酒井雄哉大阿闍梨関連

2016年9月26日 (月)

酒井雄哉大阿闍梨の形見分け

http://homepage2.nifty.com/kanesho/kanesyou08.htm

Img_0936酒井雄哉大阿闍梨の命日が23日なので、23日から24日にかけて比叡山飯室谷にお墓まいりに行ってきました。

藤波源信大阿闍梨より、酒井阿闍梨さんの形見分けもいただき、本当に嬉しく、ありがたい飯室谷へのお墓まいりになりました。

この湯呑みは、仕事場で使っていた湯呑みです。

Img_0939

2016年9月22日 (木)

酒井阿闍梨さんに会いに行ってきます

明日23日は、天台宗  酒井雄哉大阿闍梨の命日です。

もう3年も経つのですね。

Pa110108毎日、毎日、酒井雄哉大阿闍梨入魂の不動明王前で朝・晩のお勤めをしているので、亡くなったって感じがしないんですよね。

しかし、亡くなったのは事実です。

命日になる明日、酒井阿闍梨さんに会いに行ってきます。

ワタシの佛の師匠二人と一緒に行くのです。

ワタシなんかよりも、「なんであいつは見舞いに来ないんだ!?」と酒井阿闍梨さんが言っていたという、ワタシの佛の師匠が行ったら本当に喜んでくれるでしょうね。

ワタシが見ていても、「物言わずとも心はつながっている」感じがしていた二人でしたからね。

早く阿闍梨さんに会いたいな・・・・・。

P101071840

2016年8月 5日 (金)

酒井阿闍梨さんとの想い出の「ラッキョウ漬」

Img_0598今年も「ラッキョウ漬」が出来上がりました。

故 酒井雄哉大阿闍梨が生前の時、ご縁があって数年間の身の周りのお世話をさせていただいた時がありました。

そんな時、酒井阿闍梨さんは「ラッキョウ漬」がお好きだと聞き、自家製のラッキョウ漬をお山の方へ送っていましたっけ。

「ラッキョウ漬」や「赤かぶの漬物」などの自家製のものを毎年送っていました。

ああ、阿闍梨さんに会いたいな・・・・・。

合掌

2016年1月30日 (土)

故 酒井阿闍梨さんの大作がココにある!

Img_890730ワタシの家の阿闍梨の間には、故 酒井雄哉大阿闍梨揮毫の大作が置いてあるのです。

平成八年秋の八千枚護摩供養の満行日に揮毫した、畳4枚分に相当する大きさの屏風になります。

Img_890830四つの季節を一枚ごとに書かれています。

ここまでの阿闍梨さんの大作は、たぶん存在しないでしょう。

なぜ、ワタシがこのような大作を所有しているかって?

そう思われる方も一部いるでしょうね。笑

それだけワタシが酒井阿闍梨さんを「心の師匠」とし、酒井阿闍梨さんも心から信頼していた弟子の弟子がワタシだったからでしょう。

HPやブログをやっていると、匿名ゆえ出来る「僻んだ輩」がいる訳でございますよ。

諸事情があり、埼玉長寿庵を離れましたが、お山(飯室谷)には、いつものように顔を出していましたからね。

”騒ぐのは「僻んだ輩」ばかり也”でございますよ。

本当はこんなところで、こんな事、コメントしたくないんですがね。

阿闍梨さんに申し訳ないっすよ。

Ncm_032450酒井阿闍梨と出会ってから今まで、阿闍梨さんの事を考えなかった日は一日たりともありませんからね。

だって、わたしの「心のよりどころ」なんですから・・・・・。

*この草鞋は、酒井阿闍梨さんが千日回峰行の時に履いていた草鞋です。

2015年12月 5日 (土)

ワタシは「生かされた」身になりました

Img_8509自業自得な事をしでかして、災いが自分に降りかかってしまいました。

BMW118i全損廃車。

オワタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

\(^o^)/オワタ

冗談はここまでにしておきましょう。

******************

こういった事になって筋肉痛くらいで済んだのも、酒井雄哉大阿闍梨に入魂していただいた不動明王のおかげであると思いましたね。

普通だったら長期入院を、運が悪ければ死を余儀なくされていたことでしょう。

2011071710310000私は毎朝毎晩、一日も欠かさず自宅の不動明王の前でお勤めをさせていただいていました。

私は酒井阿闍梨さんに「生かされた」と感じています。

私の心の師匠でもあった酒井雄哉大阿闍梨。

”阿闍梨さんによって生かされたこの命”を、これからの私の人生において「どう生かさせていただこうか」と、今日は一日考えます。

合掌

2015年10月13日 (火)

天台宗 千日回峰行 最大の難関『堂入り』した行者がいる

<千日回峰行>最大の難関「堂入り」に 延暦寺の釜堀住職 

天台宗総本山延暦寺善住院の釜堀浩元(こうげん)住職(41)が13日、荒行で知られる「千日回峰行」でも最大の難関の「堂入り」を始めた。

大津市の比叡山・無動寺谷の明王堂に9日間籠もり、食事と水を断ち、眠らずに不動明王の真言を10万回唱え続ける。

堂入りした行者は8年ぶりで、戦後13人目。

千日回峰行は延暦寺第三世座主・慈覚大師の弟子、相応和尚(831~918)が創始。

1000日間で地球1周にあたる4万キロを歩く。

堂入りは700日目から始まり、終了すると「当行満阿闍梨(とうぎょうまんあじゃり)」となり、不動明王の化身として信仰の対象となる。

この日、釜堀師は生身の不動明王を意味する白装束姿。

先に満行した阿闍梨ら約60人に先導され、明王堂に入った。

堂の前では信者ら約500人が手を合わせ、命がけの行に臨む釜堀師を見送った。

釜堀師は1974年、福岡県生まれ。2011年3月に千日回峰行に入った。

(毎日新聞)

釜堀行者も「堂入り」ですか・・・・。

天台宗 千日回峰行の中で最も荒行の一つでもある「堂入り」でございます。

9日間、食わず・飲まず・睡眠を絶ち、不動明王真言を10万回唱え続ける。

ワタシの”心のよりどころ”である、故酒井雄哉大阿闍梨も、この千日回峰行を2回満行した”不動明王”なのであります。

酒井雄哉大阿闍梨は千日回峰行を2回満行。

天台に残る歴史の中で3人しかいないという、本物の不動明王なのです。

ワタシは酒井雄哉大阿闍梨の晩年、数年間身の回りのお世話をさせていただきました。

本当に夢の中にいるような時間を過ごさせていただきました。

Img_4920ワタシの手元には、酒井雄大阿闍梨が2回目の「堂入り」を満行した直後に書かれた書を掛け軸にしておいてあります。

肉体的・精神的に限界を超えた中で書かれた書。

『心性不動』

Img_4157やっとの思いで書かれた文字がひしひしと伝わってきます。

ワタシの家の家宝のひとつになっています。

2015年4月 6日 (月)

盗んだ仏像ねぇ~

「自分で拝むため」 仏像盗んだ疑い、自称僧侶を逮捕

橋本署は5日、和歌山県九度山町のほこらに納められていた仏像(高さ約20センチ、時価2万円相当)を盗んだ疑いがあるとして、高野町高野山の自称僧侶、平尾光證容疑者(75)を窃盗容疑で緊急逮捕し、発表した。

「自分で拝むために盗んだ」と容疑を認めているという。

署によると、平尾容疑者は3月15日から4月5日の間に、九度山町の地区が管理する国道脇のほこらに安置されていた仏像を盗んだ疑いがある。

5日午前11時10分ごろ、署員が町内をパトロールしていたところ、路上で仏像を脇に抱えて歩いている平尾容疑者を発見し、発覚したという。

(朝日新聞デジタル)

2010091211150000盗んだ仏像に手を合わせて、心が晴れ晴れとするんでしょうかね。

疑問でございますな。

自宅に入魂した仏像を安置するって事は、毎日合掌するって事なんですよ。

粗末には出来ないんです。

大変なんですよね。

ワタシも心の師匠”酒井雄哉大阿闍梨”に不動明王を入魂していただいたき、毎日の朝晩と合掌し不動明王真言と般若心経を唱えてPa08006025
いるのです。

仏像の彫刻師の元を訪ね、酒井雄哉大阿闍梨が居を構えていた比叡山飯室の長寿院にある不動明王と同じ形状を作成してもらいました。

その長寿院に石の不動明王を寄進させていただいた時に、お願いして木彫不動明王に入魂していただいたのです。

Pa11010825その時、阿闍梨さんに「入魂すると毎日合掌しなければいけないよ・・・」と言われ、それを毎日の日課として実践し続けています。

我が家に仏像があるって事は、しかもワタシの心の師匠入魂の仏像があるって事は、ワタシにとって心の安らぎになるのですよね。

ワタシの家の和室(阿闍梨の間と呼んでいます)には、佛に関係したもの以外は一切置かず、そこで沈香を焚きながらまったりとするのが、ワタシにとって至福のひと時なんですよ。

2010081310380001

2015年3月19日 (木)

源信さんの八千枚護摩供&酒井阿闍梨さんの墓参り

H2703178000比叡山飯室谷不動堂で藤波源信大阿闍梨の八千枚護摩供養があるので行ってきたのです。

八千枚護摩供養の目的もあったのですが、メインは酒井雄哉大阿闍梨の墓参りも兼ねてでございます。

お山に到着して、まずは酒井雄哉大阿闍梨の墓参り。

酒井雄哉大阿闍梨のお墓は、今風の僧侶墓で周囲の歴代住職たちのお墓と趣がちょっと違っていて、墓石業を生業とするワタシには以外でございました。

ワタシだったら、周囲のお墓にとけ込むように阿闍梨さんのお墓を据えたいです。

酒井雄哉大阿闍梨の生き様や、たくさんの言動を見聞きしていると、そういったお墓にしてあげた方が、阿闍梨さんは喜んだような気がしましたね。

「わしは、なぁ~んも特別な事はしてないよ・・・・」ってね。

藤波源信大阿闍梨の護摩供も迫力があって良かったですね。

若さあふれる護摩供でございました。

また機会があったら藤波源信大阿闍梨のもとを訪ね、酒井雄哉大阿闍梨のお墓参りもしたいと思っています。

合掌

2015年3月15日 (日)

藤波源信大阿闍梨が八千枚護摩供

H2703178000この17日から、比叡山飯室谷 不動堂で藤波源信大阿闍梨により八千枚護摩供が行われます。

酒井雄哉大阿闍梨の亡きあとを継いで、藤波源信大阿闍梨が不動堂でやるようですね。

ワタシも当日馳せ参じ、酒井雄哉大阿闍梨の墓参と藤波源信大阿闍梨の八千枚護摩供の満行を見届けたいと思っています。

久しぶりに飯室の山にあがるワタシでございます。

師匠はじめ、ワタシを含めて4人での道中でございます。

楽しみでございます。

合掌

2014年11月19日 (水)

高倉健さんの座右の銘

Img_4898今は亡き、比叡山 酒井雄哉大阿闍梨から送られたという言葉です。

「我が行く道は

   精進にして

     忍びて終わり悔いなし」

合掌