« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »

2019年3月

2019年3月21日 (木)

当地、茨城県桜川市での投資について考える

投資と言えば、色々ありますわな。
株式投資。
金投資。
先物投資。
その他金融関係への投資。
不動産投資。
当地のような田舎において、投資で注意するのは不動産投資でございます。
当地は県内でも不動産担保価値は最低でございます。
3a463051
アパート経営で不労所得・・・・。
なんてのは今後は甘~い!
人口減少や高齢化の中、魅力のない場所に誰が住みますか?
建物は老朽化し修繕費もかかるし、固定資産税もかかりますわな。
今まで6万円の家賃を3万円くらいにしなければ、近い将来は借りる人も減るでしょうね。
当地においての不要な不動産は無くすのが一番。
土地があれば、将来にわたって有力な会社に貸地として借地料をいただく。
それしかありませんな。

2019年3月13日 (水)

これでは日本医療制度は崩壊するな

今日、訳あって地域の中核病院に行ってきたのデス。

再診なので(予約なし)8時の受付開始30分前に病院に行きました。

ワタシはかかる診療科の『予約なしの方の診察番号1番』。

まぁ9時からの診療開始だから、10時くらいには診察を受けられるだろうと思っておりました。

それが、ワタシが呼ばれたのは11時30分!

予約なしの診察番号10番とかの方は何時に呼ばれるんだろう????

現状でも高齢者がたくさん病院に来ておられます。

これから益々高齢化社会になって、もっと高齢の患者さんは増えていく事でしょう。

1d40eaaa患者負担を5割とかにしないと、日本の医療制度の崩壊は近いかも・・・・・・と思わざるを得ない中核病院事情でございましたな。

これは待ったなしの大問題ですぞ!!

2019年3月11日 (月)

3月11日に思ふ

忘れもしないあの日。

様々な方々が、たくさんのものを失った。

そして今がある。

ワタシ自身も大変な思いをした。

けれど今、生きている。

2010091619590000『今日亦無事』を思い、これからも一日一日を生きていく。

2019年3月 7日 (木)

歳をとれば『年金』をもらう事になるんだ!

ワタシ、四捨五入すれば60歳ですわ。

そういった歳に突入して思うのは、60歳以降になったら年金をもらう事になってもおかしくないんだなぁ~って事ですわ。

14538182811段々と身体のキレは悪くなりますわな。

常に何かしら、身体のどこかの違和感や不調を感じますわな。

夜更かしなんぞ絶対に出来ませんわな。

ちょっと無理すると、身体がしんどいですわな。

今の歳でコレですわ。泣

これが実際に60歳、65歳となったら・・・・・・。

アカン、アカン!それ以上考えますまい。

そんな中で生活していく上で大切になってくるのは、ある程度の安定した収入って事になります。

まずは・・・・

1)とにかく働く

2)ある程度の貯蓄

3)公的年金(厚生年金など)

4)個人年金

5)不労所得=働かないで得る所得。利子・配当金・家賃・地代など

早くリタイアしたいので、(1)は無し!!

3a463051あればありがたいのが、(5)の不労所得でございますよ。

今後、ますます厳しいものになっていくしかない、日本の社会的弱者や高齢者に対しての国家の政策。

現在、今後に備えて不労所得を得る為に諸々投資検討中&実施中でございます。

2019年3月 1日 (金)

GT3とM3のステアリングの太さの違い

まず先に株式関連は大きな材料もなく変化があまりないので、一時お休みでございます。

********************

本題に入りますが、’18 ポルシェ911 GT3-4.0 と ’17 BMW M3 のステアリング(ハンドル)の太さの違いについてのワタシ的考察です。

20190113_11424840GT3のステアリングの太さは、やや細目に感じます。

それと比べM3のステアリングは太く感じます。

ハイパフォーマンスカーなにの、何故ステアリングの太さに大きな違いがあるのか?

P1_2ワタシの考えはこうです。

GT3はサーキット走行中心の利用にも使える為。

M3はあくまでハイパフォーマンスセダンの位置付け。

サーキットを走る為には、FIA公認(国際自動車連盟)のグローブが必須です。

ステアリングを握る部分は革製になっています。

太いステアリングに皮のグローブだと、一層ステアリングが太く感じ、握りにくくなってしまいます。

そんな事もあってかポルシェ911 GT3は、やや細目のステアリングのところへグローブを使用して、ちょうど良い握り具合になるのではないか?と思います。

コレは個人的な感想なんですが、ワタシ自身サーキットを走ったら感じる事だろうと思いますな。

« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »