックバック一覧です: 基地外国家とは交わるべきではない:

« アメリカの未来はニッポンの未来でもある | トップページ | 韓国冬季五輪に思ふ »