原子力事故関連

2017年2月 3日 (金)

東電は最初から判っていただろうな

530シーベルトの衝撃 福島2号機、見通せない廃炉

炉心溶融事故を起こした東京電力福島第一原発2号機は、原子炉圧力容器の外側でも毎時530シーベルトという高い放射線量だった。

人が近づくと死に至る強さで、調査用ロボットを入れる予定だった場所は高熱で穴が開いていた。

想像を超える高い放射線量とひどい損傷で、廃炉作業の困難さが改めて浮かび上がった。

2号機の内部では1月30日、溶け落ちた核燃料の可能性がある黒い塊が撮影された。

東電がこの画像を調べた結果、内部の様子が明らかになってきた。

原子炉圧力容器の底部には制御棒の駆動装置などの機器やケーブルが見える。

機器や足場には、燃料や部品などが溶けて混じり合ったとみられる黒っぽい物質がこびりつき、水がしたたり落ちていた。

東電によると、毎時530シーベルトという放射線量は運転中の原子炉圧力容器内と同程度の放射線量にあたるという。

これまでは事故後の2012年、2号機の格納容器内で毎時73シーベルトが観測されたのが最高だった。

(毎日新聞デジタル)

東電は原発事故直後から、原子炉内がこうなっているだろうくらいは判っていたでしょうね。

それを隠蔽していただけの事。

小出しで悪い状況をインフォメーションし、国民を原発事故の恐怖から麻痺させて・・・・・。

3135e4c2sひどい会社だよ、東京電力は・・・・。

ワタシは原発事故当初から、もうニッポンは東日本中心にアカンと言ってきました。

そしてワタシは、ここで住まう(茨城県桜川市)のにも腹をくくっているともコメントしました。

だから、やりたいことは今やっておけ!!と力説しておりました。

もう人間には2号機は手を付けられません。

数千年、数万年にわたって放射線を出し続けます。

ワタシは当初からそれが判っていた。

F3969c3aなので、当時の政権下の茨城県選出国会議員でもあった「福島のぶゆき氏」にもコンタクトを取りました。

福島のぶゆき氏からは「無用な心配をする、あなたの精神状態を心配します。」との返事がきました。

原発事故対応の初動を逃した東京電力と民主党政権の責任は、地球上の生きとし生けるもの全てに対して責任を負う必要があるでしょうね。

2016年9月21日 (水)

ミナの衆、お迎えの時期は早いかもしれんぞ

地下水上昇、地表面に=台風16号の降雨で―福島第1

東京電力は21日未明、福島第1原発の護岸近くで、台風16号の降雨で地下水の水位が上昇し、地表面に達したと発表した。

護岸近くの地下水は放射性物質に汚染されている可能性があるとして、ポンプなどでくみ上げ作業が行われていた。

東電によると、護岸の東側は同原発の港湾となっている。20日午後10時前に護岸近くの観測用井戸で地下水が地表面に到達。

地下水の噴き上げはないが、雨水が地下に浸透せず地表面を通って港湾に流れ込む可能性があるという。

東電は地下水のくみ上げ作業を継続するとともに、今後港湾内の海水の放射性物質濃度分析などを行うと説明している。

第1原発1~4号機の周辺では地下水が広範囲に汚染されており、東電は港湾への流出を抑制するための遮水壁を設置。さらに、その手前で地下水のくみ上げ作業を行っていた。

(時事通信)

あの全く信用できない東電の隠蔽&誤魔化しだらけのインフォメーション。

>>地下水の噴き上げはない・・・

という事はだよ、一部で地下水が吹き上げていても何の不思議もないな。

なんたって隠蔽専門会社の東電様だからね、

868台風程度の雨でこの騒ぎ。

ワレワレ、ニッポン人に残された道はあるのか?

コレが何十年、何百年、何千年と続くわけですよ。

ワタシ的思考回路では、ニッポン人のお迎えの時期は近いと読んでします。

0001だからさ、生きてるうちにお金は使っちゃえよ!

特に御老人がた。

今、貯め込んでいるお金の半分くらいは使っちゃいなよ

自分の人生を楽しんじゃいなよ。

ワタシ自身も、棺桶に半分足を突っ込んだ身でございます。

「お金は世の中で回してナンボ」

余命計算しながら使いきる計画で生きております。

2016年8月12日 (金)

ソウ遠クナイ将来二、ニッポンハ終了セリ

伊方原発が再稼働=新基準5基目、プルサーマル―四国電

 四国電力は12日午前9時、伊方原発3号機(愛媛県伊方町、出力89万キロワット)を再稼働させた。

 2011年4月に定期検査で停止して以来、運転は約5年3カ月ぶり。13日午前6時半ごろ、核分裂反応が安定して続く「臨界」に達する見通し。

 原発の新規制基準に基づく再稼働は九州電力川内原発1、2号機(鹿児島県薩摩川内市)、関西電力高浜原発3、4号機(福井県高浜町)に続き5基目。高浜3、4号機は大津地裁の仮処分決定で運転を停止しており、稼働中の原発は2カ所3基になった。

 伊方3号機の中央制御室では午前9時、運転員がモニターを指さし確認し、「良し」と合図。操作レバーを倒し、核分裂反応を抑える制御棒の引き抜きを始めた。原子力規制庁の検査官4人が立ち会った。

 伊方3号機は、使用済み核燃料を再処理したウラン・プルトニウム混合酸化物(MOX)燃料を使い、プルサーマル発電を行う。15日から発電と送電を始め、段階的に出力を上げる。22日にフル稼働させ、9月7日以降の営業運転を目指す。 

(時事通信)

福島第一原発事故を経験してもなお、原発を再稼働させようとする電力会社。

Tm_dscf2127sそこには、国家や電力会社、その周辺を取り巻く関係者(会社)の利権が蠢いているから「止められない止まらない」なんでしょうなぁ~

原発の周辺に金をばらまき、近隣の住民を麻痺させて原発を作っていった日本の原発政策。

南海トラフの大地震が、近い将来に必ず起こるというのに再稼働。

868ニッポンは『オワタ』。

ワタシ、ニッポンが住めなくなったら、タイのチェンマイにでも移住しようかしらん。

2016年6月30日 (木)

福島第一の停電、子供の夏休みの工作レベルか??

雨漏りで分電盤ショート=「凍土壁」停止の停電―福島第1

 東京電力は29日、福島第1原発で28日未明に発生した停電は、建物の雨漏りなどで分電盤に水が入ってショートしたことが原因と発表した。

 ショートした分電盤は現在使われておらず、長期間放置されていたため建物の劣化が見過ごされていた。東電は再発防止に向け、使われていない電気設備の点検を検討する。

 28日の停電では、土壌を凍らせて1~4号機建屋への地下水流入を抑制する「凍土遮水壁」の冷却装置が一部停止したほか、汚染水処理装置も止まった。冷却装置は同日午後に機能を回復、停電が続いている下請け企業向けの休憩施設は30日に復旧させる予定。 

(時事通信)

5bc2761cs相変わらずお粗末な福島第一原発事故処理現場でございますなぁ~

大がかりな「凍土壁」作る場合、配電作業も大がかりな作業になるはずです。

しかも、それなりの資格を持った者が作業を行うはず。

それにもかかわらず、「雨漏りが原因」ですと・・・・・。

ホント笑ってしまうわ。

1456国家の存亡にかかわる福島第一原発事故処理。

それがこの有り様・・・・・。

ニッポンの将来は暗いのぅ~

2016年6月23日 (木)

福島原発事故当時、民主党政権でなければ・・・・・

炉心溶融の言葉使わぬよう指示、隠蔽と認める 東電社長

 東京電力福島第一原発事故で炉心溶融(メルトダウン)の公表が遅れた問題で、広瀬直己社長は21日、当時の社長が炉心溶融という言葉を使わないよう社内に指示していたことについて隠蔽(いんぺい)と認め、謝罪した。東電の第三者検証委員会が指摘した「官邸の指示」については追加調査しないという。その上で、新潟県に「炉心溶融の定義はない」などと誤った回答をしたとして、広瀬社長を減給10%(1カ月)とするなどの処分を発表した。

 東電は、当時の清水正孝社長が指示したことは「社会の皆様の立場に立てば隠蔽と捉えられるのは当然」と発表。広瀬社長は会見で個人の見解を問われ、「隠蔽です」と認めた。その上で、情報発信を社長に直接提言することや、外部からの圧力があっても事実を公表できるよう訓練するといった再発防止策を発表した。

 元社長が指示した理由について、東電の第三者委は16日、「元社長が官邸側から要請を受けたと理解していたと推認される」とする報告書を発表し、菅直人元首相らが「指示したことはない」と否定している。

 また、広瀬社長はこうした「要請」の経緯について、東電として調査する考えがないことを明らかにした。「圧力に左右されない対策を取ることが重要だ」と判断したという。

 炉心溶融の公表遅れをめぐっては、新潟県が2012年から調査を求め、東電は今年2月、「炉心の損傷が5%を超えた場合は炉心溶融とする」との判断基準がマニュアルに明記されていたと公表した。

(朝日新聞)

97655あの時、民主党政権でなかったら、隠蔽することなく日本国民が事の重大さ、深刻さをワレワレ国民が認識できたかもしれません。

民主党は、メルトダウンの隠蔽だけでなく、放射性汚染物質の汚染の方向や時間、推測される推測量まで把握してた事でしょうね。

あの隠蔽さえなかったら、事故現場周辺に住まう方々も、もっと違う避難の仕方や対処方法もあったでしょう。

そして今までの5年間で、違う生き方を選択できた方もいらっしゃることでしょう。

35665それを全てぶち壊したのが民主党(現 民進党)ですよ。

「だたちに影響を及ぼす状況にない」の繰り返し・・・・・。

政権担当能力のない政党が、政権を持ったことによる日本最大の悲劇でございますな。

2016年4月27日 (水)

チェルノブイリ原発事故 VS 福島第一原発事故

「世界最大の人災」チェルノブイリ原発事故30年 追悼式典で協力継続訴え

【チェルノブイリ=共同】

大気中に漏れ出した放射性物質による史上最悪の被害をもたらした旧ソ連・ウクライナのチェルノブイリ原発事故から三十年となった二十六日、事故を起こした4号機前で政府主催の追悼式典が開かれた。

ポロシェンコ大統領は「最終解決にはほど遠い」と述べ、国際社会に支援への謝意を表すとともに、協力の継続を呼び掛けた。

大統領は「チェルノブイリは平和利用の原子力が時として核兵器同様の危険性を持つことを見せつけた」と強調。

資源に乏しいウクライナは即時に原発を拒否できないとしながらも、将来はエネルギー源の多様化を図りたいと述べた。

大統領は、チェルノブイリと東京電力福島第一原発で起きた二つの事故が「人類にとって長きにわたる地球規模の挑戦となるだろう」と指摘。

ウクライナは「原子力の悪魔に打ち勝つ」と被害克服の決意を表明した。

今も続く放射性物質の封じ込めと事故処理は、少なくともさらに数十年を要する。

爆発した4号機に残留した核燃料の処理方法は決まっておらず、国際社会が協力しながら前例のない人災の処理に取り組むことになる。

大統領は演説前、事故処理を担い犠牲となった人たちを悼む記念碑に献花。

日本の山田美樹外務政務官も各国代表と共に花を手向けた。

大統領は事故を「世界最大の人災」と呼び、「自らの命を危険にさらして処理に関わった数十万もの英雄がいた」とたたえた。

ソ連政府は放射性物質の拡散を防ぐため4号機をコンクリート製の「石棺」で覆ったが、老朽化が著しい。

ウクライナ政府は国際支援を得ながら、耐用年数百年とされる巨大な金属製シェルターで石棺ごと密閉し解体する計画を進める。

8a3dd53dチェルノブイリ原発事故と福島第一原発事故、規模はどうあれ、人間の手には負えない状況下にある事は同じです。

チェルノブイリと福島の決定的な違いは、チェルノブイリ原発は大きな大陸の真ん中で起きた事故で、現状のまま封じ込め(石棺状態)にすることができます。

しかし福島原発は海のすぐ側にあって、しかも海に流れ込む地下水脈の上に建っているという事。

チェルノブイリ原発においては、現場を厳重に囲ってしまえば、ほとんど(ある程度)の汚染の広がりは食い止められるはず。

Img福島原発においては、常に地下水脈が汚染され続け、溶け落ちた燃料を回収できない限り汚染が数年、数十年、数百年と延々と続いてしまうという事。

爆発当時の汚染の規模は、チェルノブイリ原発の方が大きかったかもしれませんが、長期的に考えた場合、福島第一原発事故の方が桁違いに深刻であるとワタシは考えます。

2015年10月 7日 (水)

とうとう来るべき時が来たようだ(福島原発事故)

「被ばくで発症」と主張

東京電力福島第1原発事故後、福島県で見つかっている子どもの甲状腺がんの多くは被ばくで発症したものだと主張する分析結果を岡山大の津田敏秀教授(環境疫学)らのチームがまとめ、国際環境疫学会の6日付の学会誌電子版に発表した。

別の疫学専門家からは「結論は時期尚早」との指摘がある。

研究チームは、福島県が事故当時18歳以下だった約37万人を対象にした昨年末時点までの甲状腺検査の結果を分析。

年間発症率は事故前の日本全体と比べ、20~50倍と算出した。

さらに福島県内でも地域によって発症率が最大2・6倍の差があった。

(共同通信)

ワタシは福島原発事故直後から、チェルノブイリ原発事故と同じ道をたどる・・・と言い続けてきた一人です。

336当時の政権政党であった、地元の民主党国会議員F氏(当時、ワタシは彼の選挙運動員でした)にも、何度か放射性物質の汚染が心配だとダイレクトメールをしました。

F氏からの返信は、「そこまで放射性物質汚染を心配する、アナタの頭の中身が心配だ・・・云々」でした。

ワタシはその時から、民主党応援から身を引いたのでございます。

F氏よ、今の現状をどう思う?

日本はチェルノブイリと同じ道を歩んでいるのではないのか?

ワタシ達ニッポン人は、日を追うごとに、チェルノブイリと同じ道を歩んでいる事に気づくんでしょうね。

でも、その時には、すでに遅いのです。

97655事故当時の民主党政権の面々は、事故対応の初動が出来なかった。

孫子の代まで、大きな代償を払わせる事をしてしまった。

福島原発事故当時の政権政党の民主党の皆さんよ!

それを忘れず、それを「一生の不覚」と悔やんで棺桶に入ってくれたまえ!

2015年6月12日 (金)

原発事故処理に目標なんて無意味な事だ

プール燃料取り出し遅れ=最大3年、福島第1―廃炉工程見直し・政府

政府は12日、東京電力福島第1原発の廃炉作業について関係閣僚会議を開き、1~3号機の使用済み燃料プールに保管されている核燃料の取り出し開始時期を、最大で3年遅らせることを決めた。

福島原発事故の廃炉工程表で、使用済み燃料の取り出し開始時期を遅らせるのは初めて。

廃炉完了まで30~40年とする従来の目標は維持する。

これまで2015年度上半期としていた3号機プールの燃料取り出し開始は17年度に、17年度下半期だった1、2号機プールの燃料取り出し開始は20年度に遅らせる。

水素爆発で原子炉建屋が大破した3号機は、プールに落ちた燃料交換機などのがれき撤去が難航。

放射線量も想定通りに下がらず、15年度上半期の取り出し開始は事実上不可能になっていた。

1号機も建屋カバーの解体に伴う放射性物質の飛散防止対策に時間がかかっている上、作業に使うクレーンの不具合などトラブルが発生。

大幅な遅れは避けられない見通しになっていた。

2号機は使用済み燃料の取り出し計画が確定していない。

1~3号機の原子炉内部で溶け落ちた燃料(デブリ)の取り出し開始時期は、最も早い場合で21年中とする目標を維持した。

政府と東電は13年6月、1、2号機のデブリ取り出し開始時期を1年半早めて20年度上半期とする計画を示していたが、今回の見直しでは触れていない。

(時事通信)

政府や東電が掲げた「原発事故処理計画」なんて、これほど無意味なものはないよね。

どうせインチキ計画なんだから、事故処理には一千年かかるとか言っとけよ。

Samviewrs2

2015年6月 8日 (月)

とうとうキタんじゃなぁないか?

