« 低速官能のポルシェ | トップページ | 人生の転機➡己の行動しかありえない。 »

2018年5月14日 (月)

ホーキング博士の遺言

ホーキング博士が亡くなる直前まで「人類はあと100年」と警告し続けていた理由

 3月14日、“車いすの天才物理学者”として知られるスティーヴン・ホーキング博士が亡くなった。博士は晩年、「人類に残された時間はあと100年」と、多くの“警告”を繰り返し発していた。

◆「100年で終了」かどうかは人類の選択にかかっている

 亡くなる直前まで、人類への警告を発し続けたホーキング博士。その発言は専門外の分野にまで及び、晩年になるとより強く警鐘を鳴らすようになった。それはなぜなのか? 博士に関する記事を多数執筆している、国際政治経済学者の浜田和幸氏はこう語る。

「博士は家族に対する強い思いがありました。彼は21歳のときにALS(筋萎縮性側索硬化症)を発症、人生の大半を車いすで過ごし、多くのハンディを伴いながら研究活動を続けてきました。そしてそれは、最初の妻と3人の子供たちに支えられていたのです。『人類はあと100年しかもたない。このままでは、子供や孫が暮らしていけなくなるに違いない』という危機感が、余命を意識するたびに募っていったのでしょう」

 AI技術に詳しい京都造形芸術大学の谷崎テトラ教授は「博士の警告は『このままいけば』ということで、『人類の進み方によっては、破滅を回避できる』という意味も含んでいます」と指摘する。

「例えばAIの進歩は、世界のさまざまな問題を解決することに活用できます。個人の頭脳では不可能な膨大なデータ処理を担い、『最適化』つまり最良の選択肢を用意することが可能になります。AIは地球温暖化対策を策定するのにも有用ですし、戦争や貧困をなくす方向に活用することもできます。結局は、人類がどういう未来を選択するかにかかっているのです」

 博士は自身が出演したドキュメンタリー映像『スティーヴン・ホーキングの一番好きな場所』のなかで、「人類は特別な存在だという考えを捨て、思いやりと謙虚さをもって行動しなければならない」と語っている。

「これまで人類は科学技術を飛躍的に進歩させる一方で、破壊や対立も巻き起こしてきました。今後は”人間らしさ”がより必要になってくる時代です。傲慢さを捨てて欲望をコントロールし、何としても現在の危機を克服しなければならない。我々は、博士の言葉を深く心に刻むことが必要でしょう」

ホーキング博士は100年ですか・・・・。

ワタシは良くて50年とみてるんですがね。

ワタシ的思考回路では、世の中の様々なシステムが行き着く所まで行き着いてしまって、あとは崩壊を待つのみの世の中になってきた感があります。

一度、人間界がリセットされる時が、半世紀後位にはやってきそうな感じがします。

Otiruそれが破壊的リセットであれば、「ハイそれまでよ~」。

次の人類の為にバトンタッチしていく為の創造的リセットなら、先は多少明るいのかもしれません。

しかし、人類は愚かなものです。

過去を振り返った時、破壊と再生の繰り返しでしかありません。

これから人類が破壊を選んだ時、再生はありません。

それであっても人類は愚かなのですよ・・・・・。

もちろん、ワタシも含めてですけどね。

« 低速官能のポルシェ | トップページ | 人生の転機➡己の行動しかありえない。 »

独り言」カテゴリの記事

コメント

テスラモーター社長の化成移住計画は荒唐無稽。私も50年前後で地球が死の惑星になり果てると予測。後悔せぬ様に遣い切って死ぬ所存に候。

>高貴なる野蛮人 さま

おはようございます!

(元)ワタシが仕事をした業界である墓石関連産業は、地球より早くあと数年で終焉を迎えそうです。

ワタシ自身も、やりたい事をドンドンやってお迎えを待つつもりです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/66718244

この記事へのトラックバック一覧です: ホーキング博士の遺言:

« 低速官能のポルシェ | トップページ | 人生の転機➡己の行動しかありえない。 »