趣味

2019年5月26日 (日)

ドイツ車は大好きなんだけど、メルセデスだけは何故かアンチなんだよね。

ワタシ、ドイツ車の大ファンなんですよね。

20190210_141350  ポルシェ。

20180831_073118 BMW。

Img_0585 アウディ。

Thumbnail_20180630_164542_1 フォルクスワーゲン。

オペル等々。

Img_6265 しかし、何故かメルセデスだけは受けつけないのですわ。

ギリギリ許せてもAMGか・・・・・。

2009100315140000 何故、アンチで受けつけなくなってしまったのか?

それは、ワタシの住まう地域に要因があるのですよね。

Img_9325 ワタシの住まう地域でメルセデスに乗る人達の多くは、安い中国材で儲けた石屋。

他の石屋の小売の仕事をひっくり返して奪っているのに、お客の前では綺麗事を言って仕事をしている石屋。

そんな連中が多く乗っているクルマがメルセデスなんですよね。

そういった事もあってか、メルセデスだけは生理的に受けつけないクルマになってしまいました。

リセールは最悪ですが、乗り潰しのクルマとしてはイイ車なんですけどね。

2019年4月 3日 (水)

超希少なエリカ様(911GT3-4.0)

ポルシェ991型GT3の中古車事情を探ってみたのですわ。

そこから見えてきたのは、GTシルバー色のエリカ様(911GT3-4.0)は超希少なんですわ。

現在、分かる範囲で中古車を色別で調べてみました。

**市場に出ている車両数79台**

白    48%

黒    20%

オレンジ  9%

赤     8%

グレー   7%

ブルー   3%

グリーン  2%

イエロー  2%

シルバー 1%

GTシルバーは1%でっせ!!

人気色では無いと言えばそれまでですが、ワタシのようにGTシルバーの色しか要らない!という方にとってはお宝でございますな。

同じ車両でも同じ色が超少ないってのは、天邪鬼のワタシにとっては最高でございますな。笑

20190210_14133730_2

2019年3月 1日 (金)

GT3とM3のステアリングの太さの違い

まず先に株式関連は大きな材料もなく変化があまりないので、一時お休みでございます。

********************

本題に入りますが、’18 ポルシェ911 GT3-4.0 と ’17 BMW M3 のステアリング(ハンドル)の太さの違いについてのワタシ的考察です。

20190113_11424840GT3のステアリングの太さは、やや細目に感じます。

それと比べM3のステアリングは太く感じます。

ハイパフォーマンスカーなにの、何故ステアリングの太さに大きな違いがあるのか?

P1_2ワタシの考えはこうです。

GT3はサーキット走行中心の利用にも使える為。

M3はあくまでハイパフォーマンスセダンの位置付け。

サーキットを走る為には、FIA公認(国際自動車連盟)のグローブが必須です。

ステアリングを握る部分は革製になっています。

太いステアリングに皮のグローブだと、一層ステアリングが太く感じ、握りにくくなってしまいます。

そんな事もあってかポルシェ911 GT3は、やや細目のステアリングのところへグローブを使用して、ちょうど良い握り具合になるのではないか?と思います。

コレは個人的な感想なんですが、ワタシ自身サーキットを走ったら感じる事だろうと思いますな。

2019年2月11日 (月)

『お銀』改名『エリカ様』 (’18 ポルシェ911 GT3)

20190210_14141330最近ワタシの所に来た『お銀』(’18 GT3)でございますが、『エリカ様』に改名する事に致しました。猛爆!

『エリカ様』(GT3)に乗った後にすぐ『菜々緒チャン』(’17 M3)に乗ってみたのですが、M3が速いラグジュアリーセダンのような感覚なのでございますよ。

そこまでアクの強いクルマは’92 911RS以来でございます。

なので『エリカ様』に改名でございます。

2019年2月 1日 (金)

新しい愛人「はやてのお銀」がキタ-------!!

壇蜜様との別れ。

20190129_10565730そして今週、新しい愛人「はやてのお銀」がやってきました。

2018年 GT3でございます。

コレ、まさに公道を走れるレーシングカーでございますな。

「はやてのお銀」はワタシ好みの仕様でございます。

ぶっちゃけいえば、GT3老人向け使用とでも申しましょうか。猛爆!

エクステリアは大きな変更はありません。

インテリアが老人向け。笑

サーキットを走る事もないので、バケットシートでなく普通のスポーツシート。

しかも、尻が冷えないように座席は暖房付き。

ミッションはPDK(オートマ)。

Fushigisyuppansya20180108t163a183a0この「はやてのお銀」の車両価格、今週の損益マイナス額とほぼ同じ。号泣!

しか~し!!

リセールはダントツでしょう。

場合によってはプレミアム価格になる可能性も秘めています。

もう死ぬまで、クルマを買うお金は必要ありません。

そう思えば納得ですわ。

2019年1月22日 (火)

壇蜜様との別れ(991.1)

Img_624230_2明日、愛しの壇蜜様との別れでございます。

『別れがあれば また新しい出会いがある』

大切にしてあげたので、次のオーナーにも気にいってもらえるでしょね。

しかしまぁ~ポルシェ911ってのはリセールバリューがイイんですわ。

6年落ちで残存価値69%でっせ!

新しい出会いに使わせていただきますわ。

サヨナラ壇蜜様・・・・。

2018年11月12日 (月)

人生最後のポルシェ決定!

思い起こせばワタシが24歳の時、親戚の叔父さんがポルシェ911に乗っていて、宇都宮にあるディーラーのエースモータース(ミツワ)を教えてくれて、クルマ好きだったワタシが一人で飛び込みで行ったのであります。

そこのディーラーの社長が太っ腹の方で、初めて会った若造(ワタシ)に、「私のクルマ(911SC)を貸してあげるからドライブしてきたら?」と半日も貸してくれたのです。

乗ってしまったら、もう終わり。笑

ディラーに夕方戻った時、「出モノ(中古車)があったら連絡してください!」というところからワタシのポルシェ人生が始まりました。

1994年製 944(中古)

1994年製 911カレラ(中古)

1996年製 911カレラ(中古)

1997年製 911カレラ(新車)

1992年製 911RS(新車)

 ☝この頃まではバブル期で買った車両価格でほぼ売却できました!

少し間があいて・・・・

1993年製 911ジュビリー(中古・カレラ4ターボルック)

2015年製 マカンS(ほぼ新車)

2013年製 911カレラ(ほぼ新車・991)

現在、2013年製 911カレラのみ所有でございます。

人生末期に差し掛かってきた今、最後の1台を考えていました。

555805そこに、ラッキーな事に抽選がとうに終わった2018年 911GT3-4.0(991)を入手することが出来るようなのです。

少量生産の希少車ゆえ、転売を防ぐような事も考えられているようです。

ディーラーの担当者様には感謝の一言に尽きますな。

B12とにかくNA(自然吸気エンジン)が大好きなワタシでございます。

その頂点に君臨すると言っても過言ではないモデル。

2018年モデルの受注なのですが、実際に外装・内装の詳細決定&正式本国発注は2019年春頃。

納車は2019年初冬~年末予定。

最終発注ロットになりそうです。(なおイイんだけど・・・・・。)

この911GT3-4.0でポルシェ生活は終わりにしましょう・・・・・。

2018年10月21日 (日)

奈々チャン、菜々緒ちゃん、壇蜜様

本日は晴天なり!

風もなく、気温・湿度も良好なクルマ日和。

なので・・・・

20180630_16455530_2朝一から奈々チャン(VW ポロ)のメイクアップ!

オレンジ色のメタリックが太陽の光の加減によって、微妙に色合いを変えてイイ感じです♪

静か&軽めのハンドリングで、普段乗りには使い勝手の良いコンパクトサイズ。

Img_289030奈々チャンのメイクアップを終えたら、菜々緒ちゃん(BMW M3)に乗って&義弟を誘って、いつもの十割蕎麦の店へ昼食!

細い十割蕎麦なので、あまり噛む事なく喉越しを楽しみました。

インプラント術後なので、ちょうど良かったですねぇ。

Img_625630家に戻って壇蜜様(ポルシェ911)に乗り換えて、家から15分くらいの大きなホームセンターへお買い物。

ここは駐車場が大きいので、安心して車を止められます。

壇蜜様の体温(油温)が完全に暖まってからの鼓動(エンジン音)は感動ものですよ。

2018年10月18日 (木)

BMW 新型3シリーズ・・・・。

新型3シリーズの動画・映像がどんどん上がってきてますね。

でも・・・・・

2018100320104331carview0007viewカッコ悪!

インパネ周り最悪!!

少しサイズアップしたようですが、いかんせんエクステリア&インテリアがよろしくないっすねぇ。

2018100320104331carview0047view_2リアデザインなんて古いレクサスデザイン?って感じ。

以前ポルシェ930系→964系に変わったように、993系→996系に変わったように、当時は何故か受けつけ難いものを感じたんですよね。

そういった感覚なのでしょうかね。

でも、現時点でワタシに購入意欲はゼロでございます。

CセグメントでBMWはアウト。

って事は、AMG C63S? VS アウディS4?に絞られてきた感じ?

そうだ!アルピナB3のデザインを見てからだな・・・・・。

2018年10月 9日 (火)

ポルシェ911turbo3.6かアウディR8か・・・・・。

25年前に製造された『ポルシェ911ターボ3.6』と新車の『アウディR8』がほぼ同じ価格でございます。

Porschenormalポルシェ911ターポ3.6は、ポルシェパラノイアとしては是非とも所有してみたい一台。

バブル価格になってしまいましたが、憧れのクルマでございます。

2015072920102522carview0005viewアウディR8は現行販売される車の中で、最も気になる車両でございます。

ポルシェの役物モデルやフェラーリ、ランボルギーニのような派手な凸凹がなく、シンプルなデザイン。

どちらも捨てがたい・・・・・。

な~んて言ってみる。猛爆!

より以前の記事一覧