「慢性疲労症候群」で日中の大半寝たきりが3割

 原因不明の激しい疲労などが長期間続く「慢性疲労症候群」で、日中の大半を寝たきりで過ごす重症患者が3割に上ることが、厚生労働省の実態調査で初めて分かった。

 同省は近く、調査結果を都道府県などに通知し、病気への理解につなげたい考えだ。

 同症候群の患者数は推計で24万~38万人。調査は、聖マリアンナ医科大の遊道和雄教授に委託し、患者251人を対象に行った。

 その結果、身の回りのことができず一日中寝たきりか、ある程度はできるが日中の半分以上は寝たきり、という重症患者が30%いた。掃除や買い物などの家事をした後、症状が悪化する人は94%、寝込んでしまうケースも70%に達した。

 90%近くの人が、家事などの後に、「回復に24時間以上かかる身体的衰弱や激しい

倦怠

けんたい

感」「睡眠障害」の症状を訴えた。「集中力低下」(78%)、「光や音に対する過敏症」(71%)、強い疲労やめまいなどを伴う「起立不耐性」(64%)といった回答も目立った。

(読売新聞)

実際ワタシの周り(茨城県桜川市在住)でも、不定愁訴を訴える人が多い気がするんですよね。

ワタシ自身も、昼食後、昼寝を30分くらいしないと、午後の体のだるさが半端ないのデス。

コレってタダの怠け癖か?笑

46ccda3as冗談はさておき、とうとうキタんだと思いますよ。

今時の流通、日本全国に明日にでも生鮮食品が届く時代です。

加工食品しかり。

なんで世界の国々の一部が、日本の生鮮食品を中心に輸入禁止にしているかって事ですよ。

ワタシ達のような、日本に住まう一般ピープルは、海外に移住する事もできません。

以前にもコメントしたけど、「腹をくくって生きる」しか道はないのデス。

だからこそワタシは、余命少ないであろうワタシの人生を、「暴走老人化計画」を推し進める事にしたのでございますよ。

1b52708cs上記のようなニュースの、こういった症例は、これからますます増加の傾向をたどると思われ・・・・・・・。

2015年5月30日 (土)

コントロールどころか影響拡大やんけ!

汚染水濃度110万ベクレル=移送漏えい、港湾も値上昇-福島第1

東京電力福島第1原発で、移送中の放射能汚染水がホースから漏れた問題で、東電は30日、汚染水中に含まれるストロンチウム90などベータ線を出す放射性物質が1リットル当たり110万ベクレルに上ったと発表した。

漏れた汚染水の一部は港湾に排水しており、漏えいが判明した29日は港湾3カ所で海水の放射性物質濃度最高値を更新した。

東電によると、ホースには縦約1センチ、幅約0.2センチの穴が開いており、そこから汚染水が漏えい。

セシウム134と137は同274ベクレル含まれていた。

東電が地下水を海に放出する際の基準値はセシウム134と137で同2ベクレル未満、ベータ線を出す放射性物質で同5ベクレル未満。

29日に採取した港湾内海水でもベータ線を出す放射性物質の濃度が相次ぎ上昇していることが判明。

1号機と2号機の取水口でそれぞれ同290ベクレルと240ベクレルを計測したほか、港湾中央部付近でも同190ベクレルが検出され、いずれも過去最高値だった。

漏れた汚染水の移送は27日から行われており、29日午前までに計236トンがホースの中を流れているが、漏えい量は分かっていない。

東電は外洋とつながる港湾の出口付近で海水の放射性物質濃度に大きな変動は見られないとして「外洋への影響はないと考えている」と話している。

(時事通信)

例のインチキ東電のインフォメーションでございます。

実際のところはこの数倍、いや数十倍、いや数万倍悪いんとちゃいますか?

>>外洋への影響はないと考えている

なんて話す時点で、きっと影響が出てるんですよ。

今回のインフォメーションのほとぼりが冷めた頃、「実際は外洋の数値も上がってました・・・」なんてのは、東電の今までの常套手段でございますよ。

ミナの衆、東電のインフォメーションを信じたら死ぬで!

086東電のインフォメーションで信じられるのは、値上げの情報と、落雷や台風で起きた停電地区の情報くらいなモンでしょうね。

 

より以前の記事一覧