« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »

2017年12月

2017年12月31日 (日)

ゆく年くる年

今年、平成29年(2018年)は公私ともに色々あり過ぎました。

今年の中で最大の出来事は、ワタシの佛の師匠でもあり、人生の道しるべとしていた方が急逝してしまったことです。

ちょうど一回り上の年齢の方なんですが、波乱万丈の生き方の中で己の生きるべき道をしっかりと見つけ生きた方でした。

父親が亡くなった時には涙は出なかったのに、その方が病床であったり亡くなった時には号泣してしまいました。

それくらいワタシにとって、なくてはならない存在だったんですよね。

そして来年。

5年越しの計画だった事を実行に移す時がやってきます。

今年の後半は、その準備に追われ激務でしたが、あとは行動を起こすのみとなりました。

それが良かったのか悪かったのかは、数年経てば判ってくるでしょう。

ワタシ自身の今までの経験値を最大限に考慮しての決定なので後悔はありませんがね。

そういった感じで、来年も年始早々から激務となりそうな予感でございます。

来年の大晦日、ワタシ自身がどうなっているのか、大変興味があるところでございます。

Dontthinkfeel01

2017年12月28日 (木)

使いモンにならんディーラーの担当者

『車両を法人名義から、ワタシ個人名義にしたいので、ディーラーにワタシが手続きにそちらに行くので、必要なものを書いてFAXで送ってください。』とお願いしたら、このようなに送られてきたのデス。

●法人様にてご用意いだだく書類

 印鑑証明書

 委任状

 譲渡証

●個人様にてご用意いただく書類

 印鑑証明書

 委任状

9d2f32d5sこれ見て、このワタシの担当者は使いモンにならんなぁ~と思いません?

委任状や譲渡証はディーラーに用意してあるでしょ。

必要なのはヨコ判や各実印でしょ。

・・・・絶句。

2017年12月26日 (火)

中国の領土・領海の拡大は止められない

【緊迫・南シナ海】

中国「人工島は軍事目的」政府系サイトが認める 1年で施設29万平方メートル拡大

中国政府の特設サイト「中国南シナ海ネット」は25日までに、中国が今年南シナ海に建設した大型レーダーや管理棟、地下貯蔵施設などの総面積が29万平方メートル(東京ドーム約6個分)に達すると公表した。

また中国が「必要な軍事防衛の強化などのために島嶼の面積を適切に拡大した」と認め、今後も人工島造成が継続されるとの見方も示した。

中国当局が南シナ海での軍事施設の建設実績を公表し、さらに人工島造成が軍事目的だったことを認めるのは異例だ。

軍事拠点化に向けて積極姿勢を示しても国際社会の反発は少ないと判断した可能性がある。

同サイトは南シナ海に関する中国の立場を宣伝するため昨年8月に開設され、国家海洋情報センターなどが運営している。

一方、米政策研究機関「戦略国際問題研究所」(CSIS)は今月中旬、中国がスプラトリー(中国名・南沙)諸島のファイアリークロス(永暑)礁やスービ(渚碧)礁でレーダー施設などを建設し、今年だけで計29万平方メートルの施設が建造されたとの分析結果を公表していた。

南シナ海での建設実績に関する同サイトの記述が独自データに基づくものなのか、CSISを引用したのかは不明だが、いずれにしろ欧米研究機関の分析を追認した形だ。

同サイトは見出しで「2017年、中国の南シナ海の島嶼は大きく様変わりした」と悪びれることなくアピール。

島嶼の建設が着実に推進され「一連のめざましい成果を得て南シナ海の様相はすっかり一新された」と誇示している。

(産経新聞)

中国が南シナ海に進出しても、何一つ行動を起こせなかった国連をはじめとする世界各国。

軍事拠点が明白であったことは明らかな事で、それでも世界各国は見ているだけに過ぎなかった。

11もう中国の暴走は止まらないのでしょうね。

近いうちに尖閣もやられるでしょう。

中国の大きな問題は膨大な数の人口です。

その人口に対して、それなりに食わせ・飲ませる事が出来なければ、それこそ国家を揺るがす暴動に発展してしまうでしょう。

その為には、領土・領海を拡大して各資源を確保する必要があるのですよね。

51まだまだ中国は、そういった行動をエスカレートさせることは目に見えています。

もう誰にも止められない・・・・・。

2017年12月16日 (土)

キティちゃんにも裏の顔

サンリオ、11億円の追徴課税 「租税回避の意図ない」

サンリオ(東京都)は15日、香港にある子会社が東京国税局から税負担の不当な軽減を防ぐ「タックスヘイブン対策税制」の対象に認定されたと発表した。

この認定により、子会社の2016年3月期までの4年間の所得約28億円を親会社と合算して申告すべきだと判断され、約11億円を追徴課税されたという。

同社は同日、法人税分6億円を納めたが、処分を不服として同局への再調査の請求などを検討している。

子会社は香港の「サンリオ ウェーブ ホンコン」と「サンリオ グローバル アジア」の2社。

「ハローキティ」や「ぐでたま」といった人気キャラクターを、東南アジア各地の市場に合わせて企画、デザインして現地企業に提供する事業を展開している。

著作権の提供事業を主に行う海外子会社は同対策税制の対象企業と認定されるが、同社は「現地でしかできない事業をしており、適用除外要件を満たしているはずだ。租税回避の意図はない」と主張している。

(朝日新聞)

不服だったら、とことん戦えばいいと思うけどね。

「租税回避の意図はない」????

何かあるから法人税の支払いをしたんでしょ。

Redditteddybearthe1sta640x320キティちゃんも怖い裏の顔を持ってたんですね。

東京国税局もアホではないですからね。

下手な事言ってると、とことんやられまっせ。

2017年12月 7日 (木)

お墓の見積もりで安すぎる石屋は注意だな・・・・。

最近、墓終いなんて事が増えてきております。

石材店がお墓を取り壊し持ち帰る訳です。

お墓を新規で建てる場合、お客様は数件の石屋サンを訪ねて、それぞれの見積もりを取る事も多い事でしょう。

そういった中で、極端に安い見積もりを出してくるところは要注意ですな。

6xw4h墓終いで持ち帰った墓石の中で、大きいものを小さいサイズに加工し直して小さい墓石として販売する。

そういった事を平気でする業者がある事にも注意すべきですな。

墓終いで持ち帰った大きな墓石だから、石代はロハって事。

『安いものには訳がある』

是当然之事也。

今のご時世、高金利だので騙されるのと同じですわな。

2017年12月 5日 (火)

北の木造船問題+α

漂着船避難の松前小島:家電など窃盗被害 船で一部確認

 北朝鮮の木造船が一時避難していた北海道松前町の無人島・松前小島で、灯台の周辺に設置の電源用太陽光パネルの一部が取り外されたり、漁業者の避難小屋にあったテレビや冷蔵庫、炊飯器といった家電やバイクなどの備品のほとんどが持ち去られていたことがわかった。

灯台を管理する第1管区海上保安本部(小樽市)や避難小屋を管理する松前さくら漁協が4日、現地で被害を確認した。

 同漁協などは道警へ被害届を検討しており、1管や道警は4日も木造船を立ち入り調査。これまでに家電品の一部を確認している。

5日も立ち入り調査し、乗組員10人から事情を聴くとともに、窃盗容疑も視野に調べる。

 道警や海保の担当官らは感染症予防の防護服を着て島に上陸。灯台のそばに36枚設置された太陽光パネルのうち4枚(1枚当たり縦119センチ、横197センチ、重さ30キロ以上)がなくなっていたが、配線が切られた状態で港の防波堤付近で見つかった。

工具や食糧を保管していた灯台施設のシャッターの鍵も壊されていたが、灯台の機能に支障はないという。

 また避難小屋はドアノブが外され、家電製品や発電機のほか、布団や衣類も根こそぎなくなっていた。

 木造船をめぐっては11月28日午後、松前小島への漂着を上空から確認。同29日に島周辺で漂流しているのを1管が見つけたが、その際、乗組員らが家電製品などを海に投棄。

一部を巡視船が回収しているという。

 菅義偉官房長官は4日の記者会見で「(1管などの調査)結果を踏まえ、関係法令に基づき適切に対応したい」と話した。

(毎日新聞)

北の木造船問題。

盗人猛々しいとはこの事やな。

日本国内の法律に則って、粛々と正しい裁きをして欲しいモンです。

でも、この記事に乗ってした写真で気になった事があるのですよね。

Bbgbhigソーラーパネルの取り扱いですわ。

防護服を身に付けなきゃ危険なんですか?

あの放射性廃棄物の取り扱いのように・・・・・。

原発も広い範囲に甚大な影響を及ぼしますが、ソーラーパネルも防護服を着ての処理なんだから、それなりに危険なんでしょうかね。

ソーラーパネルって、身近な至る所にあるんですけど・・・・・。

万が一の時の対策はどうなっているのでしょうね。

97655菅直人クンよ、オマイ(民主党)が陣頭指揮をきって真っ先に推進した事は野党になっても忘れるなよ!

2017年12月 4日 (月)

社是 『先義而後利者栄』

Thumbnail_20171104_112315極小企業のワタシの会社でありますが、社是があるのです。

『先義而後利者栄』

義を先にして利を後にする者は栄える。

百貨店「大丸」の創業者が基本理念とした言葉であります。

しかし、今のワタシの業界。

墓石石材関連業。

『己利優先他蹴落』なんですよね。

特に石材の地場産業と言われた地元は酷い有り様で、何でもアリの世界になっています。

『是残念至極也』

2017年12月 2日 (土)

BMW M3(F80) Mモード再設定

Thumbnail_1512208588444M3も納車されて半年。

走行距離も2300キロになり、やっとM3の素性が分ってきた感があるので、二つある走行モード(M1・M2)の再設定をしてみまスタ。

初めにエンジンをかけた時は普通のオートマと同じです。

Thumbnail_1512208614299M3のノーマルモードはいたって普通のマイルドな乗り味。

長距離のドライブも苦になりません。

ステアリングにM1・M2のスイッチがあるのですが、そこでお好みの走行パターンを設定出来る訳です。

今回は・・・・・

*M1モード*

走行モード     :オートマ

トランスミッション:スポーツ

ステアリング    :スポーツ

サスペンション    :スポーツ

*M2モード*

走行モード    :パドルシフト

トランスミッション:スポーツ

ステアリング   :スポーツ+

サスペンション   :スポーツ+

Thumbnail_1512208597824トランスミッションをスポーツ+にすると、公道を走るのには過激すぎ!!

一般走行モードは、比較的静かな音量。

M1・M2モードは、回転数に応じた心地よい爆音。笑

今のところ、これで暫くは3通りのM3ライフを楽しめそうです。

2017年12月 1日 (金)

ビットコインとは何なんだ?

ビットコイン乱高下、再び下落-取引所が需要急増に追い付けず

(Bloomberg) --

仮想通貨ビットコインは30日、一時11%安となった。急増する需要にオンライン取引所が追い付けず、不安定な動きが続いている。

29日に1万1000ドルを突破して過去最高を記録した後、約20%の下落と上昇を行き来している。この変動の激しさは、ビットコインキャッシュなど他の仮想通貨にも重しになった。

アカデミー・セキュリティーズのピーター・チア氏は電子メールで「29日の乱高下はビットコインの標準から見ても記録的だ」とコメントした。

仮想通貨取引所で最大手の一つコインベースは、29日の機能停止と遅延の後、まだ正常に戻っていないとウェブサイトで説明した。

仮想通貨ヘッジファンド、アクシオンVのマネジングパートナー、モーガン・ヒル氏は、「これだけ高くなっているとネガティブなニュースが出れば少なくとも幾分は下落する。問題は買い手がすぐに戻ってくるかどうかだ」と話している。

00ワタシ、勉強不足ゆえビットコインの仕組みが理解できんのですわ。

・・・というか興味がないからなんですがww

何の保証もない対象物に対してお金と換金する。

ワタシ的思考回路では、ゲームセンターのコインとか、パチンコ玉。

もう少し品良く言えば、カジノのチップみたいなものにしか感じないんですよ。

Tpfmどんなに世の中が騒いでも、ワタシの興味はビットコインには向かないでしょうなぁ~

ワタシなら本物の黄金を買っときますがね・・・・・。

« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »