« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »

2018年12月

2018年12月31日 (月)

来年の数珠は『虎眼石』

2018年大晦日でございます。

毎年、新年に数珠を変えております。

Thumbnail_20181231_085755今年は自分にとって、『基本冷静であれ』、『しかし肝心な時は攻めろ』という事で、中心3点は『虎眼石』(強さの象徴)、周辺は『青水晶』(冷静な判断)の数珠をしておりました。

そしてワタシにとって来年は勝負の年。

とうことで、全て『虎眼石』でございます(偶然なんですが・・・・)。

ワタシには故 酒井雄哉大阿闍梨より入魂していただいた数珠が3つあります。

ひとつは全て『本水晶』。

ふたつは全て『虎眼石』。

みっつは『総黒檀』。

今やっている『虎眼石&青水晶』は藤波源信大阿闍梨より入魂していただいたものです。

1年毎のローテーションで身につけております。

ちょうど来年は『虎眼石』。

やはり勝負の年なんですよね。

2018年12月29日 (土)

ええじゃないか!

ポルシェGT3オーナーさんなどの皆さんがよく語っているのは「Life is short」ということ。

人生短い。出来ることを、出来るうちに楽しまなければ、いつまで待つの、と。

乗らなくて後悔するなら、まずは乗らないと。

1501209x830ワタシの一番の趣味はクルマ(ポルシェ)でございます。

上記のコメントはポルシェのハイパフォーマンスモデルを購入した方々が良く口にする言葉なんですよね。

最近この事(コメント)を知ったのですが、まさに今のワタシの心境そのものでございます。

やはり間違っていない!

そう確信したコメントでございます。

万が一、911GT3が入手できなかったらグレてやる!猛爆!!!

アウディR8しか残っていなくなる・・・・・。

R8051

2018年12月28日 (金)

株式メモ その14

買付後損益     +337.83%     ¥24,404,900(税引後)

週間損益        -9.17%    ¥-663,000

年末にかけて、米中貿易関税に絡んだ金融不安にやられた12月でございましたなぁ~

そういった中にあっても、買付後損益+2,440万円を確保できた事は、とてもありがたい事でございます。

2017年大納会 3225円

2018年大納会 8110円

年間を通して言えば、とても良い年になりました。

来年はビッグIRが目白押し!

1年先の事を言えば笑われますが、2019年大納会の株価が楽しみでございます。

Yjimagegi9w649r

2018年12月27日 (木)

年の瀬に思ふ

年末でございますなぁ~

明日、28日が仕事納めって会社も多い事でしょうね。

ワタシにとっての年の瀬。

今年は何ともいえずマッタリしております。

それは、年末金策が頭に無いからでしょう。

=閑話休題=

元の業界(墓石会社)は大変なようでございますねぇ~

○銀行融資の返済が滞り、返済条件緩和を銀行にお願いしている会社。

○石材工具(消耗品)の支払いが出来ない会社。

○台風等で壊れた工場建物を直せない会社。

○乗用車やトラックに任意保険をかけられない会社。

○廃材処分が出来ず、敷地内に廃材が溢れている会社。

○地元石材組合費の支払いが滞納気味の会社。

○中国輸入墓石の支払いが遅れている会社。

中国の知り合いから中国石材会社作製のブラックリストなる物を一部見せてもらいましたが、  『えぇ~あの会社がぁ???』という感じの、意外な会社があったりするのですよね。

地元だけでも、かなりの数がありましたわ。

厳しい年の瀬を迎えている会社もあるのでしょうね。

まぁ~以前のウチもそうでしたから。猛爆!

駆け込み需要が期待出来ないまま、来年に消費税が10%になり需要激減。

再来年はオリンピック後の景気後退(どこの国でもオリンピック開催後はそうでした)。

2019年~2020年。

シャチョーさん達にとっては、大きな転換点となる年でしょうね。

1456

2018年12月25日 (火)

明日、26日は・・・・・。

明日の26日は2019年度NISAの買い付け可能日でございます。

地合いの悪さが目立つ中、どこの株価も下がっております。

しか~し!

1b52708csワタシにとっては願ってもないチャンス!!

なるべく安く1枚買い増ししましょ。

残りはケアネットでも買っときましょうかね。

大納会までに何とかしたいですな。

=追記=

家に帰って数珠を外した時、酒井雄哉大阿闍梨入魂の数珠が切れました。

中心はタイガーズアイ→強さ・情熱を示す。

周辺はブルークォーツ→冷静な判断を示す。

とりあえず自分の器量の範囲内での株数は保有済みなので、今年の買い増しは止める事にしましょう。

来年の数珠は全てがタイガーズアイ(虎眼石)なので、来年に判断は持ち越しましょう。

2018年12月21日 (金)

株式メモ その13

買付後損益   +347.00%     ¥25,067,900(税引後)

週間損益       -32.70%   ¥-2,145,000

今週は世界同時株安にやられました。

しかし、ビクともしませんがね。

ワタシのような素人投資家は余裕資金での投資が必須でございます。

ワタシの場合は、自分の小遣い内での投資でございます。

家庭の生活資金を使っての投資はご法度!

万が一の時には家庭崩壊を招きますからねぇ~

20160518190822ab7

2018年12月19日 (水)

素晴らしすぎるぅ~

損益+406.39%!

とうとう400%の大台に乗って来たぜよ!

>これからです。(談:サンバイオ社 森社長)

SB。

ソフトバンク?

サンバイオ?

本日、ソフトバンクは修羅場でございますな。

この1年を振り返る

師走も後半に差し掛かってきました。

しかしまぁ~今年はワタシにとって、色々とありすぎた年でしたな・・・・・。

自分自身の今年の忘備録として残しておきましょうか・・・・・。

******************

第一番目に挙げたい事は、自社株式をM&Aで売却し、代表取締役を降りた事ですかな。

しかし、それはとてもラッキーな事で、会社名は残せるし取締役として残れたし・・・・・。

創業明治15年のこの会社(社名)。

次世代にも社名は継続して残せる事になります。

M&A検討~引き渡しに至るまでには大変な労力が要りましたが、ありがたい出来事でした。

*******************

ワタシの所有している株式(バイオ)が良い結果をあげてくれている事。

来年は更なる飛躍が期待できそうでワクワクしております。

*******************

自身で最後になるであろう大好きなクルマ、(ポルシェ911GT3-4.0)を来年末頃に入手出来そうになった事。

これはとてもレアなクルマで人生最後のポルシェには最高なんですよ。

*******************

忙しい中でも旅行に行けた事。(その1)

9月に台湾に行き、食三昧!

占いをしてもらって、「自分の良いと思う事は、独占せずに友人・知人に広めなさい」との事。

良い事と言えば、株でございます。

たくさんの人に話をして、5名がその銘柄を買って、現在すべての人が損益+(プラス)でございます。

*******************

忙しい中でも旅行に行けた事(その2)

初めて行った韓国仁川パラダイスシティ!

まさに天国!

来年は1月に台北(占いのお礼)、韓国仁川パラダイスシティ(早春決定)。

秋にはカナダへオーロラを見に行く!予定を立てております。

*******************

自分自身が大病の恐れありで、精密検査を受けた事。

大事にはならなかったのですが、あの症状が大病と絡んでいたとしたら、今頃は良くて大病院に入院中、最悪あの世逝き・・・・・。

今考えるとゾッとしますわ。

今、健康でいられる事に本当に感謝でございます。

*******************

大切だった人が去っていった事。

ワタシ個人的には一番のショックでした。

ほんのチョットした事から、心や感情ってのはすれ違ってしまうのですね。

一番悔やまれます。

*******************

一日一生、人生一度きり。

己が納得できる人生を生きるのみ!

2018年12月14日 (金)

株式メモ その12

買付後損益   +376.70%     ¥27,212,900(税引後)

週間損益       -15.11%   ¥-1,092,000

みずほ銀行とのコミットメントライン契約により騰がることが予想されましたが、月曜日に騰げただけで、あとは機関の揺さぶりかAIアルゴの怪しげな値動きが続きました。

どうしても騰げたくない思惑でもあるのでしょうかね。(毒)

しかし、本日引け後の3Q決算発表があり、簡単に言えば赤字が約半分になっています。

これは嬉しい内容でございますな。

薬剤が上市されていないのにバイオ関連企業の黒字化は無理な話です。

薬剤が上市→黒字決算は当然の事です。

なかなか良い3Q決算でございますな。

2018年12月 8日 (土)

日本経済の失速は加速する

75歳以上の医療保険料の軽減特例、来秋廃止で検討へ

政府は、75歳以上が加入する後期高齢者医療制度で低所得者の保険料を軽減している特例を、来年10月の消費増税時に廃止する方向で検討に入った。

特例廃止で社会保障費は年約600億円削減できると見込む。来年度は半年分の約300億円で、薬の公定価格(薬価)引き下げなどと合わせ、6千億円と見込まれる来年度の社会保障費の伸びを5千億円未満に抑える。

後期高齢者医療制度は、低所得者の保険料を7割軽減する仕組みとなっているが、収入に応じてさらに最大9割まで軽減する特例がある。

ともに年金収入が80万円以下の夫婦2人暮らしなら保険料は9割軽減され、全国平均で1人月380円だ。

政府は現在進めている来年度予算編成で、この特例を消費増税時に廃止することを検討。

消費増税による増収分を使った低所得者の介護保険料軽減や低年金者への給付を併せて実施することで、特例廃止による「負担増」が相殺されると見込む。

また、相殺されない場合でも負担増を防ぐ仕組みを早急に検討する。

政府の社会保障制度改革推進本部は2016年12月、特例を17年度から段階的に廃止すると決定。

17年4月の消費税率10%への引き上げに伴う増収分で低所得高齢者の負担を軽減することが前提だった。

だが、安倍政権が消費増税の延期を決めたため、特例廃止も先送りされた。

(朝日新聞デジタル)

上記の記事を見てわかるのは、国家はワレワレ庶民を見放してきている・・・・・という事でしょうかね。

一番の問題は、日本の人口構成の高齢化が物凄い勢いで加速してる事でしょう。

日本国が高齢者の社会福祉を支え切れなくなってきているのですよ。

ワタシが以前から言っているように・・・・・

1)2019年の所費税増税後の消費停滞。(駆け込み需要も少ないと思われ)

2)2020年オリンピック特需(たぶんないと思う)後の景気後退。

3)そこに2019年の消費税増税に合わせて高齢者や社会的弱者の医療費負担増ですわ。

1)2)だけで日本経済は深い谷底に失速するとコメントしてきました。

そこに3)が加われば『日本アカン!』確定でしょう。

210bc00056_02752d235cd14e4faae9a5fe
最近は税金の滞納者に対しての督促や差し押さえにも行政側は本腰を入れてきています。

ワタシもつい最近まで経営者代表サイドにおりましたが、従業員に対しての税金滞納のお尋ね&給与差し押さえの封書が昨年あたりより来るようになりました。

『逃げ得は許さん!!』とばかりの勢いですわ。

気が滅入るような話ばかりですが現実です。

年金はあてにならないわ、医療費等の社会保障は高くなるわ・・・・・。

これからワレワレ庶民は『自分の身は自分で守る』時代がやってきたように感じますな。

2018年12月 7日 (金)

株式メモ その11

買付後損益   +391.81%     ¥28,304,900(税引後)

週間損益       +23.75%     ¥1,716,000

今週は三菱UFJ銀行とのコミットメントライン契約のおかげで、週明け早々には爆騰げだったのですが、米中に関係した外的要因の地合いの悪さで、週末にかけてやや失速気味でした。

しかし、週間損益では+で引けたので良かったですな。

そして、またまた本日ナイスなIRでございます!

今度はみずほ銀行とのコミットメントライン契約(20億円&0.15%)でございます。

また週明けも爆謄確約!

Image1544157767966_2サンバイオ社、2017/12/19~2018/11/30間の東証上場銘柄においての騰落率№1ってのにもシビれますねぇ~

ホント、出会えて良かったとつくづく思える銘柄でございます。

ありがたい事でございます。

でも、こうなるまでにはワタシもそれなりの勉強はしている訳ですよね。

=普段の生活サイクル=

起床後、TV(モーニングサテライト)を見る

<仕事>

昼食時、NHKニュースを見る

<少々昼寝>

<仕事>

<帰宅・風呂&夕食>

19時半から報道19:30又は20時からプライムニュースを見る

22時から日経プラス10を見る

*合間にネットで経済関係の情報を検索

<就寝>

それなりに国内外の経済情報には神経を尖らせていたりするんですよね。

何も無しに結果は出せません。

三代にわたって生業としてきた純国産墓石製造卸業をM&Aに踏み切ったのも、そういった情報をもとに検討し、結果を出したのであります。

ぼんやりダラダラと生きていては、全てをなくしてしまう時代にワレワレは生きているって事を実感するのですよね。

55歳を超えれば大きな企業では定年退職の時ですわ。

ワタシも56歳。

病気が一発くれば、大きく人生の方向が変わってしまう年齢です。

そうなる前に人生楽しまねばね。

今まで人並み以上に働いてきたという自負がありますから、堂々と人並み以上に楽しんでやりますわ!

« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »