« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

2019年5月

2019年5月26日 (日)

ドイツ車は大好きなんだけど、メルセデスだけは何故かアンチなんだよね。

ワタシ、ドイツ車の大ファンなんですよね。

20190210_141350  ポルシェ。

20180831_073118 BMW。

Img_0585 アウディ。

Thumbnail_20180630_164542_1 フォルクスワーゲン。

オペル等々。

Img_6265 しかし、何故かメルセデスだけは受けつけないのですわ。

ギリギリ許せてもAMGか・・・・・。

2009100315140000 何故、アンチで受けつけなくなってしまったのか?

それは、ワタシの住まう地域に要因があるのですよね。

Img_9325 ワタシの住まう地域でメルセデスに乗る人達の多くは、安い中国材で儲けた石屋。

他の石屋の小売の仕事をひっくり返して奪っているのに、お客の前では綺麗事を言って仕事をしている石屋。

そんな連中が多く乗っているクルマがメルセデスなんですよね。

そういった事もあってか、メルセデスだけは生理的に受けつけないクルマになってしまいました。

リセールは最悪ですが、乗り潰しのクルマとしてはイイ車なんですけどね。

2019年5月17日 (金)

フィンランドや!

今秋、一人旅決定!

Yjimage

2019年5月11日 (土)

米中貿易戦争勃発や!

米中協議、次回は北京で 中国「原則は絶対に譲歩せず」

 米中高官級協議を終えた中国の劉鶴(リウホー)副首相は10日、ワシントンで中国メディア向けに記者会見し、次の協議は北京で開かれることを明らかにした。「交渉は破談したわけではない。今後は慎重に楽観している」としたが、時期には言及しなかった。

 劉氏は10日終了した協議について、「多くの部分で共通認識を得られているが、一致しないところもある。これらはみな重大な原則に関わる問題だ。いかなる国にも重要な原則があり、原則問題では絶対に譲歩できない」と主張。中国側が合意を翻したとする米側の批判については、「まとめる前であり、どんな変化があろうとも自然だ。中国側が『後退した』との見方に同意しない」と強調した。

 米国に対して「平等で尊厳に配慮するという前提での協議が必要だ。この点について、米国側は十分理解して欲しい」と呼びかる一方、米国による追加関税には「強く反対する。中米にも世界にも不利益だ。必ずや反応せざるを得ない」と報復する姿勢を示した。

朝日新聞社

米中の関税の件、キナ臭くなってきましたね。

この状態がこのまま続くとなると、世界経済が大きなダメージを受けることになります。

世界貿易金額の大きなアメリカと中国です。

世界中をリーマンショック級のダメージを負っても不思議ではありません。

特に日本においては、消費税が10%になり購買力が低下し、東京五輪後の経済不況で景気の大きな停滞は見えています。

そこに米中貿易戦争のあおりを受けるのですよ・・・・・。

ワタシ的には2020年末以降を考えただけで気が滅入りそうになりますよ。

今になって、経営サイドを離れて良かったと、つくづく思いますわ。

2020年末に経営サイドにいたら、毎日毎日睡眠薬の日々になってしまいそうです。

2019年5月 1日 (水)

平成は過ぎ去った。問題は令和をどう生きるかだ!

お祭り騒ぎの令和元年5月1日が終わろうとしております。

ワタシにとって平成は、激動の時代でありました。

しかし、過ぎ去った日々は戻らないので何も言いますまい。

問題は令和!

これからでございます。

令和をもってワタシの一生も終わるかもしれません。

そのような年齢に差し掛かった今、思う事がるのですよね。

やりたい事は躊躇せずにやる!

迷った時には行動を選ぶ。

その為には、ある程度の金銭的余裕も必要になってきますよね。

その為に・・・・・。

1)無理のない範囲での定職(社会保険加入)に就き、一定額の安定収入を得る。

2)安全な会社に土地を貸し、地代収入を得る。

3)将来有望な新規に起ち上げる会社に初期投資をする。

4)リターンが期待できる金融投資をする。

5)個人年金に加入しておく。

これくらいを実践しておけば、逝くまで安泰でございましょう。

「大統領のように働き、王様のように遊ぶ」

王様とまでとはいかなくても、財布の中身をさほど気にせずに行動できる。

これからの人生、それくらいは許されてもイイと思いますね。

イイと思いますよね。

ではBMW M850i・・・・・。いいなぁ~

Nightsky_02

 

 

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »