« 組合の為に良かれと思ってしている事が歓迎されない件 | トップページ | 最近の車はミラーマンばかりだw »

2018年3月 9日 (金)

墓石業界者必見!今後は経済地獄が到来する

危険な場所で生き残るには「常識を働かせる」というのが一番の方法だ。

多くの危険は常識があれば回避できることが多いし、その対処も常識を基本にしていればおおむね正解に辿り着けるからだ。

運の良さも、常識が土台になっている。

だから運が良くなろうと思えば、常識を持つのが手っ取り早い。

(keisei Suzuki氏Twitterより)

1b52708csワタシ的思考回路による、この先の日本国の経済展望は『大凶』でございます。

来年度には消費税が10%になり、2020年のオリンピック特需の消えた先には『大不況』が待っているはずです。

そこにきて、高齢者の医療負担も1割➡2割、2割➡3割へと上がります。

大不況下において、高齢者に対しての医療負担割合増。

建墓を考える層の経済的ダメージは、とても大きいと考えられます。

上記のコメント内にある「危険な場所」を「墓石業界」と言い換えて考えてみましょうよ。

常識的に考えれば結果は判るでしょう?

5ssoaaqq_400x400

« 組合の為に良かれと思ってしている事が歓迎されない件 | トップページ | 最近の車はミラーマンばかりだw »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

国家の貯金箱にあるのは将来の税収を担保にした借用書の束。これからは美味しい話は無いはずなのに人材を育てる教育、将来不安を緩和する社会保障を削減し使い道の無い下関沖の人工島、貸し切り状態の山陰自動車道を建設します。最早、老後の沙汰は自己責任で自助努力しませんと野垂れ死には必至。安倍総理の昵懇の堀義人氏の提言で介護保険、医療保険共に年齢関係なしに三割負担を導入予定。

>高貴なる野蛮人 さま

こんばんわ!

今後、年数が経つほど国家をあてにした老後の生活設計には無理が出てくると思います。

なのでワタシは、『年金や社会保障は ほとんど無いもの』として考えて老後の生活設計を立てています。

年金も現役の30%も出れば良しとして、保険関係は生涯3割負担くらいで考えています。

それ以上に年金給付割合が減少したり、保険関係が4割、5割となった時には国家も終わりでしょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/66476347

この記事へのトラックバック一覧です: 墓石業界者必見!今後は経済地獄が到来する:

« 組合の為に良かれと思ってしている事が歓迎されない件 | トップページ | 最近の車はミラーマンばかりだw »