« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »

2018年4月

2018年4月25日 (水)

「ON」の人、「OFF」の人

誰にでもあると思うのですが、「ON」の人と「OFF」の人がいると思うのですよ。

簡単に言えば・・・・・

「ON」の人=ウェルカムの人

「OFF」の人=サヨナラの人

とでも言いましょうかね。

普通の人との関わりの中でも、ワタシには存在します。

普段の付き合いや言動などの中で、ワタシには無理って感じの人。

それはどうでもイイんですけどね。

1508157137195しかし、ワタシと接点を持った人、いわゆる「ON」だった人が、色々なきっかけでワタシの元を去っていた人達・・・・・。

例えば知人・友人・従業員等々・・・・・。

そういった人達が去っていった後の その人の人生ってのが摩訶不思議なもので、なぜか悲惨なのです。

ワタシ自身気付かなかったのですが、知人に言われて「確かにそうだよなぁ~」と思わせる節もあるのですよ。

その悲惨を書いてしまうと、多分あの人だろうと特定されてしまうので書けませんが・・・・・。

1508157031233その知人が申すに、「ワタシは『ON』の人に対して、ワタシの知る知識や有益な情報などを皆に知らせているから。自分だけ良くなりたいという考えがないから・・・・・。」と言います。

ワタシ的には当然の思考回路なんですがね。

だってワタシの仲間、皆で良くなっていった方が皆で人生楽しめるでしょ。

ワタシの数少ない友人達には感謝でございますよ。

それを教えてくれた「佛の師匠」にはいくら感謝しても し足りないくらいです。

2018年4月16日 (月)

今回は株主総会に行ってみようかな・・・・。

ワタシ、以前から投資に興味があり運用をしております。

リーマンショックの時にチト多めのダメージを負い、株の世界から遠ざかっていたのですが、昨年2月から とある株を買ってみました。

ヘソクリでの資産運用なので、家庭に迷惑をかける事はありません。猛爆!

Thumbnail_20180416_162309今回の株主総会招集の案内。

今回ばかりは株主総会に行って、社長直々の話を聞いてみたいと思わせる会社なので、時間が許せば株主総会に行ってみたいですねぇ~

ここの会社は、『会社善し・株主善し・患者様善し』の三方善しの会社でございます。

なので、そこの株主になって患者様の為になる投資をする。

その事によって、ワタシ自身にも見返りが与えられる。

素晴らしい会社に巡り合えました。

そこへ導いてくださった方にも感謝でございます。

Civgvkxucaadmxb

2018年4月15日 (日)

石材地場産業の宴の後

ワタシが住まう地域は、石材関係(墓石や灯篭中心)の地場産業と言われる地域なのデス。

場所で言うと、茨城県 旧真壁町~大和村~岩瀬町~笠間市稲田地区でございますな。

20180415_161416現在では惨憺たる状況下でございます。

ワタシが考える、今後のこの地場産業地域の一番の大問題は廃材処分でしょう。

至るところに墓石や墓前灯篭などの石材が放置してあるのですよ。

20180415_161359_2しかも、不法投棄だろ!という場所も数多と見かけます。

ワタシがこの業界を去る時、工場敷地内の石材を全て業者に処分をお願いするとしたら、大型ダンプ200台以上は超えたでしょう。

20180415_161342そういった処分材が茨城県旧真壁町~大和村~岩瀬町~笠間市稲田地区の至るところにあるのですよ!

単純に考えても大型ダンプ数万台レベルでしょうね。

この地区で地方選挙や国政選挙がある度に、「地場産業の振興」とか「地場産業の諸問題を解決します」なんて言っていますが、当選してしまえば ただのリップサービスですわ。

真壁石・羽黒糠目石・稲田石の採掘場を持っている業者は、まだ同じ石なら山(採掘場)に埋め戻しもできますが、中国材がほとんどのこの界隈でございます。

高額の金銭を支払って不要の中国墓石の処分ができる業者は皆無に等しいでしょうね。

石材地場産業の宴の後は地獄でございます。

2018年4月 7日 (土)

世の中はいつも動いている

時代によって『望まれている能力』は違っている。

石器時代は誰よりも狩りのできる者が求められる。

農耕時代になれば、誰よりも長く地道に働ける者が求められる。

その後、時代を経てコミニュケーション能力、計算能力、知的能力を求められる時代になった。

いつの時代においても、同じ能力が必要では無くなったのだ。

時代が変われば当然の事、求められていくものも変化するのである。

そして、これからはどうなのか?

『強い者、賢い者が生き残れるのではない。変化できる者が生き残るのだ』

今後、一番怖いのは、『今の価値観も変わり、求められているものも変わっているのに、それなのに自分が変われない』事なのではないだろうか?

(ブラックアジア様より一部抜粋)

”中島みゆき”さんの世情の歌詞にもあるように、

『世の中はいつも変わっているから、頑固者だけが悲しい思いをする・・・・・・。』

ワタシ自身、上記の歌詞のような事を、嫌というほど味わってきたのですよ。

おっと、話がそれました。

ここ数年、世の中の動きが加速して激しすぎるんですよね。

その加速していく世の中の動きを読み、毎日毎日を生きる。

2010091619590000『今日亦無事』でございますよ。

いまだかつてない速さで世界情勢は変化しようとしているし、日本の国政だけは平和ボケそのもの。

ワレワレ庶民だって、これから間違いなく起きる「ニッポンの激変」に備えなければなりません。

これからは時が経つにつれ、国家はワレワレ庶民を助けてはくれません。

特に社会保障制度は破綻します。

生活保護や国民年金、厚生年金、保険制度は大変厳しいものになるでしょう。

5ssoaaqq_400x400「自分の身は自分で守る」

「国家(年金等)をあてにした人生設計(将来設計)はやめる」

それくらいの心構えが必要になってくるでしょう。

「国家から幾ばくかでも貰えるものがあったら儲けもの」

そう思っておいた位でちょうどいいと思いますよ。

2018年4月 1日 (日)

正規取り扱いの重機屋でもインチキくさい事してるんだな!

栃木県上三川町に、とある重機屋があるのです。

Thumbnail_1522484660398そこで新車の重機が近隣の石材店の採掘場に売られ、その後その石材店からワタシの会社に売っていただいたのです。

ワタシの会社が転業するにあたり、その重機を売却したのですが、その売却先から「この重機の製造番号がおかしいので輸出できない・・・困った。」との話があり、とりあえず買い戻す事にしたのです。

とにかく、その重機屋の言う事がおかしいのですわ。

Thumbnail_1522484666136○重機メーカーに販売証明を依頼しても、一か月半から二か月かかる。

○自分の会社に近隣の石材店に売った書類があると言っていたのに、近隣の石材店に売った年の2年間分だけ書類がない。

○近隣の石材店にこの話を問うたら「ウチは中古で買ったんだよ」と言われた。

○電話をくれと言っても電話がこないだの・・・・・・。

○あまりにも対応が酷いので、消費者センターとか盗難相談してみるしかないかと言ったら、「その重機は世に出なくなりますよ・・・。」ってな感じで、半ば脅しですわ。

Thumbnail_1522484673398こちとら金じゃねぇんだよ!

お宅の会社の対応が不満なんだよ!!

鉄くず扱いになってもいいから、その重機屋に対して、とことんやってやる!!!!

その決意なんですわ。

なんか名案ないかしらん?

不動明王は全てお見通しなんだからな!!

P7030027


« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »